人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

障害者の場合、毎月の源泉所得税は安くなるのでしょうか。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:所得税 障害者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●27ポイント

障害者控除」によって所得税が軽減されます。

◎質問者からの返答

毎月の源泉所得税は安くなるのでしょうか。


2 ● bjko
●27ポイント

http://www2.ttcn.ne.jp/~mkikuchi/gennsennsyotokuzei.htm

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1160.htm

こんな感じです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● dotsuki
●30ポイント ベストアンサー

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo...

扶養親族等の数の求め方

『税額表の甲欄の「扶養親族等の数」というのは、控除対象配偶者(又は老人控除対象配偶者)と扶養親族(老人扶養親族又は特定扶養親族を含みます。)の合計数をいいますが、本人が障害者(特別障害者を含みます。)、寡婦(特別の寡婦を含みます。)、寡夫又は勤労学生に該当するときには、その一に該当するごとに扶養親族等の数に1人を加えた数を、また、その人の控除対象配偶者や扶養親族のうちに障害者(特別障害者を含みます。)又は同居特別障害者に該当する人がいるときには、これらの一に該当するごとに扶養親族等の数に1人を加えた数を、それぞれ扶養親族等の数とします。』

と書いてあります。

つまり、障害者に該当するときは、扶養家族が1人居るように数え、その分源泉所得税が安くなるということです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。よくわかりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ