人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

自宅が事務所を兼務している場合、事務所の家賃を取ってもいいのでしょうか。もし、それが取ってもいいとした場合、いくらぐらいになるのでしょうか。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:家賃
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● PoiMan
●30ポイント

http://allabout.co.jp/career/tax4ex/closeup/CU20040530C/

http://www.money-c.com/taisakusyuu/taisaku/s20.htm

◎質問者からの返答

早々とありがとうございました。


2 ● kirakirahikalu
●30ポイント ベストアンサー

自宅事務所の家賃、ローンの割合を教えてください

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210497...



自宅を事務所として使用する (所得税・法人税)


『私は自宅を本店所在地とする小さな会社を経営していて、自宅の一部を事務所として利用していることから、会社から私に毎月事務所家賃を支払っていますが、何か注意する点はありますか?』



会社からもらう家賃はどのように決めたらよいのですか?

自宅の月額家賃に、事務所として使用している面積の自宅総面積における割合を乗じて計算するとよいでしょう。

http://www.cpainoue.com/mailmag/back_number/d_mag20030825.html

まだイロイロの質疑応答が掲載されてます

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● k-kotori
●30ポイント

これは一つの例ですが、戸建てで部屋が5つあり、そのうちの一部屋を事務所として使用している場合、その一部屋のヘーベー数にかかる割合に応じた家賃相当の額を経費として落としたらいいと思いますよ。


ローンが残っていれば、ローン会社に支払っている内訳の事務所割合。

ローンが残っていなければ、固定資産税で支払っていたり、その部屋を維持していくためにかかる費用とか。

逆に、今現在の土地や家屋の現在価値が適正に把握できるのであれば、それらの金額を計算した金額でもいいと思います。

(例えば、周りの不動産がそのあたりの土地や家やマンションをいくらで販売しているのかを参考にしたらいいと思いますよ)


例として、隣にアパートがあってそのアパートが一部屋3万円で貸し出されていれば、事務所家賃として妥当なのは、3万から5万くらいでもよいと思います。(ローンなどがない場合)


ただ、明らかに自宅のローンが10万円とかで、事務所の家賃が10万円とか9万円とかだと、何かあったときは不都合がでるかもしれません。単純に、自宅のローンが10万円で部屋がだいたい同じヘーベー数で5部屋あった場合は、10万/5=2万円。ただ、一部屋2万円でいまどき借りれる事務所はありませんから、こういう場合は、部屋を維持する為に必要な固定資産税や修繕費など(壁紙を事務所用に貼り替えるだとかetc かかる見積もり的な費用)をプラスした金額に設定するといいような気がします。


不動産情報などは

http://www.athome.co.jp/

http://www.jj-navi.com/


こういったサイトで誰でも検索できますので、一度見当してみてみるのがいいかもしれません。


4 ● dotsuki
●30ポイント

個人が法人に貸すことはできます。

賃貸借契約書を取り交わし、家賃も相場並なら大丈夫です。

相場は、場所によって違うのでわかりませんが、

不動産情報誌等で調べればよいでしょう。

しかし、家賃を受け取る側の個人は、家賃収入が発生し、

その収入に関しての確定申告が必要になります。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1370.htm

そして、個人事業主ですと自分の家を自分に貸すことになるので、

この家賃は経費計上されません。

生計が同一の家族名義のものもです。

しかし、その家のうち事業部分の割合(その家が例えば総面積30坪で、

仕事をする部屋が5坪の場合、1/6)の固定資産税、減価償却費を

経費として計上することはできます。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


5 ● pinkandblue
●30ポイント

自宅が賃貸ならその何パーセントを事務所で締めているか

それによります

もし持ち家でしたら、

同じくその家にかかる経費、たとえば、固定資産税や町会費などかかる費用を

事務所の割合に応じて算出します

上記とは別に、余程高額でなければとっても構いません

が、会社の経費はふえ、もし黒字なら黒字をすこし減らすことができ、税金が減りますが

その費用は家にはいるので、その家の持ち主が確定申告をしなければなりません

不動産収入ということです。

額によっては、住民税もUPしますし、所得税などもUPします。

国民健康保険なら、それもあがります。

http://q.hatena.ne.jp

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

皆さん、たくさんの意見どうもありがとうございました。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ