人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://carbonoffset.yahoo.co.jp/
の広告に「息を止めてみましょう。CO2が削減できるかも」とありました。
これはブラックジョークかもしれませんが、(死ねばCO2消費しないってことですよね、火葬とかは例外として)
ゆっくり息をするとかでちょっと減らせないもんでしょうか?

●質問者: x2pop
●カテゴリ:科学・統計資料 ネタ・ジョーク
✍キーワード:ゆっくり ブラックジョーク 広告 死ね 火葬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●27ポイント

私が考えるに

「CO2排出を抑えるためには食べ過ぎない」事が必要だと思います。


体内でCO2が出来るのは生命活動の一環ではありますが

不必要に食べ過ぎる事で以下のような活動が活発化して

結果としてCO2が増えるものと考えます。

一.消化・吸収に必要な活動

一.熱量として放出する活動(痩せの大食いタイプ)

一.循環器系による冷却活動(太りすぎタイプ)

「食べすぎ」は体内活動だけでなく

一.農耕・牧畜規模の拡大

一.食材の移動・加工活動の拡大

一.排出物処理量の拡大

といった産業系にもいたり、さらには

一.生態系のくずれによるCO2バランスの崩れ

まで・・・。


かなり省きましたが

「食べすぎ」を止める努力をすれば

CO2の削減に繋がるのではないかと思う次第です。


息を一時的に止めていても1時間とか1日といったように

スパンを長くして平均的に考えると必要量は変わらないと思います。

死しても生物分解される最中でCO2やメタンの排出があるのでは?

◎質問者からの返答

うーん、なるほど。消費の少ない人間になればいいということですね。

私は小食なので、もっと食べろとはよく言われますが…、この方法は私の場合は難しいかもしれません。

しかし、食べ過ぎていいことはありませんね。


死ぬのは効果があると思います。特に先進国の人間で若い場合。

平均寿命まで、水、電気、はてなの利用(はてなは風で動いているはずですが、途中経由するルーターなどは違いますし)などでCO2を大量に発生させるはず。

火葬の時に発生するCO2や、土葬だったとしても、一定の年齢以下ならCO2が減りそうに思います。

なので、最初に書いた広告はなかなかおもしろいと思ったのです。

日本でもアメリカでも、先進国ならどこでもいいですが、それが一気に消えたらすごい節約になりそうです。


2 ● spica5061
●27ポイント

厳密な調査を行ったわけではないですが、近年は生命活動に於ける二酸化炭素排出量より科学活動に於けるそれの方が多くなっているはずです。なので、人間が一人死ぬよりは工場を1棟減らしたり、自動車を1台減らしたりする方が圧倒的に環境に優しいのではないでしょうか。ちなみに私は環境問題をさほど重要視していませんが、自動車を運転しないようにしたり、余計なゴミを増やさない様にしたりする事を心がけております。というか、科学技術を使わなければ生きられない現代に於いて、環境問題を解決する事はまず無理だと思っています。

◎質問者からの返答

ええ、つまり、先進国で人が生きるとすれば、様々な製品を消費し廃棄し、というこれらが二酸化炭素を排出すると思うのです。

しかし、その人たちに(私もそうですが)エアコンは無し、薬とか医療も最低限だけ、いい服も、美味しい食事も…、ということを受け入れる人は少ないでしょう。

なので、早く死んでしまったら、上記のような消費などを行わなくなるので減るのでは、ということです。

本題は、息を止めたりして、CO2を減らすような(息を止めたのでは減りそうにないですが)見落とされていそうなちょっとした方法は無いものか、という感じなのですが、私の発言で趣旨が変わってしまっていますね(汗)

すいません。


3 ● wacm
●26ポイント

新陳代謝を抑えるために、寝る時間を増やす。

あと、身体からの発熱や呼吸回数を減らすために運動を控える、ですかね。

さらに、脳が一番酸素を消費する器官なので、できるだけ物事を考えない(笑)

◎質問者からの返答

仏教とか良さそうですね。

ああ、でも修行とかはなんか体力使いそう…。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ