人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ダビング10と私的録音録画補償金を巡る攻防で、メーカー側のJEITAと権利者側がそれぞれ、自分たちは消費者を重視していると主張しました。
双方の主張を読んで、お答え下さい。


●JEITA側 5月30日付のリリースと関連報道

私的録音録画補償金問題に係るJEITAの見解について
http://www.jeita.or.jp/japanese/detail.asp?pr_id=1346

補償金の対象機器追加は「消費者に不合理な負担」、JEITAが受け入れ拒否
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/05/30/19766.html

iPod課金は「消費者への不合理な負担」「受け入れられない」──JEITAが見解
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/30/news092.html


●権利者側 6月24日の記者会見についての報道

「我々こそが消費者重視」 ? 権利者団体が「ダビング10」容認の背景を説明
http://www.phileweb.com/news/d-av/200806/24/21310.html

「権利者こそが消費者重視、JEITAは見習うべき」――補償金問題で権利者団体が会見
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0806/25/news018.html

●質問者: シライスト
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 家電・AV機器
✍キーワード:5月30日 6月24日 iPod課金 JEITA ダビング10
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 940/940件

Q01.メーカー側と権利者側、どちらの方が消費者を重視していると思いますか?
A. 権利者側
44
A. メーカー側
243
A. どちらも重視している
43
A. どちらも重視していない
421
A. わからない
189
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ