人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

太平洋戦争など、日本が国をあげて戦争をしていた時、日本国内の食料の自給ってどうなっていたのでしょうか?
場所によっては爆弾が落ちてくるかもしれないのに、農家の人たちは普通に米や野菜を作ったり、猟師の人たちは海に漁に出てたりしていたのでしょうか?
また、戦争に人員が大量に狩り出されましたけど、農家や猟師は徴兵を免除されたり、あるいは、徴兵された夫の代わりに妻が農業や漁業をする、なんてことがあったでしょうか?

●質問者: 敷守ほむら
●カテゴリ:芸術・文化・歴史
✍キーワード:太平洋戦争 徴兵 戦争 日本国 普通に
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● Hohraiya
●20ポイント ベストアンサー

太平洋戦争の時


食料は国内自給のみでした。

現在のように中国から輸入というのはありませんでした。


田舎にはアメリカとて爆弾は落としません。

率が悪いからです。

つまり、田舎に落としても人を殺す確率が超低いからです。

だから、言うならば安心して農耕できたそうです。

漁業も日本海側とかは出漁できました。


農家や漁業だからといえども、徴兵のがれは出来ません。

それができれば、どうやって公平に徴兵するかという難しい問題が出ます。


徴兵された夫にかわり、妻が農業は当たり前でした。

漁業も多少はありました。

だから、都会の人は高価な着物などをわずかの食料に交換してもらって、その日の空腹というより飢えをしのいだそうです。


サツマイモの「つる」を食べていたという話があります。

おかずでなく、米でなく、さつま芋でなく・・・

さつま芋の「つる」です!

「つる」でさえ食べられれば裕福(?)なほうだったということですから・・・

つまり、日本人は相当に飢えてました。

それが終戦(=敗戦)の原因でしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

なるほど、農業や漁業をしてても危険性はそれほどなかったのですね。


2 ● Kakeru
●18ポイント

父方も母方も北海道の内陸部なので、農業の話しかわかりませんが……

農業従事者は徴兵は普通に来ていました。

しかし、当時は家族総出で農作業をしているのが一般的だったので、ご質問の文章にあるような「夫の代わりに妻が」といった構造が改まって持ち上がることはありませんでした。


> 「つる」でさえ食べられれば裕福(?)なほうだった

それは東京などのごく大都市部などでの話でしょう。

父も母も農家だったわけではありませんが、終戦まで白米を普通に食べていました。

むしろ戦後の方が大変だったようです。

戦中の食料事情については、アメリカのプロパガンダで針小棒大になっている部分が多いと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

家族総出、ってことは、大黒柱がいなくなったら、その分他の家族が役割を埋めた、という考えでよろしかったでしょうか。


3 ● guffignited
●15ポイント

祖父母が島根県に在住しています。

祖父は七人兄弟で、戦中は祖父のみ沖津島(山口県)の海軍学校に行っていました。

そこでの食糧事情は祖父自身もあまり覚えていなかったそうですが、少なくとも毎日日の出前からの訓練に支障をきたすほど食料が少ない、ということはなかったようです。しかし、潤沢なものとはいえなかったでしょう。

なぜかというと、うちの祖父の兄弟は皆祖父以上に大きいからです。弟二人はいずれも160センチ後半ですが、祖父だけ150センチ代です。

ここから、おそらく成長期の食生活によって身長の伸びがある程度規定され、そして食生活の質は上の回答から推測しまして

(都市部一般市民)<(軍人)<(農民)

かと思われます。

◎質問者からの返答

ちょっと質問の意図から方向性が離れてますが、貴重なお話ありがとうございます。


4 ● powdersugar
●18ポイント

兵庫県の中部に先祖代々住んでいます。祖母の話によりますと、兵隊に徴収されたのは年齢的なことから、男5人兄弟の長男のみだったようです。

田舎なので当然農作業は行っていましたが、国から徴収される量がきまっていて、その量はというのが収穫のほとんど全部だったようです。

ほとんど全部の農作物を取り上げられて食べるものもなく、周辺の家ともども野に生えているペンペン草を採って食べていたそうです。

ちなみに出兵された長男はシベリアでなくなりました。栄養失調とのことです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

年齢的なことから長男のみ徴兵、ということは、他の子供の兄弟(とお母さん?)で家の仕事を分担しなければならなかったということでしょうね。

それでも家庭のやりくりが苦しかったのですね。


5 ● Britty
●18ポイント

すこし話が飛びますが、日本を現在の領土と同じ範囲で考えるならば、そもそも戦前の日本は米を完全自給してはいませんでした。朝鮮半島と台湾から米を輸入していました(だから「大日本帝国」全体の自給率と日本本土のみの自給率は異なる)。

人口と食料生産(環境・資源の制約) -戦前の日本及び旧植民地を例にして-

http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/iee/kako_ronbun/SEEPSsum_ohura1008...

戦中戦後の食糧事情悪化には、国内での生産事情よりも、海外領土からの輸入が困難になったことがより大きく影響しているのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

海外領土から食料を輸入していた、というのは初めて知りました。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ