人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

東南アジアのタイから香港にドル紙幣(100万ドルぐらい)または円紙幣(1億円ぐらい)を持ち込む事は可能でしょうか?タイ側の空港で、持ち出すときに止められないでしょうか?また香港側で入国する場合はどうなるでしょうか?詳細のわかる方はいらっしゃいますか?


●質問者: tanakahideo
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:タイ ドル 東南アジア 空港 紙幣
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● gday
●27ポイント

>タイ側の空港で、持ち出すときに止められないでしょうか?


タイでは外貨の持ち出しは米ドルで2万ドル相当までで制限されています。

それ以上を持ち出すには申告が必要です。

場合によっては課税又は没収の可能性がありますので持ち込む際にもきちんと申告しておく必要があります。


【安全対策基礎データ】(タイ)

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id=7

タイの外貨管理上、持込額については、通貨種別を問わず2万米ドル相当以下に規制されています(これを超えた金額持込時はスワンナプーム空港入国税関12 番カウンターにて申告が必要です。)。また、現地通貨の持出しは5万バーツまで(例外として、ラオス、ミャンマー、カンボジア等の国境が隣接している国へ出国する場合は、50万バーツまで認められています。)、外貨の持出しは2万米ドル相当まで可能です。

なお、出国時に外貨を2万米ドル相当額以上所持していると、タイ国内で労働・収入行為があったとみなされ、課税又は没収される可能性がありますので、そのような場合は上記のとおり持込額を入国時に申告しておく必要があります(出国時の申請場所はスワンナプーム空港の場合、4階VATリファンドオフィス内となります。)。


>香港側で入国する場合はどうなるでしょうか?


香港では特に外貨の持ち込み持ち出しについて制限はありません。

【安全対策基礎データ】(香港)

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id=16

外国通貨の持ち込み、持ち出しは自由で、申告制度もありません。通貨の交換は市中の銀行、ホテル、両替商で自由にできますが、手数料の額が決まっていないため、交換場所によって換金した手取額は異なります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます、ほかの方の回答もお待ちしています


2 ● mailer-daemon
●27ポイント

香港は制限がありませんがタイは制限があります。

http://www.anzen.mofa.go.jp/i/info_S_i.asp?id=007&num=2

また、現地通貨の持出しは5万バーツまで(例外として、ラオス、ミャンマー、カンボジア等の国境が隣接している国へ出国する場合は、50万バーツまで認められています。)、外貨の持出しは2万米ドル相当まで可能です。

なお、出国時に外貨を2万米ドル相当額以上所持していると、タイ国内で労働・収入行為があったとみなされ、課税又は没収される可能性がありますので、そのような場合は上記のとおり持込額を入国時に申告しておく必要があります

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4015593.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます、ほかの方の回答もお待ちしています


3 ● notvalid
●26ポイント

東南アジアのタイから香港にドル紙幣(100万ドルぐらい)または円紙幣(1億円ぐらい)を持ち込む事は可能でしょうか?

紙幣ということは現金ですよね。難しいです。

香港側では外貨の持込については特に制限はないのですが、タイ側ではバーツ・外貨ともに持ち出し制限がかなりきつくかけられています。


タイ

【安全対策基礎データ】

6. タイの外貨管理上、持込額については、通貨種別を問わず2万米ドル相当以下に規制されています(これを超えた金額持込時はスワンナプーム空港入国税関12番カウンターにて申告が必要です。)。また、現地通貨の持出しは5万バーツまで(例外として、ラオス、ミャンマー、カンボジア等の国境が隣接している国へ出国する場合は、50万バーツまで認められています。)、外貨の持出しは2万米ドル相当まで可能です。

なお、出国時に外貨を2万米ドル相当額以上所持していると、タイ国内で労働・収入行為があったとみなされ、課税又は没収される可能性がありますので、そのような場合は上記のとおり持込額を入国時に申告しておく必要があります(出国時の申請場所はスワンナプーム空港の場合、4階VATリファンドオフィス内となります。)。


香港

【安全対策基礎データ】

3.外国通貨の持ち込み、持ち出しは自由で、申告制度もありません。通貨の交換は市中の銀行、ホテル、両替商で自由にできますが、手数料の額が決まっていないため、交換場所によって換金した手取額は異なります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます、ほかの方の回答もお待ちしています

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ