人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

家の玄関の軒先、足元のタイル部分のに動物のふんのようなものが毎日あって困っています。玄関を出入りするたび気になって仕方ありません。
直径約5mm前後の薄緑のまるいようなものが多い日で30個くらい、少ない日で3個くらいの割合で落ちています。
家は住宅街で木造一戸建てなんですが、これはコウモリやハクビシン等の害獣でしょうか? どこからか飛んできた何かの木の実でしょうか?
原因が解らず困っております。どなたかご存知の方教えていただけないでしょうか。

1214480327
●拡大する

●質問者: モン
●カテゴリ:生活
✍キーワード:コウモリ タイル ハクビシン 一戸建て 住宅
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● chinjuh
●23ポイント

それは蛾のフンです。

その形、その大きさから言って

スズメガ類の何かの、幼虫(芋虫)です。

玄関のまわりに植木はありませんか。

その木についてます。

木の種類がわかれば虫の種類もしぼりこめます。

明日あかるくなってから木を見ると、

まだいるかもしれません。

5cm?の大きな芋虫だと思います。

◎質問者からの返答

原因が解ってホッとしてます。ありがとうございました。

そういえばすぐそばに鉢植えのあじさいと植木はキンモクセイ(2mくらい)が確かにあります。

虫でしたら住んでいる場所も関係ありますか?(都内近郊の住宅地です)

なんだか怖いです、どう対処したら良いでしょうか?ご教授お願いいたします。


2 ● yamadakouzi
●23ポイント

写真からははっきりしないので断定できませんが、模様から「木の種」ではないでしょうか。

もし、動物の糞などならば押しつぶせばすぐに判断できると思います。まずは、ルーペなどで拡大してみれば。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考にします。


3 ● lame-delegate
●22ポイント

キンモクセイを含むモクセイ科の木につきやすいのはこの虫のようです。

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/020511a1.html (幼虫の写真です)

見つけては割り箸で捕まえて、袋にでも入れて洗剤で殺すなどするのが確実ですが、農薬でも何とかなります。

(スミチオン:農薬)http://www.greenjapan.co.jp/smichion_n.htm

ただ、希釈して散布する必要があるので面倒、または抵抗感があるかもしれません。

その場合には効果は落ちますが、根元にまくだけで効果があるといった農薬もあります。

(オルトラン粒剤)http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00023.html

ただ、こちらは体験した感覚でしかないですが、大きな幼虫には効果が薄いかもしれません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考にしてやってみます


4 ● chinjuh
●22ポイント

コメント欄が開いていないので回答で失礼します。

キンモクセイがあるということは、

スズメガ科のサザナミスズメの幼虫がいる可能性が高いです。

http://www.chinjuh.mydns.jp/hakubutu/musi/suzme01.htm

↑このような虫です。尻にトゲ状の突起があるのが特徴です。

探してみてください。

あるいは、シモフリスズメの幼虫かもしれません。

http://www.chinjuh.mydns.jp/hakubutu/musi/suzme11.htm

こちらも尻に突起があるのが特徴です。

このトゲを

・刺すのではないか?

・毒があるんじゃないか

と言って恐がる人がいますが、そういった人への害はありませんのでご安心ください。

ただし、大食いですから、

葉を食い荒らされて困る場合は、見つけ次第手でとって捨てるのがいいでしょう。

噛みついたりはしませんから素手で大丈夫です。

素手で処理しにくい場合は、割り箸などを使ってもいいです。

ほうっておいてもまもなく蛹になって姿を消すでしょう。

比較的大きな蛾になりますが、活動は夜ですから

ほとんど目にしないと思います。


また、そばにアジサイもあるということなので、

スズメガ科ではない別の虫(こちらはおそらくヒトリガ科の毛虫)がいる可能性もありますが、

フンの大きさから見てキンモクセイにつくスズメガ科の蛾類の幼虫と思われます。

もし毛虫の場合でも、ほとんどは人には無害ですが、

まれに毒毛を持つものがいます。

見分ける自信がない場合は、素手で触れないように気をつけてください

これらの虫は、都会にも田舎にもごく普通にいるもので、

特別に珍しいものではありません。



まとめ

・芋虫の場合、手で触れてもよい

・毛虫の場合、見分けられないなら素手では触れないこと

・植物を食い荒らされてもいいなら放置で大丈夫

・食い荒らされて困るなら駆除すること

・そのフンをするほど大きくなった虫を薬で殺すのは難しいです

◎質問者からの返答

ありがとうございました。今日虫を探してみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ