人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高度障害の保険のような、両足を無くし、両目が失明などで保険金がおりるよりも、介護保険のような、おトイレに自分でいけないという状況で、入院でなく自宅で長期間過ごすのをカバーするものの方が、理にかなっていると思ったのですが、いかがなものでしょうか

●質問者: surippa20
●カテゴリ:経済・金融・保険 医療・健康
✍キーワード:カバー トイレ 介護保険 保険 保険金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● yazuya
●35ポイント

それはそれで理にかなっているとは思いますが、大金が支払われるのでそれを使って介護サービスを利用する事が可能になりますから結果的には同じともいえます。

http://www.uuron.com/seimeihoken/archives/2005/12/21-133508.php


もっとも、家族としては大金を貰ってお金が掛かる人が生存していると「いっそ死んでくれれば・・・」と暗い考えにとらわれる危険性もあるので生きている限り毎月いくら出るとかサービスが無料とかの方がいいとはいえそうです。

障害年金は毎月出るシステムですね。

http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi03.htm

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます(簡易的なご返事で失礼いたします)


2 ● kappagold
●35ポイント

保険に入る側としては、そのような仕組みの方がいいと思います。

でも、保険会社は商売でやっていますので、還元率が高くなると予想される商品を出すということは難しいのだと思います。

しかし、いずれ顧客の要望を取り入れて成長するような新手の保険会社も出来てくると思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます(簡易的なご返事で失礼いたします)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ