人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

銀行やコンビニの紙幣識別機能(OCR)についての質問です。壱万円札の銀色の部分は何かの読み取りマークでしょうか?あれで、不正なお金(紙幣)が、どのATMから引き出されて、どのATMに入ったかを識別するのでしょうか?そういった技術は現在、日本のATMに備わっていますか?

●質問者: tanakahideo
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:お金 コンビニ マーク 不正 技術
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●35ポイント

「壱万円札の銀色の部分」というのは、1万円と日本銀行のマークが切り替わるホログラムのことですね。偽造防止のために、2004年以降に発券された一万円札・五千円札に付いています。


ATMがホログラムをチェックしているかどうかという点は、機密情報に当たりますので、正確な情報は得られないと思います。

ただ、ホログラムを検出する機構はそれほど複雑なものではありませんから、実装することは難しいことではないでしょう。

ちなみに、オムロンから「循環式紙幣処理装置」という特許出願が出ています。


参考サイト

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。推測ですが、紙幣識別機能(OCR)が現在のATMに備わっているなら、機密にしないのではないでしょうか?(その技術を告知するだけでも、犯罪者への警告となり、犯罪予防 = 追跡される可能性が高いことを知らしめる事につながると思うからです)。他の方の回答もお待ちしています


2 ● aobadai
●35ポイント

>壱万円札の銀色の部分は何かの読み取りマークでしょうか?


http://www.bekkoame.ne.jp/~muraoka/shihei_0.html

http://www.bekkoame.ne.jp/~muraoka/shihei_2b.html

http://www.bekkoame.ne.jp/~muraoka/shihei_3.html

偽造防止と金種識別に使います。


ATMは当然これらの識別要素を利用しますが具体的にどうやって判定するかは悪用防止の観点から秘密になっています。

◎質問者からの返答

他の方の回答もお待ちしています

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ