人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

旅行中の外傷でレントゲンを撮ったら、生まれつき腰から下の辺りの背骨の形が『下の方の背骨の形が、半分上の方の骨の形をしていて、上の方の背骨の形が半分下の方の骨の形をしている。また、尾てい骨のあたりの骨が先天的に普通より一個多い。』と言われました。
生まれつきで、病気ではないし、スポーツや出産にも差し支えはないとは言われましたが、珍しいケースとして医学書に載っていて、他にはそういう患者さんは看たことがないので具体的に今後どういう影響があるかは分からない。今のところは病気ではないから何もできないが、将来何かあったり、気になるのなら帰国してから通える地元の専門医に行った方が良いと忠告されました。
子供の頃にバレエを習っていたころから腰痛があり、背骨が多い人は年をとってから腰痛になる場合もあると聞いたことがあり、スポーツやダンスが好きなので不安です。
どういうことなのか、分かりやすく解説して下さる方、又は似た症状の方がおられましたら、ご回答をお願い致します。


●質問者: なぜなに
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:スポーツ ダンス バレエ レントゲン 不安
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/0件

回答がありません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ