人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【土用の丑】に関して【うなぎを食べる】以外の習慣がある地域を調べています。

日本国内で変わった習慣がある地域と内容を教えてください。

●質問者: yuko11
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:うなぎ 土用の丑 地域 日本国
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● qjpem028
●17ポイント

あんころ餅

http://www.city.katsuragi.nara.jp/katsuragi/sangyo/food_doyomoch...

市内では、夏の土用の入りの日にあんころ餅を食べる風習があり、別名、土用餅と呼ばれています。発祥は定かではありませんが、ウナギを食べるのと同様に、土用餅を食べて夏の暑さを乗り切るためとされています。


2 ● kenta2008
●17ポイント

土用の丑は「ウ」の付く食べ物なら何でもよいらしいです。

例 梅干 うどん

http://gogen-allguide.com/to/doyouushi.html



「う」がつけば、うぐいすパンや瓜でもよいとと下には書いてあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E7%94%A8%E3%81%AE%E4%B8%9...



旬の言葉にも「土用鰻」と並んで「土用蜆(しじみ)」「土用餅」という言葉が残っています。

http://www.med.or.jp/komichi/food/foodSto_06.html




では、上の食材の地域を特定せよと言われても探せませんでした。

おそらく値段の安い、普段食べているものばかりなので、それれだけを食べる地域は既になくなったのではないでしょうか?


3 ● kin1974
●16ポイント

節分 恵方巻は関西の習慣

節分の夜にその年の恵方を向いて。家族そろって無言のまま太巻きを丸かぶりし、一年の健康や幸せ、商売繁盛を願うもの。大阪の一部での古くから習慣

http://yamaken38.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_d541.html


4 ● 小田切ワオ
●16ポイント

福岡県筑紫野市の武蔵寺と二日市温泉では「瓜封じ」と「丑湯まつり」と呼ばれる行事があります。

西都 太宰府

こちらのページにある動画を見るとよく分かると思います。かなり詳しく解説しています。


瓜封じについて簡単に説明しますと、願い事を書いた札を瓜に貼り付けて祈願し、

それを「瓜埋納所」に埋め、瓜が腐った頃に願い事が叶う、などと言われています。

このような行事は全国的に見ても珍しい模様。特に病気封じに効果があるそうです。


土用の丑の日は二日市温泉だけでなく、全国的にいくつかの温泉で「丑湯まつり」が行われます。

十和田温泉や大鰐温泉、草津温泉など。夏のこの時期は体力が落ちるので温泉に入ろうという、

ある意味ではうなぎを食べる習慣と同じような意味合いで土用の丑の日に行われるのでは。

同様に「お灸」をすえるお祭りもあります(明縁寺など)。これも健康増進のためですからね。


昔の人たちの生きていく上での知恵というか習慣が、このような行事を生んでいったのでは。


5 ● wacm
●16ポイント

秋田県県南地方

http://tokuzo.fc2web.com/2003/shoku/shoku-03.htm

土用の丑の日にもドジョウを食べる習慣があった。小さなドジョウは、塩蒸しにして弁当のおかずにした。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ