人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仕事上で細かいミスが多く悩んでおります。

というのも、新しい仕事を覚えるとききちんと手順を書き出し、チェックをしながら進めていくようにしているのですが、
慣れてくると覚えているものと思い込んでやってしまい、手順を飛ばしてしまったり、つめが甘かったりで、
ちょっとしたミスをしてしまいます。

また、仕事の物理的な量が多いときは手順を書き出しチェックをしながらやるというのが時間的に難しいときもあり、
どこかしらでミスがでてしまいます。


みなさんはミスを少なくするためにどういうことをやっていますか。


●質問者: ricotro
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:ミス 物理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● あひる
●18ポイント

常に手順を確認しながら作業を進めます。時間がなくて手順を書き出す暇がない、というのは、それ自体が仕事上の問題です。絶対に書き出しましょう。もし上司や同僚に「書いてる暇があるなら覚えろよ」とでも言われたのなら「できません」とはっきり答えましょう。それが正論です。無理なことをやれと言われても出来るはずがありません。とにかく貴方に必要なのは、しっかりと手順を確認しながら作業を進めるという癖をつけることです。失敗は誰しにもありますし、同じ失敗を繰り返すことだって誰しにもあることです。人間なのですから。しかし、そのままではいけませんよ。失敗から何か教訓を見いだせない人間は使い物にならない、と言われても仕方のない人間です。

dummy URL : http://www.google.co.jp/


2 ● aqua-marine
●18ポイント

私もそそっかしいタイプなので、いつも気をつけるようにしています。


まず最初に新しい仕事を覚える時にはかなり細かいメモを取って、それを元にマニュアルを作成します。

しばらくはそのマニュアルに、ミスをしやすいポイントや追加事項を書き込みながら仕事を進めます。

慣れて来た時にはマニュアルはこれを見れば誰でもできるレベルまで仕上がっています。

そして自分用にもう少し簡略化したマニュアルを用意し、普段はそれを見ながら仕事をするようにしています。

引継ぎが必要な時や休み明けでミスをしやすい日には、完成版のマニュアルを見ることもあります。


見るのが億劫にならない、でもポイントはしっかり抑えてある、というマニュアルを用意すれば、

随分違ってくると思います。


http://www.weekly-net.co.jp/blog/avance/2008/06/post_38.php


3 ● proganochelys
●18ポイント

チェックの重要性は認識しているし、実践しているけれども、慣れてきたり忙しくなったりすると、ついチェックを怠ってしまうということですよね。


私も同じような悩みを経験したことがあります。

「きっちりチェックをしなければならない。それはわかる。

ではそのチェックをきっちりするにはどうしたらいいか」


私は、自分のこの作業がチェックを通っていないということを「気持ちわるい」あるいは「落ち着かない」と感じるようにしようと心がけました。

そうすれば、チェックを置き去りにして進んでしまうということが減らせるのではないかと思ったのです。


その「未チェック=キモチワルイ」が、自分の気持ちの中に「染み込む」のにはしばらく時間がかかりましたが、結果的に自分としては「チェックを忘れてしまう」というミスは、以前と比べて少なくなったと思っています。

それと、この方法に慣れてくると「未チェックの状態」を「キモチワルサ」として頭の中に置いておけるので、軽微なことに対してのチェックには紙を使う必要がないという効果もありました。


ただこの方法は、ご想像の透り、他人と共有することができません。

また、自分自身ですら、その効果・結果を「確認する」ことができません。

現在行っておられるチェック機構を補助、あるいは強化するものとして使われるとよいと思います。(もしお使いになるならば)


参考になりましたでしょうか。


http://nayami.shiawasehp.net/shigoto/mis7.html

「ミスを減らす努力をする」

※私の回答とは無関係ですが、「仕事 ミス」でのGoogle検索上位のサイトのページです。


4 ● ddate
●18ポイント

私も同じくミスが多いです。持って生まれた性格なのでどうしようもないと思っていたのですが、速読術を身につけると良いらしいです。余裕が生まれたり記憶力が高まったりするのだそうです。試してみようと思っています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9F%E8%AA%AD%E8%A1%93


5 ● pahoo
●18ポイント

私もahirusanさんと同じで、手順なりチェックシートを用意すること――つまり、ミスを防止する仕組みを確立することが必須だと考えています。それができないほど忙しいなら、はっきりと仕事を断るべきです。

私の場合、複数の仕事を同時進行で動かさないといけないことが多いため、各々の仕事に慣れていても、チェックシートがないと混乱します。


もうひとつ、書類などを作成・提出する作業の場合、完成してから提出するまで最低1時間“寝かせる”ことを実践しています。

寝かせている間に別の仕事をします。その後で、もう一度、ミス・漏れがないかどうか見直します。これは私だけに当てはまることかもしれませんが、自分が書いたということを忘れてチェックするので、意外とミス・漏れが検出できます。

本当は、同僚や上長にチェックしてもらった方が確実ですが、お互い忙しいので、こんな方法をとっています。

最近は図太くなって、上司から「おい、あれ出来たか?」と要求されるまで提出書類を“寝かせて”います。故意に仕事を遅らせているわけではありませんので、念のため(苦笑)。


参考サイト


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ