人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

リポDとかユンケルなどの栄養ドリンクや、まむしドリンクのような精力増強を謳っているドリンクって飲んで効いてるって実感ありますか?
実際、効果のほどはどうなんでしょう?

●質問者: tsuntsuku
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:ドリンク ユンケル リポD 栄養
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 27/27件

▽最新の回答へ

[1]リポDなど安めのものを飲んでます。 sidewalk01

気合は入るんですが、それが栄養ドリンクそのものの効果かどうかはわかんないですね。思い込みみたいな感じもしますし・・・。


[2]>1 やっぱ tsuntsuku

プラシーボ効果ですかねぇ


[3]>2 そんな感じがしますね。 sidewalk01

プラシーボでも気合が入ればいいや、と思って買ってますね。


[4]ユンケル TAK_TAK

高いドリンクほど、効くという声はありますが、

本当に効果があるのかは不明です。

http://www.noncolle.com/health/165.html

少なくとも、薬用成分は入っていることは間違いないですが....


[5]>4 うーん tsuntsuku

やっぱり微妙みたいですねぇ…


[6]リポDを一気に3本飲んだら martytaka

リポDを一気に3本飲んだら効果を感じました。

1本だと、正直、感じません。

しかし、3本飲んで効果を感じるということは

体感はできないけど効果があるとは思います。


[7]>6 それは… tsuntsuku

そのあと副作用ありませんでした?

1日1本って書いてありましたっけ?


[8]リポDを仕事前に・・・。 granatapfel-135

もともとプラシーボ効果を狙って一番安いのを飲んでいます。

でも飲んだ後トイレに行くといつもより黄色いので・・・「ああ、流れてしまった」とそこで効果は終わります・・・。


[9]>7 いいえ martytaka

いえ

副作用はありませんでした。

確かに1日○本までと書かれているので

オススメはできませんが、

私はたまにやっています。

理由は、

・一日に数本飲んだだけで副作用があるような劇薬は

医師の処方箋がなく、売れるわけが無い

・たまになら大丈夫でしょ

です。

お勧めはできませんが、3本飲んだら、超元気だったので

効果はある証拠にはなるかとは思います。


[10]少なくとも糖分とカフェインで効き目感はあるかな navy_fia

昔、栄養ドリンクを扱っていましたが、人と物によると言った感じです。リポDはタウリンが効き目の中心ですが、実際に飲む人にとっては糖分による血糖値上昇の方が感じる人は感じるのではないでしょうか。(それでも微妙ですが)

定価800円以上のクラスはより効き目の強い生薬を使っているため、物によっては明らかに体がポカポカしてきます。ただ、よく「効いた」と感じるのがカフェインによる覚醒効果だったりするのでなんだかなあと思う部分だったりもします。でも実験では少なくとも800円以上クラスはプラシーボではなくホントに効いているというのは結果として得られていますよ。


[11]>3 プラシボ効果はあります wacm

値段が高くなると効果も上がるらしいです。


[12]アルコールとカフェイン wacm

アルコールで体温を上げて、カフェインで覚醒作用がある。。

ビールとカフェイン剤の法がコストパフォーマンスがよいらしいです。


[13]>11 自分はあんまきいてないです toukadatteba

肌つやはよくなるんですけどね?・・・


[14]仕事が残ってて疲れたときに飲む miharaseihyou

限りなく自己暗示のツールに近い。いわしの頭かな。


[15]無水アルコールって Elliee

覚醒した気分になりますよね。ソレだと思います。


[16]あんまり飲みすぎると n_w_s

気持ち悪くなるので逆効果になると思います。


[17]>13 風邪気味の時に・・ nakki1342

何となく風邪かな?と思うときに

まずは、スタミナドリンクを飲みます

体力回復と言うかそれ以上悪くならないようにとか・・

劇的に効くとは思わないけれど

少しは、効くと思うから・・


[18]>17 チョコラなら sidewalk01

プラシーボでも肌には効くのでいいですよね。


[19]滋養強壮 powdersugar

効能に滋養強壮と書かれているもので高いほど効果がある、というのには賛成です。

病み上がりや、起床時に疲れがとれないときなどに飲むと、1時間くらいしたら「だるさ」がなくなっているように感じます。

人それぞれ感じ方は違うかもしれませんが....


[20]>4 風邪のひき始めに mexy

私は「あ、風邪ひいたかな。」って思ったらユンケル飲んで寝ます。

すると、翌朝には治っていることが多いです。

そんなときは「ユンケルすげぇええ」って効果実感しますね。


[21]栄養ドリンクマニアの意見としては knight_apple

効果は値段に対して、完璧に比例します。


[22]リポDは2時間 fujimo

ゼナは5時間、

ほど持続します。

リポDは即効性があるものの効果が切れたときの脱力感がかなりあります。

ゼナはゆっくり効果が切れていくような感覚でした。

あくまでも自分の経験則ですが・・・。

ちなみに徹夜明けで作業が続けられない状態になった後に飲み、

作業を継続できた時間です。


[23]>15 唯一即効性があるのは tinkiti

微量に含まれるアルコールくらいで、他の栄養は長く服用して初めて効果があると聞いたことがある。


[24]>21 錠剤も同じですね akumukas

ドリンク剤よりも即効性や効力は小さいですが、keepという意味ではいいかも知れません。

アリナミンEXあたりをオススメしときます


[25]風邪引きは精神的に弱ってるから? canorps

風邪薬と一緒にリポDをのむときいてるような気分になります。


[26]疲れて飲んで・・・。 doll1983

正直気の持ちようだと思います。疲れやだるさが数百円でとれたら誰も苦労しません。


[27]ファイトも出ないスタミナ・ドリンク剤 リポビタンD I11

ドリンク剤。元気になるのは気のせいです。心拍や神経を興奮させる成分を摂取することによって、元気になった、効果があったと脳が勘違いするのです。元気になったという気分になっているだけで、実際の肉体の疲労が消えているわけではありません。だから、仕事をしたらすぐに疲れます。むしろ、興奮することによって肉体的には疲労が蓄積していきます。人によっては危険な状態に陥ることもあります。アルコール成分によって判断力が衰えることもあります。

『買ってはいけない』 大正製薬 ファイトも出ないスタミナ・ドリンク剤 リポビタンD

「ご主人が疲れていたら、どうします?」。主婦たちへの、あるアンケート調査。答えの第一位は「ドリンク剤を飲ませる」であった。「ゆっくり、休ませる」でもなく「ドリンク剤を飲ませる」。これはスゴイことだ。

「これでも飲んで、トットと働きにいきナッ」。光景まで見えてきそうな気がする。このドリンク剤市場は「『医薬品』だけで1800億円。『清涼飲料』も、それくらい」(大正製薬)と言う。あわせておよそ3600億円!

ドリンク剤といえば「ファイトーッ、いっぱぁーつ!!」リポビタンDのテレビCM。山の頂上を駆け巡ったり、崖っぷちにぶら下がったり、逆巻く渓流をこぐ下ったり…とにかくうるさい2人連れである。だから、だれでもリポビタンDを飲めば、ファイトが一発出て、荒野渓流を跋渉し、ひき締まった筋肉隆々のからだになれる…と、無意識のうちに思い込んでしまう。

ところが、そもそも厚生省ですら「ファイトを飲もう!」などの広告を「好ましくない字句」ととっくに実質禁止。各都道府県に取締りを要請しているのだ。(「食品衛生課長通知」'68年9月21日)。さらに「疲労回復」という“効能”も禁止。「でも、疲れがとれるけどナ…」と首をひねるあなた。それは添加物カフェインの覚醒作用。さらにひそかにアルコールが添付されいた。なかには12%も配合の銘柄も。フーッ疲れがとれた…は、たんに酔っ払っただけ。“1%以上含むものは酒類”(酒税法)、つまり酒屋で売られるべきものなのだ。

悲劇も起こっている。ほんらい下戸の深夜トラック運転手が、眠気ざましにドリンク剤を3本飲んで名神高速を疾走するうちに激突…。前後5台ほど炎上する惨劇に。即死した彼のからだからアルコール検出、警察は酒気帯び運転と断定した。同僚らが抗議してドリンク剤のアルコールが原因であることが判明した。

さらに厚生省の禁止表現に「二日酔いに」がある。「ソルマック」(大鵬薬品工業)などのテレビCMはもろ違反広告。摘発ものだ。「強精強壮」「スタミナ活力」「精がつく」などもダメなので「赤まむしドリンク」愛用派はガックリだろう。さらに「タウリン、ジオウ…」などは「添加、表示ともに好ましくない」。「リポビタンD」の「滋養強壮」「タウリン配合」なども違反となる。「皇漢成分」「元気が出る」などもダメ。タモリの「ユンケル黄帝液」(佐藤製薬)や「元気はつらつ『オロナミンC』」(大塚製薬)もひっかかりそう。

“スタミナ効果”も日本大学・田村豊幸博士がラット実験で否定している。市販ドリンク剤を飲ませ、水槽のなかでどれだけ泳げるか測定。比較対照の水道水は18分(5匹平均、以下同)も泳いでいるのに、「リポビタンD」は14.5分でゴボゴボ溺れている。「ローヤルゼロントB」(ゼリア新薬工業)なる商品は9.8分と水の約半分でギブアップ。アンプル(内服)タイプは、すべて水道水以下でギブアップ。水より劣るのだからあきれる。(『薬は毒だ』農文協より)

ある製薬会社の社員は「じつはドリンク剤の原価は約3円」と耳元でささやいた。なのに3000円(!)もするドリンク剤も売られている。「リポビタンD」も高いものは500円。これほど消費者をなめた商品もない。これらはビタミンやミネラルなど「栄養を補給する」と言う。「なら錠剤で飲めばいい」と田村博士。外国人は「日本人はなぜビタミンを水に溶かして飲むのか」と笑っている。錠剤にすれば市販ドリンク剤の数十分の一の価格で“栄養補給”できる。これほど高い“栄養剤”をサギCMで売りつけられて…コッケイな日本人の姿がここにもある。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ