人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“リブ・ラブ・サプリ?SEASON” #015

THEME:「夏の花を楽しむ」「土用の丑の日に」「中元・暑中見舞い」

「今日をちょっと楽しく、特別にすることって何だろう? イエで過ごすいつもの時間を素敵に変える小さな魔法のサプリがあったら…」と展開してきた “リブ・ラブ・サプリ”コーナーの続編のひとつ、SEASONバージョン。日々の中で季節の彩りをもっと楽しみたい! 四季の歳時記や衣食住のこと、新しいシーズンライフ…。毎回3つの季節テーマに、あなたの毎日を元気にする暮らしのサプリを、その思いや由来などとともにメッセージ下さいね! 次なる〈イエはてな〉ライブラリーの本の実現を目指して――豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!

※モラルのない一行レス等コメントの内容によってはポイント送信を控えさせて頂く場合もございますのであらかじめ御了承下さい。

※コチラのテーマ詳細をご覧になってご投稿下さいね!
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080709

プレゼントはコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20071028#SapriS

※今回の「いわし」ご投稿は7月14日(月)正午で終了とさせて頂きます。

1215579075
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:7月14日 theme あなた いね いわし
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 492/492件

▽最新の回答へ

[1]うなぎ kyonkyon-8

今年の土用の丑の日は7月21日と8月2日です。

うなぎは特別好きではないけれど、一年に1度くらいは食べてもいいかなということで

スーパーで買ってきて食べています。

今年は産地偽装なんて話題になりましたから、

スーパーでもどこの産地なのかを気にして買う人が増えそうですね。

でも、偽装してたら消費者はわからないですが。


[2]本当に美味しいうなぎを食べてみたい。 sayonarasankaku

まだ経験がないんですけど、頼んでから調理してくれるようなお店で、

本当に美味しいうなぎというものが食べたいです。

ただ家族で私以外はうなぎ嫌いなので無理な気がします。(笑)


[3]タレ sayonarasankaku

娘はうなぎは嫌いだけど、あのタレのかかったご飯は大好きです。

けっこう、そういう方って多いんじゃないでしょうか・・・?(笑)


[4]>3 うなダレ丼 Kumappus

…って言ってる人がいましたね(w

確かにあのタレがないとうな重の感じがしないのは事実ですが。

ただ、以前どこかで白焼き丼を食べたことがあり、それはそれであっさりしていておいしかったですよ。


[5]ひまわり sayonarasankaku

夏といえば、やっぱりひまわり。

それも大輪のひまわりが太陽に向かって咲いてるのをみると、

夏だなー、と思います。


[6]あさがお Kumappus

つるがあまり伸びずにハンギングに向くっていうアサガオの種をまいてみました。

(ツバメ朝顔というらしい。)

いま、だいぶ葉っぱが出てきているのですがまだつぼみのかけらも見えず…うーむ。

実は僕、アサガオとはかなり相性が悪くてあんな簡単そうなものが花があまり咲かなかったり枯れちゃったりするんですよね…。


[7]>1 なかなか信用できないですよね。 sayonarasankaku

国産になってても、偽装されているかもなんて考えてしまいますね。

食べ物は安心して気持ちよく食べたいですね。


[8]ぜひ作ってみたいヒマワリのお茶 TinkerBell

夏の花といったら、なんといってもヒマワリです。

そのヒマワリで、お茶が作れることを知りました。

種を使うのだそうです。

種が収穫できたら天日干しして乾燥させ、

そして殻を取り除いて保存すればいいそうです。

飲む時は軽くつぶして、フライパンなどで軽く乾煎りして、

それからやかんで煮出します。

つぶして煎ってすぐ飲める状態にして保存しようとするのは、

油脂分が酸化してしまうのでだめ。

面倒でも、飲む直前に潰して煎るのがいいそうです。

どんなお味になるのでしょう。

真夏に元気な花を楽しませてくれる、すてきなヒマワリ。

種が手に入れば、秋から先もずっと楽しませてくれそうです。


[9]>5 ゴッホのひまわり Kumappus

今年は種まきしそこなかったんですが、

rakuten:green-depot:10000920:detail

去年は「ゴッホのひまわり」ってのを植えてみました。

あまり大きくならずにゴッホの絵みたいな花がたくさんつきます。


[10]>6 小学校で、 sayonarasankaku

よく小学校で育てて、夏休み持って帰ってきたりしますね。

朝だけでつぼんでしまうので淋しいですけど、

朝顔の花も季節を感じさせますよね。


[11]グラジオラス Kumappus

http://www.mitomori.co.jp/hanazukan/image/kyukon10gura2.jpg

グラジオラス、夏の花のなかでは結構好きなんです。あーしまった、これも植えてないや今年。

この名前、ギリシャ語の「グラディウス」(剣)から来てるそうで。葉っぱが剣の形だからとか。


[12]ひつまぶし! teionsinonome

うな重も好きですが、ひつまぶしが食べてみたいです

1度で3度おいしいなんて夢のようじゃないですか! 最後の1回は好きな食べ方がもう一回できるなんてステキじゃないですか!(桶のご飯を4等分して、そのまま・薬味を乗せて・お茶漬けとやって最後の1回はお好みらしいです) ええーいいのー!?って大興奮です

丑の日ってうな重をがっつくイメージですが、たまにはお上品にひつまぶしもいいですね?


[13]>12 昔、名古屋の友達の家でごちそうになった Kumappus

昔、名古屋の友達の家にお邪魔した時にお昼に出前をとっていただきまして、それが「ひつまぶし」でした。

「最初はそのまま食べて、次に薬味をのせて食べて、最後はお茶漬けにするんだ」と説明してもらって目が点になった記憶があります。

あれはおいしかったなあ。

その後、お弁当とかで食べたことはあるんだけどあの味には遠く及ばない。。。


[14]土用の丑の日には「う」の付く物を食べる YuzuPON

土用のウナギは平賀源内発案説が有名ですが、源内が丑の日にウナギを関連づけたのは、元々、丑の日に「う」の字が付く物を食べれば夏バテしないという民間伝承があったからなのです。

ですから、丑の日に食べるといいものは、ウナギに限りません。食欲がなければサッパリと「うどん」でもいいですし、クエン酸回路で疲労を回復してくれる「梅干し」でもいいわけです。

私は特に梅干しを愛用しています。夏バテにはウナギより効くと思います。それに汗を掻く夏には多少の塩分補給も必要ですから、梅干しは何かと土用の丑向きの食べ物だと思っています。

小遣いに乏しい時はまず梅干しを食べて、あ、今日は土用の丑の日か、でも食べ合わせの悪い梅干し食べちゃったと、自分で自分を納得させて諦めるという手もあります。


[15]四つ葉のクローバー、 matakiteshikaku

子供が大汗をかいて、小さな四つ葉のクローバーを見つけてきました。早速、電話帳を引っ張り出してきて押し花にしてあげました。ずっと探していたから、見つかってとっても嬉しかったみたいです。自分も子供の頃は必死になって探していた記憶があります。


[16]カンナ teionsinonome

小学校の時(15年以上前)に理科の先生にカンナの球根をもらったのですが、いまだにうちの裏庭で咲いています・・・ってことを去年知りました 真っ赤な花が暑苦しいことこの上ない! でもカンナって強くてエネルギッシュで色気があって、地中海あたりに住んでる女の人ってイメージで大好きです

とか言いつつ、10ン年間絶やさずに育ててくれてたうちの母がいちばんすごい気がします えっと・・・なんだろう、ありがとう!


[17]>14 さすがに、うなぎは食べる気がしないですねぇ?。 matakiteshikaku

気分的なものなんでしょうけど。売ってるものは大丈夫なんだろうなと思いつつも、あれこれ考えると手が遠のいてしまいますね。別に偽装なんてしなくても、正直に表示してくれて、美味しくて安ければ、中国産でも美味しければ、多少高くても安心で美味しければ、消費者は購入するんだろうと思います。


[18]>7 近所のお魚屋さん dankichik

近所のお魚屋さんの店先に丑の日にむけてうなぎの蒲焼きのポスターが貼られています。通るたびにおいしそう、と思ってます。うなぎはあそこのお店で買おうっと。


[19]ほうずき sayonarasankaku

花じゃないんですけど、ほうずきも夏の風物詩ですね。

母は鳴らすのが上手でしたが、私は鳴らすことが出来ませんでした。

でも根気強く実を揉んで種を出して鳴らすようにするまでの作業がとても好きでした。


[20]>10 元気よく成長中 dankichik

毎朝通るそばのお宅の朝顔、元気よく成長中です。ツタがぐるぐると絡まってます。はやく花が咲かないかと楽しみにしています。


[21]>9 一面のひまわり dankichik

昨年ヨーロッパを旅行した時に、本当に見渡す限り一面に咲き誇るひまわり畑を見ました。黄色い絨毯に感動しました。


[22]>8 なんと向日葵の種がお茶に! YuzuPON

初耳です。どんな味になるのでしょうか。でも煎って煎じたら香ばしそうですね。今ザッと検索してみたら、中国では漢方薬として、葉も花も茎も種も全てに薬効があるとされているそうです。種には健胃効果があると書かれていたページもありました。向日葵には、花を見るだけでなく、こんな楽しみ方もあるんですね。また一つ賢くなりました。


[23]>18 今年から・・・ linne

今までは土用の丑の日といえば、うなぎ!だったのですが・・・、今年からはどうしようかと迷っています。

スーパーの表記で国産とあっても果たしてそれをどこまで信用していいのやらわからなく。かといって5千円もする、まず確実であろうと思われる場所で高級うなぎを家族で食べるわけにもいかず。結局、今年はうなぎ無しの土用の日になってしまいそうです。

代わりに精力のつきそうなものを食べて、今年の夏を乗り切ろうかと思っています。


[24]>23 栄養 actro

夏の暑い今だからこそって感じですねぇ。いろいろ言われていますが、やっぱり美味しい物は

美味しいので今年も食べますよ。


[25]憧れのお中元・カルピス teionsinonome

子供の頃、憧れのお中元はカルピスでした

まだビンに入ってる時代だったのですが、水玉の包み紙が大好きで、そして王冠がちょっと邪魔者で・・・ 薄めて飲むっていう手作り感も子供心をくすぐりました ちなみに私の作るカルピスは濃すぎて不評でした

今は紙パックなんですね 水玉の紙と王冠に一喜一憂させられることがないなんてかわいそう!と現代っ子に少しだけ優越感なのでした


[26]>24 なんていうか teionsinonome

今思うと平賀源内も罪つくりですね・・・ なんて


[27]>20 夏休み actro

に鉢植えを育てましたね。毎日、水をやって花を咲かせて・・・。

枯れるまで置いていました。その後取れた種もまた育ててましたね。


[28]>21 昔ほど actro

ひまわりと言うと自分が小学校くらいの頃はたくさん咲いてた記憶があるのですが、

最近はなんとなく見なくなりました。

ひまわり畑って言うのを一度みてみたいですね。


[29]>27 なつかしい Zelda

学校で育てた朝顔に沢山種ができて。

それを家に持って帰って家でまた朝顔を育てて。

ツタの伸び具合が元気よすぎて、次の日見たら昨日からどれだけ伸びたんだって驚く事がよくあったっけ。


[30]>28 ドライブして見たひまわり畑 kyonkyon-8

ドライブすると、丘の上が一面ひまわり畑になってるところがあって、

行きと帰りで同じ畑なのに色がぜんぜん違うことに気づきます。

ひまわりは太陽を追って向きを変えるので、太陽が有る方向から見ると

一面黄色なのに、日が傾くと向きが変わるからなんですね。


[31]>29 夏休みの課題 kyonkyon-8

アサガオも夏の花という分類に入るのですね。

確かに、小学生の夏休みの課題によくなります。

生命力が強く、小学生でも失敗しないで育てられるからでしょうかね。


[32]>28 ハムスター用のえさとしてひまわりの種はよくみてましたが Zelda

ひまわりの花自体はずっと昔に数回見ただけです。

あれだけ有名だと、あちこちで普通に見かけてもいいような気もするのですが。

自分の行動範囲がせまいだけなのかなぁ。


[33]缶ビールの詰め合わせ kyonkyon-8

夏のお中元でよくもらう缶ビール。

私の家ではあまり飲まなくて、思い出したら飲む程度なので冬くらいまで残っています。

それでも、こちらも夏の場合はお中元で缶ビールを選ぶことが多いです。

夏の暑い時期にはやっぱり缶ビールや、冷麦なんかの涼しいイメージの物を送りたいですから。


[34]>4 ウナギ自体は好きではないですが Zelda

タレはおいしいですよね。

私もタレのかかったご飯は大好きです。

どうしてもあのやわらかい骨があまり好きじゃなくて。

よく噛んで食べたつもりでも大抵喉に骨が刺さります。。。

タレがかかったご飯でいつものご飯を食べると食が進みそう。


[35]>31 夏休み kin1974

夏休みの定番でしたね。アサガオの観察を絵日記にしたりしていたのを覚えています。きれいな花が朝に咲いていたときはうれしかったですね。


[36]>25 フルーツカルピス kyonkyon-8

初恋の味カルピスなんて言いますが、青春時代にはあまりカルピスは飲んでなかったですね。

お中元のセットに入ってるフルーツカルピスなるものはどんな味だろうって憧れますね。


[37]>33 お中元 kin1974

お中元の定番ですね。夏の暑い時期にはやはり冷えた缶ビールがかかせませんね。お中元にいただくとものすごくうれしい物ですよね。


[38]>26 うなぎ kin1974

土用の丑の日にうなぎは毎年食べていますね。私の夏バテ防止対策の一つにあげられます。うなぎを食べて元気になれますね。


[39]>34 あー actro

なんか分かります。うなぎ自体も美味しいのですが、あのタレのかかったご飯も

絶妙な味ですよね。何もおかずがない時はたまにやってしまいます。


[40]>33 ジュースも一緒に入ってるのだともっと Zelda

ビールとジュースのセットが届く事がたまにあったのですがやっぱり子供の立場としてはジュースが入ってると嬉しかった記憶があります。

缶ジュースを冷蔵庫に入れておくとキンキンに冷えてとってもおいしかったなぁ。

家族皆のお中元って感じで。


[41]>30 ひまわり kin1974

夏に咲くひまわりは美しいですよね。ぐんぐん伸びてひまわりの成長のすごさに驚かされていますよ。ひまわりのような人間になりたいとよく言われていますね。


[42]>37 あっと actro

ウチの実家はビールなんか貰うとあっという間になくなってますねぇ。

ちょっと分けてもらおうと思っても、既になくなってしまってます。


[43]>39 タレ kin1974

うなぎの残ったタレを白いご飯にぶっかけて食べるのもまたおいしいですよね。うなぎ丼は一度に2回の楽しみ方ができてすごく大好きです。


[44]>2 私も Zelda

よく魚介類は海で採れたばかりのものだと全然味が違うって聞きますよね。

頼んでから調理してもらううなぎだとやっぱり味が全然ちがうんでしょうねぇ。

ただそういうところだとお値段も気になりますがw


[45]>15 四つ葉のクローバー kin1974

子供の頃、四つ葉のクローバーを必死になって探したのを覚えています。草むらのなかを探していた頃がなつかしいです。最近四つ葉以上のクローバが話題になっていますね。


[46]夏向けスイーツを持参して集まる暑中見舞いパーティー MINT

暑中お見舞いというと葉書のやりとりを思い浮かべますが、郵便であいさつを交わす習慣は大正時代になってからで、明治までは夏負けを防ぐ食べ物などをたずさえて直接訪問することを暑中お見舞いと言っていたそうです。高校のころ、先生が授業の合間に、そんな話を教えてくれました。

そこで仲の良かった友だちどうしでさっそく計画。みんなでそれぞれ夏向きのスイーツを選んで持ち寄って交換し合いながら食べる、暑中見舞いパーティーです。飲み物も用意して大宴会。楽しかったです。

社会人になってからは、だいたいまとまったお休みが取れるのは残暑お見舞いの時期になってしまいますから、いつの間にか残暑お見舞いパーティーに変わってしまいました。それでも今も女の子だけの夏負け防止大宴会は続いています。


[47]水羊羹といっしょに入ってるプリン sayonarasankaku

水羊羹に少しだけプリンが入っている時があって、

そのプリンを子供の頃、弟と取りっこしていました。

できればプリンだけが良かったです。(笑)


[48]>17 うのつく食べ物 kyonkyon-8

うのつく食べ物とはよく聞きますけど、うがつく食べ物ってたくさんありますよね。

ごぼう、かんぴょう、豆腐、トウモロコシ。

最初にうの字がつく卯の花(おから)なんていいんじゃないでしょうか。


[49]夏の花といえば kin1974

夏の花といえば、定番なのはやっぱりアサガオとひまわりですね。とくに、アサガオが咲いてるのを朝早くに見ると爽快な気分になりその日の暑さもぶっ飛びますよね。美しい花を見るだけで穏やかになれます。


[50]>38 以前はたまに買っていましたが Zelda

最近は産地偽装問題もありまして、スーパーで買う機会もほとんどなくなりました。

中国産のウナギが主ですし、国産は国産で値段が。。。

うなぎに限らず、安心して食材を買えるように世の中になってくれるといいのですが。


[51]>13 思い出のひつまぶし kyonkyon-8

料理好きの職場の同僚の送別会で、はじめてご馳走になったのが初めてです。

みんなの前でうなぎをほぐして、混ぜ合わせて取り分けてくれたのが

なんともおいしくて、すぐに好物になりました。


[52]>22 ひまわり大好きです MINT

大輪のひまわりは、ほんとに夏を感じさせてくれる花ですね。種が実るころになるとだんだん秋の気配が感じられて寂しくなりますが、こんな楽しみが加わったら、散りゆくひまわりを見るのも寂しいものではなくなりそうです。

ひまわり、ちょっとだけあります。たくさん飲むほどは採れないと思いますが、種が採れたらやってみますね!


[53]>45 五つ葉で不幸に kyonkyon-8

四つ葉のクローバーを見つけると幸せになるといいますが、五つ葉のクローバーを見つけると不幸になるといいます。

最近話題のたくさん葉のあるクローバーはどちらなんでしょうね。


[54]>51 食べたい actro

まだ食べたことないですねぇ。

一度食べてみたいと思ってますが、住んでいる地域ではお目にかかったことがありません。

やっぱり本場で食べるのが一番なんでしょうね。


[55]>53 四葉のクローバーの思い出 canorps

東京から大阪へ一人で引っ越す日のこと。

母が封筒を渡してきました。

開けると中には四葉のクローバーが。

前日までに一生懸命探してきてくれたんだそうです。

しあわせになれますようにって。

うれしかったなあ。


[56]暑中見舞いも最近は Zelda

あまり出す人もいないんでしょうね。

祖父が生きてる頃は暑中見舞いとして絵葉書が送られてきたものでしたが。

達筆な筆文字に生き生きとした絵。

手描きならではの温かさがひしひしと感じられました。

最近は年賀状等もメールで済ませる人が多いというのを聞くと少しさみしくなります。

パソコンを使って印刷して、手描きの文字は一切ないハガキもよく見かけますし。

手描きの暖かみを自分自身も今一度考え直してみようと、

今回のテーマの一つである「暑中見舞い」という言葉をみて感じました。


[57]>44 天然それとも養殖? kyonkyon-8

巷では天然のうなぎと騒いでいますが、うなぎの場合は実は養殖の方が脂がのっていておいしいという話もあります。

ただ、天然の中には四万十川などで採れるうなぎは川底が砂で泥臭くなくておいしいとか言いますね。


[58]>48 一番上が「う」じゃなくてもいいんですね MINT

私は「うぐいすパン」とか、へんなものを思い浮かべてしまいました(笑)。「とうふ」「とうもろこし」、たしかに「う」が付きますね。そして夏にぴったりです。卯の花も体によさそう!あ、夏に付き物の「そうめん」もうが付きますよ。ほかにもうの付く食べ物をたくさん探して、元気に夏を乗り切りたいと思います。

ところで「めろんそうだ」とかフラッペの「ぶるうはわい」とかは…ちょっと無理がありますね。


[59]>56 かもめーる dankichik

最近かもメールを売っているのをよく見かけます。とはいえ、あらたまってはがきを出す相手も、思いつかないというのが正直なところ。。小学校の頃は夏休みの宿題で先生に暑中お見舞いはがきを出したりしたなあと思い出しました。


[60]>35 あさがお canorps

私のだけなかなか花がさかないんだよー。

と、今年入学した長女がいっていました。

が懇談会のとき、先生に聞いた事実。

娘はしょっちゅうみずをやりわすれてるのだとか。

だから朝顔の花の成長が悪いんじゃないの!w

もうすぐ朝顔を学校までとりに行きます(今は自分で持って帰ってこないんですね)

夏休みこそ忘れずにみずやりをさせなくてはとおもいます。


[61]>47 水羊羹 kyonkyon-8

子供にしてみたら、羊羹っていうのはあんまりごちそうじゃないんですよね。

子供の頃はお中元で水羊羹だとがっかりしてました。

高級羊羹の味がわかるのは大人になってからだもんね。


[62]>55 なかなか actro

なかなか見つからない物ですよね。

小さい頃はよく探しましたね。それを本の間に挟んだりしました。

いまだに、カラカラになったクローバーが本の間から出てきたりしますね。


[63]>60 寝坊常習者なので… choco-latte

夏休みはほとんどお昼まで寝ていたので、朝顔の観察日記を書くのはとても大変でした。綺麗に咲いているところをあんまり見れないから…(泣)

今でも夏休みの宿題といったら観察日記なんでしょうかね?


[64]>50 うなぎ大好きです nandedesune

土用の丑の日に限らずうなぎはよくスーパーとかで買って食べます。

昔は丑の日以外ってあまり売ってなかったような気がするのですが、

最近では年中うなぎを売るようになりましたね。

安い中国産のうなぎが入るようになったからでしょうか。


[65]>36 カルピス sidewalk01

定番ですね!暑いときに水分とミネラルを一緒に摂れるので良いですよね。しかも低コスト!


[66]>19 あれは花じゃなかったんですか Zelda

てっきり花だとばかり思ってました(^^ゞ

赤く色づくので。

実だったのか。

ぷっくりと膨らんでカワイイですよね。

鳴らすというのはやったことないです。

家にもほおずきがあるので今度鳴らすのにトライしてみようかな。


[67]>63 悪い小学生 nandedesune

アサガオの成長日記とかつけたことがありましたが、

ほとんど毎日なんてつけずに、親に水をやってもらって、

最後に成長過程を想像して適当に作ってた悪い小学生でした。


[68]>63 あさがお sidewalk01

ラジオ体操の行きかえりで見てた気がします!あの頃は夏休みなのに早起きしてたなー。


[69]>65 カルピス顔 canorps

がはやりました。

最近はカルピスは紙パックですよね。

昔のお中元なんかでもらう瓶で紙で包んであるカルピス。すきでした。


[70]>41 ひまわり sidewalk01

あの鮮やかな黄色は見ていて気持ちがいいですよね!一面のひまわり畑には圧倒されます!


[71]>69 これ分かるなあ、お中元のカルピスへの憧れ iijiman

お中元のカルピスって、箱に入っていて、そうそう、フルーツカルピスがセットになっていたんですよね。

子供心に、そのフルーツカルピスがとても「貴重なもの」に見えて、凄くあこがれました。何だか輝いているように見えました。

今、調べてみたら、紙パック入りだと500円くらいのもののようですが・・・

http://www.calpis.co.jp/products/calpis/mango.html

あと、今はこんな可愛いのもあるそうです。

http://www.calpis.co.jp/gift/calpisgift/fantasy.html

はまぞうで、楽天もチェックしてみました。うーん、これこれ。このカラフルな箱とビン。

rakuten:okuwa:1485525:detail


[72]そうめん sidewalk01

「揖保の糸」をお中元や暑中見舞いで頂けると非常に嬉しいですね。あのコシがたまりません。というか欲しい物は自分から贈るべきですね。。


[73]>71 なつかしい Zelda

最近はペットボトルで売ってるもの(水で薄めなくてそのまま飲めるもの)を買って飲むことが多くなりましたね。

昔は薄めて飲む際、スグに飲みたいときは水の比率を間違えてすごく濃くなってしまったり薄くなってしまったりしてありゃりゃってことがよくあったことを思い出しました。


[74]>59 数は少ないですね。 canorps

年賀状に比べると圧倒的に数が少ないですね。

暑中見舞い。

数少ない暑中見舞いを下さる方は、はがきにもとてもこだわっておられて、

いつも届くとうれしく感じるものが多いです。

今年は私も出してみようかな。


[75]>64 年に一度くらいしか sidewalk01

食べない気がしますが、うまいんです。なんで普段から食べないんだろう?


[76]>73 さわやか actro

あのさわやかな包み紙が懐かしいですね。最近は紙パックなんですか。

最近飲んだことないので分かりませんが。。。

なぜか小さい頃から、若干薄めの方が好きでした。


[77]>67 昼まで咲いていた朝顔 iijiman

うちの近所に、朝顔を柵いっぱいに育てているお宅があります。

その朝顔、昨日の昼頃に見たら、ほとんどしなびていなくて、盛大に咲いていました。

あれ?朝顔ってこんな時間まで咲いていたかな?と思いつつも、少し得をしたような気持ちになりました。

[f:id:iijiman:20080708124943j:image:w450]


[78]>42 プレミアムモルツ sidewalk01

なんて貰えたら嬉しいんだろうなと思います。かなり高そうですよね。恩師に贈ってみようかな?


[79]>72 夏のお中元といえば Zelda

やっぱりそうめんですよね。

ゆでた後、氷でぎゅってしめるとよりおいしくなって。

家ではそうめんと一緒にてんぷらをあげて一緒に食べることがよくあります。

夏ならではでいいですよね。


[80]>78 お中元のビールを nandedesune

お中元のときに贈るビールはそれぞれが飲む会社のビールを贈るとちょっと気が効いてていいです。

ご馳走になったりしたときに、その家でどのどこのメーカーのビールを飲んでるかをメモしておくのです。

ビール好きの人って飲むメーカーを決めてる人が多いので、好きなメーカーのビールを贈ると喜ばれますよ。


[81]花火 sidewalk01

夏の花といえば花火だと思います。一瞬しか咲かないけど、こころに響く感じがいいです。誰かと一緒に見に行く確率が最も高い花だと思います。


[82]>54 蓬莱軒 canorps

名古屋は熱田の蓬莱軒(だったかな)

で食べたひつまぶしが人生初のひつまぶしでした。

薬味を乗せてお茶漬け(正確にはだし汁でしたっけ?)

あのだしの味が家庭では出せず。。。。

丑の日にはこんですごいんだろうから時期をずらして食べに行こうか。

いやでも、じきってのが大切なのか。

非常に迷う出不精の私です。


[83]>72 お昼 actro

夏のお昼の定番でしょうか。見た目の涼しげな感じも食べた感じも夏って思いますね。

お中元などで貰うと、結構日持ちもするので便利ですね。


[84]>75 三島のうなぎが美味しい iijiman

静岡県三島市に行くと、うなぎ屋さんがたくさんあります。

三島のうなぎが、とても美味しいのです。

何でも、富士山からの湧水でうなぎを活けておくため、美味しい水を飲んで、うなぎも美味しくなるのだとか。

鰻重の上で、2500円くらいでしょうか。

蒸していない感じで、つまり、関西風です。

有名なので、土用の丑の日には混んでいると思います。

ああ、食べたいなあ、でも三島まで行ってウナギを食べる気力とお金が・・・


[85]>81 花火 canorps

花火を夏の花・・・・考え付きませんでした。

けれどもしっくりきます。

日本の花火は本当に美しい花ですね。


[86]>79 お中元のそうめん nandedesune

夏の暑いときって、あんまり食欲がわかないので、もっぱらお昼はそうめんや冷麦が定番です。

お中元で貰うそうめんや冷麦って付属のたれでいろいろな味が楽しめるのがいいですね。


[87]>85 線香花火 benowa

派手な打ち上げ花火もいいですが、日本の花火と言えば私は線香花火です。

あの綺麗なシュワシュワっと飛び出てくる火花がなんとも言えず好きです。

思わずじっと見つめてしまってしばし夏の暑さを忘れさせてくれます。


[88]>43 分かる気がします sidewalk01

うなぎがなくなってもタレさえあれば、ご飯ペロリといけちゃいますよね。他の料理でも同じタレ使えないのかな?


[89]>82 全国的に choco-latte

有名になりましたね。ひつまぶし。

私も昔 名古屋にいって初めて知り、食べて虜になりました。3通りの食べ方で変化をつけると、飽きもこなくていいですよね。

たまに薬味を入れて、ひつまぶしもどきをおかあさんが作ってくれますが、やっぱり名古屋で食べたひつまぶしの味が忘れられません。


[90]ミニトマトの花 canorps

5月ころに植えたミニトマトが次々と小さな黄色い花をつけて

順に実になり赤く色を変えてきています。

ミニトマトの花が次々と咲いていくのでうれしくて毎日水をやっています。


[91]ビール券やお米券 sidewalk01

が最近のお中元や暑中見舞いでは増えてきてるみたいですね。もらう側にしてみれば嬉しい気もしますが、実物で無いものって少し淋しい気もします。


[92]>86 なんせ早くできるのがいい Kumappus

ゆで時間わずか1分ちょっと、ざるに開けて水で洗ってついでに冷やせば即食べられます。

夜食にもいいですよねー。


[93]>66 実ができる前に白い小さな花が咲きます。 vivisan

なすの花みたいなかたちの花です。

ほおずきってすごいなぁと思うのが、赤い実を包んでいる赤い皮!?が時間を経るにしたがってあみあみ状になるんですよね。

あみあみの中に見える赤い実もまた趣があって好きです。

私は何度やってもタネを取り出す作業中につぶしちゃうんですよね・・。一度でいいから成功したいです。


[94]>74 皆様へ、画像で暑中お見舞い申し上げます iijiman

今年の暑中見舞い、もう作りました。印刷して、あとは出すだけです。

梅雨が明けてから出すものと聞いておりますが、関東地方の梅雨明けは、まだ。

まだ葉書は机の中で眠っています。

イエはてなの皆様には、画像で暑中お見舞いを。

(住所と氏名を削除しただけで、葉書版と同じ絵柄です。)

[f:id:iijiman:20080709154847j:image:w450]


[95]>89 食べたいッ sidewalk01

未だに食べたことが無いですね。名古屋には数度行ってるんですが、手羽先や味噌カツばかり食べてます。次こそは!


[96]>87 日本の actro

夏にはやっぱり花火ですね。

小さい頃は打ち上げ花火が好きでしたが、だんだんと

線香花火のような雰囲気のある花火の方が好きになってきました。

いよいよシーズンですね。


[97]>57 しかし天然物は Kumappus

かみさんが人にごちそうになったことがあるらしいんですが、とても石けん臭くて食べられなかったそうです。

店の人に文句言って取り替えてもらったらしいんですけど、何だかそれも気持ち悪くてあまり食べられず、がっかりだった、と言っていました。

やはり天然なんで何か変なもの食べてる可能性もあるわけですね。

あと、針が残ってるかもしれないから注意、ということもあるみたい。


[98]>86 そうめん大好き! bundall

お中元でよく頂くのですが、それでもすぐに無くなって自分で毎年かなりの量を買って食べています。

そうめんが無ければ夏をどう過ごしていいか分かりません。

めんつゆはたっぶりのカツオで出汁を取った自家製のつゆが常時冷蔵庫に冷やしてあります。

さっと湯がいてさっと冷えたつゆで頂きます。

薬味はネギ生姜の他に時々梅肉和えや白ゴマを使います。ピリカラの時は七味をちょっと。

最高です。


[99]芙蓉(ふよう)の花 iijiman

大家さんの庭で、芙蓉の花が咲きました。

この花は好きです。

今日は2つ咲いていました。

夜になると、少ししぼみます。

眠っているようで可愛らしいです。

暑い日には、この花をぼ?と眺めて過ごしたい・・・ですが、熱中症になりそうだし、蚊にも刺されますね。

夏の屋外の花は、写真を撮ったり眺めたりしている間に、蚊に刺されるのが悩みです。

[f:id:iijiman:20080707141150j:image:w450]


[100]>92 ついつい canorps

お昼にはそうめん。

が続きがちになってしまいますね。

お中元などでいただけばさらに。

子供のころはたまにはいっている色つきのそうめんに夢中でした。

うちではそうめんには卵焼きのほそぎりにきゅうりの千切りが必須です。


[101]>100 そうめん pinkandblue

実は

今日の夕飯はそうめんだったりして・・・

そうめんってたくさん食べられるんですよね。


[102]>97 うなぎ pinkandblue

市場で焼いているのをみても

なんともまぁ、おいしそう

本当にいい匂いですよね


[103]>96 花火 pinkandblue

もう、花火の予定立てています^^

一番の夏のイベントですねぇ?


[104]>101 そうめんに、缶みかんやサクランボなどのフルーツ iijiman

子供の頃、母が茹でてくれる「そうめん」に、時々、みかん缶詰やサクランボ缶詰などのフルーツが載っていました。

奥さんに話したら「何?それ。聞いたことない」だそうです。

「食が細い子供のために、お母さんなりに工夫したんじゃない?」とのこと。

子供の頃は、今の大食いが信じられないほど食べなかったのは確かですが・・・

そうめんにフルーツを載せていたイエは、うちだけでしょうか?

で、検索したら、こんなページが・・・

http://kotonoha.cc/no/156344

何だか×が多い感じですが・・・

見た目に涼しげで、いいと思うのですが・・・


[105]>95 ひつまぶし pinkandblue

本場のあじ?は違いますね^^

夏こそうなぎ

元気が出ます!

やっぱり食べなきゃ、夏が始まらない(笑)


[106]>94 もう pinkandblue

書いてしまいましたよ(笑)

暑中見舞い

梅雨があけていませんが、もう夏気分♪


[107]>88 うなぎがなくても・・・ pinkandblue

この気持ちよくわかります

私もタレだけ購入して

ごはんにかけて食べたりします^^;


[108]>84 たべたいなぁ pinkandblue

国産のおいしいうなぎ

一体、いくらするのでしょう?

養殖や中国産ばかり食べている私には手が出ないかも?


[109]>80 ビール pinkandblue

を、よく貰います

プレミアムモルツとか嬉しいですねぇ。

と、いう私は飲まないのですが、ただ、名前がゴージャスなのと

箱や見た目がゴージャスなので、好きなんです(笑)

結局は誰かにあげてしまいますが・・・。


[110]>77 きれいです^^ pinkandblue

朝顔

そういえば、学校で苗をもらって、育てていたような・・・

きれいに咲いた頃におうちに持って帰ってきていました


[111]>76 最近は・・・ pinkandblue

お中元専用の味とか出てきてますよね

あれがほしくって、カルピスが届くとちょっと嬉しかったり♪


[112]>111 カルピスは haruyo_koi

初恋の味♪

ほんのり薄めにつくるのが好きですね。

レモンをちょっと絞って、さらにさわやかに。


[113]>58 うなぎ haruyo_koi

おいしいですよね

香ばしくって、なんとも食欲をそそります

卯の花も久しく食べていないですね。

うめぼしも夏をのりきるアイテムですね


[114]>108 うなぎは絶滅しないんだろうか? Kumappus

養殖も、卵からはまだできなくて、どこかから取ってきた稚魚を育てているわけで、もし稚魚が獲れなくなったらうなぎ自体も幻の魚になってしまう。

これだけ温暖化などの影響で魚がいなくなってたりすると、うなぎも心配ですね。


[115]>52 ひまわり haruyo_koi

みにひまわりのタネというのを貰ってきました

コンビニにおいてあったのです

それを育てているのですが

まだなーーんにもでてきません(笑)


[116]サルスベリ nofrills

開花まであと1ヶ月ほどありますが、サルスベリ。

寄って見ると、ひとつひとつの花は、花火のような形をしています。

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Sarusuberi.h...


よく通る道にあった民家に、紅と白と1本ずつ植えられていて、

よく晴れた日の青空をバックにすると華やかだったのですが、

その民家が取り壊されたときにサルスベリの木も一緒になくなってしまいました。残念です。


[117]>61 みずようかん haruyo_koi

わたしもそっちより、プリンに目がいっていました

けれど、あのプリンは硬くってあんまり好きじゃなかったり・・・。


[118]>62 クローバー haruyo_koi

みつけるのが大変だけど

あの四つ葉をみつけた瞬間

未来がひらけたような錯覚に陥ります(笑)


[119]>70 いちめん haruyo_koi

ひまわりのひまわり畑

一度みてみたいです

テレビのドラマノシーンなどでみたことあるのですが・・・


[120]>90 ミニトマト haruyo_koi

うちのにわにもいっぱいあります

かわいい粒ができているのをみると

嬉しくなってくるんですよね

ただ、味は・・・・。


[121]>119 ひまわり wacm

1997年のNHK「ひまわり」ですか?!

あのオープニングはよかったですね。


[122]>91haruyo_koi

これが一番無難かも・・・。

便利だし、いろんなものに使えるし・・・。


[123]>106 かもめーるいいですね wacm

小学校時代の恩師に書きました。


[124]>93 ほおずき haruyo_koi

あれ、そーっとたねをとりだすんですよね

うちのおばさんも上手かったです

私はどうやってもできなかった・・・。

あみあみになる、という状態もよくわかります^^

あれはあれで、また風情があっていいですよね


[125]>102 天然 haruyo_koi

なかなかお店に出回っていないそうです

あぶらがのっていておいしいのは養殖だという話も。

実際にお店で食べ比べをしたことがありますが

あまり味の差がわかりませんでした・・・。


[126]>118 四つ葉のクローバー wacm

小学生の頃、兄弟とよく探しました。

ときどき、5つ葉を見つけたのですが。。


[127]>99 芙蓉か槿か・・・ nofrills

夏らしい花ですよね。私も好きな花です。

でも、芙蓉か槿か、区別がつきません。(葉の形で見分けるのがよいそうですが。)

花が似ているので、立葵もごっちゃになっています。

自分には「観察」の力というか、注意力があんまりないのかなあ、と思います。

蚊の問題がなければ、もうちょっとじっくり見ることができるかも……。


[128]>117 みずようかん wacm

水ようかん好きだった祖父の影響を受けてしまいました。

年齢を重ねれば、良さが分かってきた気がしました。


[129]>114 うなぎ wacm

天然物のウナギを召す機会があったのですが、

川くさかったですが、さっぱりしていてとてもおいしかったです。


[130]>112 カルピスいいですね wacm

花火を見ながら飲んでた頃が懐かしいです。

最近だと、プレミアム・カルピスなんて出ましたよね。


[131]>125 天然うなぎ wacm

天然物を食べたことがあるものですが、

養殖に慣れてしまった方だと、肉の味がしなくて驚くと思います。

安くても安全ならいいんですけどね。


[132]>115 ヒマワリ茶飲んだことあります! wacm

初めて飲んだのですが、私にはムリでした。

やはり、紅茶や緑茶の方が。。


[133]>110 アサガオの写真 wacm

とてもキレイです。ありがとうございます。

種ができるとき、枯れてしまって悲しい思い出があります。


[134]>131 そうなんですか・・・ to-ching

肉の味がしない・・・想像できません、よっぽど、養殖や中国産のうなぎに毒されているのでしょう。


[135]>132 ひまわりのタネのお菓子 sayonarasankaku

ひまわりのタネのお菓子、美味しいです。

「じゃり豆」っていう名前でした。

今見たら、スイカとかぼちゃの種も入っているらしいです。(笑)


[136]>49 そういえば見てません to-ching

何年も!本当は近くにあるのだけれど、朝寝坊だから気が着かないのかな?夏の日本代表の花ですね。


[137]>124 今日から to-ching

浅草のほうずき市ですよ!江戸は風情があっていいなぁ・・・


[138]お中元にため息 to-ching

お歳暮もですが、まだお世話になっている人に送っています。自分が食べたい(または食べて見たい)飲みたい物を送る・・・。なんとも空しいです。日本独特の習慣ですが、私は良いことなのか、またそうでは無いのかわかりません。


[139]別な意味の暑中見舞い to-ching

大学で前期のテストの結果が悪いと親に「あなたのご子息の前期のテストの成績が悪く。このままでは、進級が危ぶまれます・・・云々」との文面の手紙がきました。それを私達は「暑中見舞い」と呼んでいました、そりゃ、親は血相を変えて怒ったものでした。暑中見舞いというと、こっちを連想してしまうのは何通も受け取ったと言う事でしょう。


[140]お中元には瓶のカルピスを kin1974

お中元には瓶のカルピスをよく頂いていました。夏にはやっぱり冷えたカルピスがよく合います。子供の頃、水で薄めて飲んだてのを思い出します。私は濃いめにするのが好きでした。


[141]>133 もう無いのでしょう? to-ching

小学生の朝顔観察日記てなものは・・・。核家族の場合移動時(旅行)に朝顔と一緒に移動居ていた正直者が居ましたね。(留守番のおじいちゃん、おばぁちゃんなんて居ないから、どうしても持って移動、可愛そう)


[142]>137 ほうずき kin1974

夏の風物詩ですね。子供の頃、ほうずきで遊んだことを思い出しました。自然の物で遊んでそこから学んでいく時代でした。今はどうなんでしょうか。


[143]>130 カルピスは to-ching

ヤッパリ「白」だな?オレンジなんか出たけれどやっぱり「白」ですね。


[144]>141 あさがお tibitora

小学生のときは夏休みに観察日記をつけていました。

甥っ子も去年初めての観察日記(記録)を書いていました^^

種が何粒とれたか数える為に瓶に大事にしまっていました、今年も甥っ子は多分観察日記を書くんだろうなと思います^^


[145]>135 ひまわりのタネ kin1974

ひまわりのタネといえばハムスターを思い出すんですが、お菓子としてもおいしそうですね。私は食べたことがありませんので今度試してみたいと思います。


[146]>122 ビール券は to-ching

コンビニでも使えるし、他のメーカーのビールも大丈夫、これは戴いて嬉しいです。


[147]>134 肉の味がしない tibitora

天然のうなぎは肉の味がしないのですか?

養殖のものしか食べたことが無いので天然のうなぎ食べてみたいです。

近くの川にはいるみたいなんですが・・・釣れたらそれも天然うなぎになるのでしょうか(^^;あんまり綺麗な川ではないのですが・・・。


[148]>129 うなぎの稚魚 to-ching

物凄く高く取引されてますものね、ヤッパリ天然ものは高いはず。


[149]>142 食用ほおずきってのがあるらしいんですけど Kumappus

http://www.geocities.jp/switch_naochannel/physalis.htm

http://www.acorn-0.com/hozuki_story.html

どんな味なんだろう?

サイトみると「プチトマト」って書いてあるし、確かにナス科ならそうかもしれないなあ。


[150]>105 ちゃかしてすみません to-ching

「ひつまぶし」を何時も「ひまつぶし」と読んでしまうのは私だけ?


[151]>143 お中元専用の味 tibitora

カルピス、お中元専用の味があるんですね、知りませんでした。何味があるのでしょうか?

子供のころは白しか知りませんでした、他の物もあったのかも知れないのですが、親が白がすきだったみたいです(笑)


[152]商品券。 dankichik

TVで「何をもらうのが一番うれしいか?」というアンケートをやっていて、一位はやっぱり(?)商品券でした。好きなように使える、というのは確かにありがたいですね。


[153]>148 信用できるところのうなぎ tibitora

が食べたいですね。国産でも輸入でも体に害のある添加物を使っていないものが良いです。

本当に、温暖化で少なくなる魚もいるそうなのでうなぎもどうなのかなと思います。


[154]>150 ひつまぶしはヒット kafuka01

名古屋の味覚は味噌カツや天むすきしめん、コーヒーにあんことあんまり好きじゃないんですが、ひつまぶしに関してはヒットです。

うなぎが嫌いと言う人も細かく切った混ぜご飯の具の一つだと思えば食べられそうですし。


[155]>121 ひまわりとせいくらべ tibitora

去年の夏休み、甥っ子はひまわりと背比べをしていました。ぐんぐん伸びるひまわりの傍に行って「ぼくのほうがたかいー」と・・・でもひまわりにちょっと負けたときも「ぼくのほうがたかいよっ」といっていました(笑)

負けるのは嫌みたいです(^^;


[156]>153 バイト先のうなぎ kafuka01

昔のバイト先で出してたうな重はおいしかったです。

炭焼きで余計な脂を落としてたので、くどくなかったし、

そこでうなぎの骨からとった出汁から作ったタレもおいしかったです。


[157]>146 本音を言うとAmazonギフト券やiTunesギフト券でも嬉しいのですが。 iijiman

いただく立場になれるならば、私はAmazonギフト券やiTunesギフト券でも嬉しいです。

しかし、贈る立場としては、相手が「それを使える環境にある人」でないとダメなので、今のところ該当無しです。

これらのギフトって、実物どころか券さえない訳ですが(iTunesギフト券に至っては、交換後もバイナリデータ!)、これからは案外喜ばれるのではないでしょうか。

資源の節約(梱包も運送もない)にもなると思うのですが。


[158]>155 映画 kafuka01

ひまわりといえばソフィアローレンを思い出すのは自分だけではないはず。

ひまわりという有名なフランス映画がありましたよね。


[159]>138 自分の家用にも同じものを買っちゃうことも Kumappus

おいしそうなものを選んで詰めてもらって贈ってるので、全部じゃないけど、いくつか自分の家用に買って帰ることがあります。

今のところ「あ、これはハズしたなー」ってのには当たってないのでよかったんですが(w


[160]>113 うの付く食べ物 tibitora

「うずらの卵」「ういろう」「うどん」・・・うの付くもの、いろいろ考えてしまいました。「うに」も思いついたのですが苦手なので思いつかなかったことに(^^;

うどんもお豆腐もさっぱりしていて夏に良いですよね。

私も元気に夏を乗り切りたいです。


[161]>147 子供の頃に食べた天然うなぎ kafuka01

自分も子供の頃に食べたうなぎが癖がすごくて嫌いでした。

大人になってから食べたうなぎってそんなに癖も少なくおいしかったんですが、

子供の頃に食べたのは天然のうなぎだったんじゃないかな。


[162]>144 綺麗ですね。 kafuka01

iijimanさんの投稿したアサガオの画像はすごく綺麗ですね。

アサガオは他の花に比べて軽く扱われるような気がしますが、アサガオも捨てたもんじゃないです。


[163]>107 豆腐とかを焼いてかけるとおいしそうです tibitora

たれのかかったご飯、おいしいですよね。

固めのもめん豆腐を焦げ目が付くくらいに焼いてうなぎのたれをかけるとおいしそうだなと思いました^^

今度作ってみたいです。


[164]>120 写真を載せておきます>ミニトマトの花 iijiman

ミニトマト、うちの大家さんが育てています。

今日も花が咲いていました。もう実もどんどん成って、熟しています。

花だけでなく実も可愛らしくて綺麗ですね。

日当たりの良いところで作っているものは、濃厚な味がして美味しいです。

[f:id:iijiman:20080709164219j:image:w450]


[165]>126 しおり kafuka01

大人になってから本をめくってたら、子供の頃に見つけた四つ葉のクローバーが

ティッシュを2つ折にして挟んであるのを見つけたことがあります。

本に挟んでおいたのを忘れてたんですね。


[166]>103 花火 tibitora

花火、おおきな打ち上げ花火も庭先でする小さな花火も好きです^^

甥っ子も花火大好きでよくしたがるので実家に帰ったときまた一緒にしようと思います。

今年もまだ置型花火・・・筒を地面に立ててシュッパアーーッ!!と花火が上がるタイプをやりたがっているのですが、まだ危ないのでしないと思います(^^;


[167]>109 缶ビール kafuka01

最近はメタボが気になるので、昔のようにはビールを飲みませんが、

ビールのお中元はうれしいですね。

普段飲まない銘柄のビールでもたまに飲んでみるとおいしかったりしますよ。


[168]百合の花 iijiman

また大家さんの庭ネタですが、百合が咲きました。

大輪で、はっとします。

切り花と違って、花粉を付けたままの姿は、ワイルドな印象さえ漂わせています。

[f:id:iijiman:20080709164026j:image:w450]

あと、少し離れたところにあるお宅でも、ちょっと種類の違う百合を育てていまして、こちらも綺麗です。

花粉はとってしまったのかもしれません。

[f:id:iijiman:20080702161446j:image:w450]

百合の花は好きです。


[169]>104 紫色したそうめん kafuka01

以前いただいたちょっと紫色のそうめんがおいしかったです。

名前はちょっと忘れたんですが、材料とかが違うのかな。


[170]>169 やさしいお母さまですね^^ tibitora

iijimanさんのお母さま、子供の喜ぶものを乗せてちょっとでも食欲を出してもらおうとされていたのだなと思います^^

私のうちではそうめんにフルーツは乗りませんでした・・・乗せたら多分甥っ子は大喜びでフルーツを真っ先に食べそうです(笑)

検索ページ、ダメがおおいですね(^^;

私はちょっとだけ乗せるのならいいかなと思います。


[171]土曜日のうなぎの日と思っていました tibitora

「土用の丑の日」、子供のころ「どようにうなぎを食べるんだよ」と聞いて、『土曜日にうなぎを食べる』とばかり思っていました(^^;そして「うしはなんだろう?」と・・・牛とかいろいろ考えてました(笑)


[172]>154 3度おいしい akilanoikinuki

一つの料理で、三度も楽しめるなんて、日本人の工夫の心には参ってしまいます。

ちなみに私も、ひまつぶしと読んでしまう事があります。


[173]夾竹桃 akilanoikinuki

広島では、夏の花と言えば夾竹桃です。

平和の祈りをこめた歌があり、小学生の頃、夏になるとよく歌っていたのですが、その始まりにも「夏に咲く花 夾竹桃 戦争終えたその日から・・・」とあります。

白とピンクが一般的ですが、オレンジがかったものや、ほとんど赤と言っても良いくらいの濃い色のもあり、とても美しいです。

平和公園の近くに、たくさん生えています。


[174]ブーゲンビリア iijiman

なぜかうちの近所では、ブーゲンビリアを栽培するのが流行っています。

温暖な土地なので、気候に合っているのかもしれません。

今、どのお宅でも盛大に花が咲いています。

ブーゲンビリアを育てているイエを廻って散歩をしていくと、ちょっとした距離になって、良い運動になります。

[f:id:iijiman:20080702161054j:image:w450]

[f:id:iijiman:20080702161204j:image:w450]


[175]お中元、配達してました atomatom

高校生のときにバイトでお中元配達してました。自転車で。

あれはフルコミッション制で、つまり配達した個数がそのまま給料に換算されるのです。たしか1個が60円だったかな。20年以上前の話ですけど。

それで配るものが瓶ビールのケースだろうと、カルピスの詰め合わせだろうと、商品券、ギフト券みたいに軽いものだろうと、ぜーんぶ1個が60円なんです。世の中の人、もっと商品券を贈ろうよ、って願っていたなあ。

お医者さんの家にはさすがにお中元多くって、いっぺんに何個も配達できるので能率的だったことも思い出しました。


[176]>167 会社に来るお中元 atomatom

会社に来るお中元はなんといってもダントツにビールが多いです。お盆休みの前に従業員にビールを分配してくれるんですけど、中には「重いからいらない」という奇特な方もいらっしゃって、その分、分け前が増えるぼくらはありがたがっています。


[177]>164 50円で買ってきた苗 atomatom

うちのプチトマトも50円で買ってきた割には頑張ってますよ! 家内と2人で毎朝2、3個ずつは食べられてますもの。黄色い花が咲くたびに、よしよし、とほくそえんでしまいます。味は確かに市販のものよりも皮が分厚い分、ちょっと劣ってるのかなあ。でも、自分ちのプチトマト、毎朝、もぎたてを食べられるんだから、なんの文句もないです、はい。


[178]>83 日持ちの定番 Elliee

乾麺は日持ちしていいですよね。

特にそうめんは保存状態がよければ2?3年ねかせたもののほうがおいしいです。

※油分が全体に回る、らしいです。


このところの賞味期限偽装問題などでそうめんの賞味期限は短めに設定して

あるそうなので日陰の風通しのよい場所がある方はトライしてみられたら

いかがでしょうか?

(いまは古いそうめんは市場で見かけなくなりましたので・・・)

http://sankei.jp.msn.com/economy/business/080610/biz080610142300...


[179]>176 お中元の代名詞・ビール wacm

かつては多くいただいていたものですが、

最近は送ることも頂くこともなくなりました。

暑い夏はやっぱり、ビールが一番。


[180]>127 芙蓉は w83

虫がつき易いのが難点。ただ剪定なんかは時期を選ばず、割合育てやすい植物ですね


[181]>170 緑色のそうめん! toukadatteba

を昔食べたのですが、おいしかった。あれはなんだったのかなぁ??

それにしても夏のそうめんはいいですよね。大好きです。


[182]>162 そだてています^^ toukadatteba

青い綺麗な花がさく朝顔です。毎年育てております。美しいですよね。朝顔につるべとられてもらいみず、なんちて。


[183]嬉しかったサイダーのお中元 w83

小学生のとき、一度お中元でサイダー1ダースもらったことがあります。我が家は基本的にジュースを飲むより牛乳を飲め、という方針でしたので、外出時以外はあまりジュースは飲めませんでした。だからそのときサイダー1ダースは凄く嬉しい飲み物でした。

でもサイダーのお中元をもらえたのはそのときだけでした。なぜか翌年以降はビールばかりになり、楽しみがなくなってしまいました。サイダーをくれた方はどうしたのでしょう?


[184]梅干を干す w83

毎年母はその年に漬けた梅を土用の日に干します。ただ数日間干さなければならないので、雨に注意しなければなりません。コンテナの台にざる?を置いて干します。梅を干さなくても別にいいですが、干すことによってすっぱさがまろやかになり、美味しくなります


[185]>179 自分では juic

お中元など貰わないですが、実家ではよくビールを貰います。それを分けてもらうので重宝してます。


[186]>149 お盆のころにホオズキを売っているのは w83

仏様のためじゃないのですか?お墓に備えるように。


[187]>161 近くの川で天然ものをゲット!! w83

というのはどうでしょう。昨年私は挑戦しましたが、失敗しました。竹の竿に糸を巻き、棒の先端にエサがくるようにします。その竹の棒を穴にさしこんで食いつくのをまつのです。エサはアユがいいそうです。またカニがいる穴にはウナギはいないそうです


[188]>151 カルピスは今紙パックなのですか w83

数年前もらったときはまだ瓶だったですが、最近変わったのですね。カルピスは薄めて飲んでも美味しいですが、かき氷にかけても美味しいですよ


[189]>171 だいじょうぶ Fuel

私もかなり大きくなるまで、土曜の牛の日だと思っていました。土曜日に牛丼を食べに連れてってよといって、親に笑われたことがありました。

もっとすごいのでは、ウナギのことを大まじめでウサギと言っていたやつもいました。耳の長いウサギとの違いはわかっていたようですが、さすがにゆうべウサギ食ったぜと言われた時には、みんな引きまくっていました(笑)。


[190]>160 こちらが元祖なんですね Fuel

ウナギは大好きなのですが、やはりあれも生き物ですから、もしウナギに知性があったなら、日本中でウナギが大量に食べられまくる丑の日は、ウナギにとっては大量殺戮の恐怖の日と映ると思うんです。どうもそれを考えると、いまいち心が痛んでしまって、おいしさを楽しむ余裕がなくなってしまいます。

うが付けば何でもいいのなら、今年からそっちでいってみたいと思います。まずウリ科の植物がいいですね。キュウリとか。梅干しも足して巻き寿司の梅しそキュウリ巻きにでもしたら、夏らしいご馳走になります。

スプラウトもうが付くので、スプラウト全般も愛用したいです。これも体にいいですね。

飲み物は真っ昼間からウイスキーでいいですか。だめですか。ではウーロン茶でがまんします(笑)。


[191]>184 そうそう! atomatom

土用干しといいますね。ぼくは梅干はまだ漬けた経験がないのですが、土用あたりの晴天が続きそうな日を選んで塩漬けにしている梅をいったん干すという作業のことは知っています。

ぼくが梅干に踏み切れない理由はなんとなくカビが怖いんですよね。

ぼくは梅干のもう一段階、初心者用、梅の醤油漬けをここ2年実行しています。

やり方はとても簡単。

ヘタを串の先で取った梅をタッパーか清潔なビンに入れ、ひたひたの醤油に漬け込んで2ヶ月置くだけ。

醤油には梅の風味が移って冷奴や刺身にバツグンの相性。

梅の方はそのまま酒のつまみや、青魚を煮るときのショウガの代用に。

お試しあれ。


[192]>46 楽しそうですね Fuel

相手方の健康を気遣い、これで夏を乗り切ってくださいと手みやげを携えて直接ご挨拶にうかがう。これぞ日本の伝統的な暑中見舞いのあり方ですね。

季節の挨拶を手紙にして届けるのも現代生活にマッチした方法だと思いますが、パーティー形式にすることで一軒一軒訪問する手間を省き、そして大いに楽しんでしまおうというアイデアも、現代生活にマッチした暑中見舞いの新しい形として、とても注目できると思います。このやり方が流行ったら、ちょっと日本の夏が変わるかもしれませんね。


[193]>152 何にでも使えるのはありがたいですが Fuel

贈り物というのは、送られてきた物によって、選んでくれた人の心が伝わってくるのが一番うれしいわけですから、それが感じられにくい商品券は、ちょっと味気ないなぁと思います。

それに商品券にするなら現金書留の方が…(笑)。最近はめったに現金書留って見なくなりましたから、けっこうインパクトあると思います。


[194]>156 やっぱりウナギ Spaceshuttle

国産天然物は無理でも養殖ならなんとか・・・この時期一度は味わいたいものです。


[195]>182 うちでも・・・ Spaceshuttle

毎年植えています。そろそろ花を咲かせてくれるはずですが、まだです。楽しみ。


[196]石けん。 Spaceshuttle

お中元お歳暮の定番商品です。たまに香りのいい高級品を頂くとうれしいです。実用的かつ腐る心配もないので、贈答品のなかでは最強かも?


[197]>145 へぇぇ Fuel

何でもお茶になってしまうんですね。ヒマワリの種は私も食べたことがあります。なかなかおいしかった記憶があります。だから煎ってお茶にしても、けっこういけるかなって感じがしますね。

なお野草茶など全般に言えることですが、ストレートではイマイチと思う味でも、他のお茶とブレンドすると、1+1が3にも5にもなるようなおいしさになることがありますから、色々な組み合わせを実験して楽しんでみるのもいいのではないかと思います。


[198]>123 以前は出していました。 sayonarasankaku

学生の頃、暑中お見舞いを一生懸命書いたものの、時期的に残暑お見舞いの時期になっていたりしました。

このごろは出さないし、来なくなりましたね。


[199]>124 確かに鳴らせなかったです some1

祖母が鳴らしてくれたけど、今からすると、どうって音でもないんですけど、

電子機器で囲まれている現代っ子相手だと正に「だから何?」って感じだろうなぁ・・・

逆に実が綺麗だった印象の方がやっぱりつよいです。


[200]>186 そうですよ melon10

その通りです。


[201]夏のエディブルフラワーを氷中花に Fuel

夏のエディブルフラワー、食べられる花としては、トロロアオイの花などがあげられると思います。花がオクラに似ていることから花オクラとも呼ばれるこの花は、天ぷら、湯がいて三倍酢などのほか、生のままでも食べられますからサラダの彩りにも最適ですが、一日でしぼんでしまうはかない花ですので、お店で売っていることはほとんどありません。自宅で育てている人だけのお楽しみです。

この花が咲いたら、一緒に大葉なども数枚摘んできて、台所のバットを製氷皿代わりにして、水に沈めて凍らせます。花の色と緑が鮮やかな氷中花ができあがります。その氷の上に刺身などを盛りつけて食べると涼味満点。冷や酒をグイッとやりながらこんな器で食べる肴は最高です。氷が溶けたら、出てきた花や大葉はもちろん食べられます。

最近はエディブルフラワーとして多数の花が食品売り場で売られています。何の花かわからないと若干季節感は薄らぎますが、大葉をあしらうことで夏らしさが表現できると思いますので、トロロアオイがない人も、ぜひこんな氷中花を試してみてください。とても涼しげな食卓が楽しめると思います。


[202]>196 石鹸ですか。 taknt

もしもらうとしたら、液体の石鹸がいいですね。

しかも泡になるタイプのが 洗いやすくていいです。


[203]>174 ブーゲンビリア staples54

花つきが良くて綺麗ですよね?! シックな、見たことのない深い真紅のブーゲンビリアが咲いているのをみてから自分でも育ててみたいと思うようになりました。でも店先でお目にかかることがありません。一部をドライフラワーにして楽しみたいです♪


[204]釣りしのぶ sayonarasankaku

これも花ではないのですが、植物つながりということで、

夏になると釣りしのぶが涼しげです。


風鈴にさげた、形づくられたシダです。

帆掛け船や灯篭の形の昔ながらのものから、最近は随分、モダンなものまであるようですよ。

http://allabout.co.jp/family/seasonalevent/closeup/CU20070807A/


[205]>204 あ! eiyan

そんなんありですの?

朝顔の吊りはあるけど色んな吊りがあるのですね。

参考になりました。


[206]>201 聞いてます eiyan

花でも何でも水中花にして氷柱を作り涼しさを呼ぶ方法はこれから夏本番には良いですね。

水中花いや氷柱花皿には良いアイデアですね。

早速試させて頂きますかね。


[207]麦茶 kobukuro1

私は緑茶、ウーロン茶が好きなんですが、なぜか夏になると麦茶にこだわってしまう。何でだろうか?


[208]>11 植え放し eiyan

球根は一度植えたら植えっ放しです。

忘れていたのに芽が出て来ます。

忘れていたものですから、これ?何だろ?って感じですね。

何かチッチャイ赤い花が咲いているのですが、これってミニグラジオラスかな?って感じ。

今年も忘れず咲いてます。

ミニは何でも可愛いですね。


[209]>139 暑中見舞い eiyan

そんな意味のがあるのですね。

大変ですね。

それはそうと”暑中見舞い”はいつから時期なのでしょうか?

分かりますか?


[210]>207 麦茶 eiyan

麦茶は麦茶独特の香りがありますね。

その香りは暑さしのぎに良いのですね。

喉越しと香りがマッチしますね。

アッサリ感が良いのですね。


[211]>16 強い eiyan

強い感じですね。

一度植えれば毎年咲くので重宝です。

忘れた頃に咲くので良いですね。

真っ赤な花色も夏らしくて良いのですよ。


[212]>116eiyan

どんな花でも良いですね。

夏に咲く花は意気盛ん。

今度は鉢植えで咲かせてみたいものですね。


[213]>194 一度は食べたい! nakki1342

以前にも書いたのですがうなぎを食べた事がありません

親があまり好きではないもので・・。

でも興味はあるんですよね、自分は。

養殖ものでもいいので

信頼できる手の込んだ

ものを食べて判断してみたいですがねえ・・


[214]夏休み tehi

サルビアの花を学校からもって帰って育てる宿題がありました。鉢をスーパーの袋に入れてもち帰ったけど重いから袋の取っ手が腕に食い込んで痛かった思い出があります。


[215]数字のつく花 staples54

夏には数字のつく花がたくさん出回ります。共通して花の期間が長いという特徴があるそうです。

千日草・・・枯れても色鮮やか。ドライフラワーとしてもよく見かけます。

百日草・・・これもドライフラワーにしたものがとてもきれいでした。

日々草・・・花つきがよくて色も豊富。切花としても◎

園芸店で見かけた際は数字の有無もチェックしてみてください^^


[216]>202 石鹸。 atomatom

うち、石鹸というのは実家からもらってくるもの、という頭があります。

どういうわけだかぼくの実家も家内の実家も、石鹸を大量に備蓄しているのです。頂き物なんでしょうけど。

だから実家によると必ず1つか2つは石鹸を持って帰ることが続いていて、こないだ、本当に久しぶりに石鹸を切らして、100均で買わざるを得なくなったときには、なんだかずいぶん損をした気になりましたよ。


[217]>157 ギフト券アリでしょう atomatom

券さえないギフトもいただく方にしたら十分にありがたいですよ。

ちょっと話が変わるんですけど、電話というものが発明されたときも、電話だけでの挨拶やお礼の言葉に抵抗を覚える人はいたと思うんです。ちゃんとお目にかかってお礼を言ったり、それができないときはせめてお礼状を書く、と。

ところが現在ではメールやファクスでお礼を済ませる方が優勢で、電話だと「わざわざ」電話もらった、と贈った方が恐縮するくらいですものね。

券さえないギフト券、これからどんどん一般的になるのでしょう。


[218]本好きの土用の行事は本の虫干し(プラス土用餅でティータイム) TomCat

「土用干し」というと、梅干し作りの作業の一貫としてのものが有名ですが、ほかにも衣類に風を通したり、寺社の宝蔵庫の宝物を陰干しすることも、昔からの土用の歳時として伝えられてきました。いわゆる「虫干し」の一環ですね。

日本は森と水に恵まれた国ですが、言い換えればそれは湿度が高いということですから、梅雨明けの晴天が続く頃に行うものを「土用干し」、10月頃に行うものを「秋干し」、11?12月頃に行うものを「寒干し」と呼び、年間を通じてこうした虫干しを行ってきました。

さて、わが家では夏の土用を書物に感謝する歳事と位置づけ、特に本の虫干しを行います。一般に土用干しは三日三晩と言われますが、書物の場合は晴天が続き湿度が下がると思われる休日を選び、10時?15時くらいの日の高い時間に限って、基本的に室内で陰干しにします。

窓や扉を二ヶ所以上開けて部屋に風を通し、書棚から本を出してズラリと並べます。といっても全ての本はとても並べ切れませんから、まあ言ってみればこれは儀式ということで、特に貴重な本や年代を経ている本などを中心に並べていきます。

作業が終わったら、ズラリ並んだ本に囲まれながら、土用のスペシャルティータイム。お茶をすすりながら「土用餅」をいただきます。これがなかなかの至福の時間。何のことはない、ただのあんころ餅ですが、好きな本に囲まれながらのお茶の時間は最高です。

ちなみに「土用餅」の習慣は、古く公家の間に伝わっていた歳事に由来します。昔は餅粉を練った物を味噌仕立ての汁の中に入れるなどして食したようですが、江戸中期頃から餅を小豆餡で包んだものに変わったと言われています。夏の無病息災を願う食べ物です。おそらく土用と言えば丑の日、丑の方角と言えば守護神は玄武、玄武と言えば黒、ということで、古くから神前への供え物とされてきた餅を、黒っぽい餡で包んだのでしょう。

ま、難しいことは何でもいいんです。とにかく、作業が終わればあんころ餅が待っている、それを励みに体を動かすという、そういうスケジュールがいいんです。本も数が多くなると、力仕事ではないにしてもそれなりに時間が掛かりますから、こんなお楽しみも必要です。

部屋や書物に爽やかな風を通しつつ、まったりとあんころ餅で過ごす夏の一日。とても癒されるひとときでもあります。そこまでするほど本がないという方も、お気に入りの本を数冊選んで土用の風を通し、書物に対する感謝のイベントとしてみてはどうでしょう。きっと、もっと本が好きになるに違いありません。


[219]ひまわり hiro_kun

ひまわりをデッカく育てて、花が散ったあとは種の中身を食べてみる。ところでひまわりって夏の花で合ってるのかな?


[220]>146 ビール券 hiro_kun

が届くと嬉しい。夏はやっぱりビールでしょう(・`ェ´・)b♪


[221]うなぎ、穴子、柳川丼 hiro_kun

「土用の丑の日」といえばやはりうなぎしかない。穴子とうなぎの違いは脂肪分が多いか少ないかぐらいで、大して変わらないのだそうだ。(日本テレビ「所さんの目がテン」より)

似たような形、味ということでドジョウ、つまり柳川丼と書いてみたが、子供の頃とってきたドジョウで作って食べたものは、ドジョウの卵とじだった。母方の実家で食べたが非常に旨かった。思えば本格的な柳川丼って食べたこと無い、いつの日か腹いっぱい食べてみたいなぁ……。


[222]>128 すっごいわかります! teionsinonome

出来ればプリンだけが良かったっていうのも、プリンが硬いっていうのも、頷きすぎてムチウチ寸前ですよ!!!

缶詰みたいな入れ物でゴミが困るのと、カラメルが水っぽいのもお中元プリンの大事な要素かと思います

言ってしまえばプリンとしては邪道なんだけどでもおいしいんですよね?


[223]暑中見舞い。 an_shoku_panman

昔、昔、小学生だったころ、暑中見舞いを半強制的に

書かされました。

あれはどうしてなのでしょうか?

いま、自分の子供がおじいちゃんおばあちゃん宛に

強制的に書かされているのですが、ウチの場合遠く

に離れていたので良い機会なのですが、自分が子供

の頃に書いたのは同級生宛でした。

夏休みも一緒に遊ぶのに。。。と思いつつ書いてい

ました。

同じ公務員として郵政省と組んでいるのかと

思ってしまいました。


[224]>217 頂くのなら to-ching

軽いもの、つまり商品券、ビール券、図書券等が嬉しいです。


[225]>219 映画「ひまわり」 to-ching

http://www.bekkoame.ne.jp/~k-kara/ht/movie/sunflower.htm 戦争によって引き裂かれた愛を描いたものでした、ソフィアローレンが先日来日していましたが、ヤッパリ高慢ちきな女でした・・・。

もう70なんですね?


[226]>224 商品券 kin1974

商品券などでお中元を頂くとやはりうれしいですね。自分で好きの物も選べますし、好きなときに買えるので一番いい贈り物だと言えますね。


[227]>190 「う」のつく食べ物 to-ching

「うに」「うのはな」特殊かもしれませんが「うさぎ」でしょうか?


[228]>216 石鹸 kin1974

石鹸は贈り物の定番ですね。石鹸を頂いたときは箱の外からでも香りがするのですぐわかりますね。香りのいい贈り物なので私は好きです。


[229]>210 どうして to-ching

あまり冬に飲まないのでしょうかね?考えてみれば不思議、発汗と関係あるのでしょうか?


[230]>228 ボディーソープよりも to-ching

泡切れが速くて気持ちいいですね、最近は石鹸党になってしまいました。香りも良いですし。


[231]>193 現金書留・嬉しい! to-ching

正直書きます、これが一番嬉しいのですが・・・そうは行かないのがこの世の中ですね?


[232]庭の花をお墓に供えるために dayday

実家のある田舎では、お盆にお墓にお供えするお花、毎日の仏壇へのお花は庭の花が多いです。

スカシユリ、グラジオラス、アスター、百日草、切花にちょうどいい花を育てています。

その花を、母が花バサミで切って仏壇に供えます。

もちろん、お墓にも庭の花を持参して、あまり買って持参する事はないです。


お墓や、仏壇へお供えするために春先に種をまいたり、毎年あまり手入れもしないのに咲いてくれる花々もあります。

生前見ていた花をお墓の供えるのは、亡くなった人に、『今年も庭の花がこんなに咲きましたよ、見て下さいね』と伝える気持ちがあるからだと思います。


今年のお盆にも実家で、庭先の花を持ってお墓参りに行く予定です。


[233]夏の花・ダリア to-ching

近頃全然流行りませんね、子供のころは植えているひとが沢山いました。確かに、野暮ったいかな?http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Daria.html


[234]>218 絵本の整理 asukab

いつかしっかり絵本の整理をしたいと思っていたので、これはいい機会かもしれません。あんころ餅は、もち米を柔らかく二度つきして粒餡や漉し餡で包むとあったので、これは先日炊いた小豆でできそうです。しかし……この日は、仕事が入っていて、どうも時間がなさそう……。あんころ餅といただくお茶の時間が、非常に羨ましいです。

あんころ餅は、食べると暑気あたりしないとのことですね。江戸初期の儒医、黒川道祐(1623?91年)による「日次紀事(ひなみきじ)」の中に「赤小豆餅を食らふ。俗に根続と称す」とあり、元気を補う意義がある旨が記されていて興味深く思いました。


[235]>209 時期 to-ching

7月上旬から立秋前日までらしいです。http://www.mycal.co.jp/saty/1_weekly/0713/weektheme.html


[236]>232 そうですね・・・ to-ching

お墓参りに使うために花を作る家もありますね、故人が楽しんでいた庭に咲いている花をお供えするのは、とっても良い事と思います。


[237]>215 イメージ asukab

漢字から受ける花のイメージが、非常に豊かですよね。子どもが喜びそうです。こういう名前は英語では見かけません。千日、百日、日々……これだけでも、詩を読んでいるような気持ちになります。


[238]>166 そろそろシーズンなので sidewalk01

どの花火大会に行って、どのくらいの時間から場所取りをしようかなんて考えてます。出店で食べるたこ焼きや焼きソバも楽しみです。


[239]>208 この花も to-ching

あまり見られなくなりました、花にも流行があるのですかね?確かに毒々しい色合いのものもありますね。夏に良く咲いてました。


[240]>189 あれは平賀源内の考えたキャッチコピー Kumappus

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E8%B3%80%E6%BA%90%E5%86%8...

「土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテ防止」という習慣はもともと脂っこいので夏場には売れ行きが落ちていたうなぎを売るためにうなぎ屋に頼まれて平賀源内が作ったキャッチコピーが元という説が有力です。

だとすると今から250年も前に作られたコピーがまだ生きているわけで、これはこれですごいですよね。


[241]>227 鰻、シジミ、あんころ餅 asukab

土用シジミということで、シジミをいっしょに食す日でもあるでしょうか。鰻、シジミ、あんころ餅で栄養を補い、暑さを吹き飛ばそう…というところでしょうか。


[242]>239 もともと夏は花が少ない時期ですね Kumappus

夏は案外と花が少ない時期です。

バラも四季咲きであっても夏場は花数を落としますし、咲いても何だかボケた色であまりきれいではありません。

あと、夏の花というとマリーゴールドやニューギニアインパチェンスあたりでしょうか。

どっちも見てるとちょっと暑苦しいかな…。


[243]>231 商品券 kin1974

やっぱり、もらってうれしい物といえば商品券になりますね。好きな時に好きな物を選べますからね。私はこの贈り物が一番好きな物と言えますね。


[244]>243 現実的には Zelda

今の時代、商品券が双方とも無難ですかね。

相手の方も自分で選んでほしいものを買えますし。

気持ちがこもった贈り物もいいですけど、せっかく悩んで悩んで選んでも相手に気にいってもらえないことがどうしてもありますから。

現金と違って気兼ねにどうぞってかんじで渡すことが商品券はできますので。


[245]アマゾンギフト券 mododemonandato

今年のお中元にアマゾンギフト券を、贈りました。

アマゾンギフト券は数字キーだけなので、メールだけでもやりとりが出来てとても便利です。

最近はアマゾンも本だけでなく、いろいろな商品を扱っているので、選択肢も多いようです。

便利なアマゾンギフト券は、これからもいろいろと使えそうです。


[246]>238 もうずっと夜空に上がる花火を見に行けてないです Zelda

夜空に綺麗に咲く花火。

子供のころは親に連れて行ってもらったこともありましたがもう10年近くご無沙汰してます。

庭で行う家庭用の花火も、わいわいがやがやと楽しんでた記憶があります。

近所の子供会なんかでも皆で集まって一斉に行ったり。

まさに夏ならではの花ですね。


[247]>245 便利らしいですよねアマゾン Zelda

実はまだ一度もアマゾンを使って事がないです(^^ゞ

こちらのイエハテナでもアマゾンギフト券を頂いたのですが、今だに決心がついてなくて。

サイトを見るともう何でもそろってるって感じですよね。

アマゾンギフト券をもらったら、もらった人も自分の好きなものを、何時でも好きな時間に自宅に居ながらパソコンで注文できて諜報されそうですね。

私ももう少ししたらアマゾンを使ってみようかと考えてます。

気軽に渡せるのもアマゾンギフト券のいいとこですよね。


[248]>246 花火 wacm

いつの時代も、どの世代にも愛されてますよね。

大きな花火も軒先でやる花火もどちらも好きです。

コンビニで買えるようになって便利です。


[249]>244 もらって actro

品物だと結構困る物を貰ってしまったりというのがありますね。

商品券なら、保管にも場所を取る事もないですし、一番無難じゃないでしょうか。


[250]>240 その話 actro

聞いたことありますね。しかし当時としては画期的な宣伝だったのかもしれませんね。

個人的には暑くても鰻は全然行けますが。。。


[251]>187 天然 actro

天然ものはなかなか見かけない貴重な物ですよね。

私も食べたことはないのですが、養殖の方が脂が乗っていて美味しいとはよく聞きますね。

天然物はさっぱりしてるんでしょうか。一度食べてみたい物です。


[252]>211 カンナの歌 hanatomi

私の小さい頃はとても良く生えていたのに最近あまりみなくなりました。葉っぱがつるっとしていて、「カンナの葉っぱのすべりだい」という歌を幼稚園で歌った覚えがあります

日本の気候にあっているのか、強いですよね。

おかあさまもりっぱです。


[253]>203 ブーゲンビリア hanatomi

このお花大好きです。

アジアに旅行に行くと良く生えているのですよね。

温暖化で、これからますます元気に生える植物だと思います。

シンガポールかどこかで、マンションの窓が一面これでした。

とっても綺麗なんですよね。

初めて見たとき綺麗で立ち止まったのを覚えています。


[254]>236 お観音さん asukab

庭の花を供えるお盆、すてきですね。ご先祖さまもさぞかし喜んでおられることでしょう。

わたしの田舎では、実家の町内会が主催するお観音さんというお祭りでお盆のお花を配っていました。信州なので、リンドウが中心の花束です。前日、隣組のメンバーとして観音堂に集まり、花束準備をよく手伝わされました。この夜は通りが歩行者天国になり、浴衣、提灯姿の人で賑わいます。通りには手描きの絵と個人自作の川柳が書かれた四角い灯篭が飾られ、夏の風情がたっぷりのひとときとなります。……そのような夏は久しく味わっていません。


[255]>252 すてきなお話ですね asukab

子どもの頃からずっと思い出の花が庭を飾ってくれているとは素敵です。お世話をしていたお母さまが、やはり素晴らしい。カンナもさぞかし喜んでいることでしょう。


[256]あざみ hanatomi

小学生の時、産休になった担任の先生が無事出産を終え、あざみちゃんという名前を付けたと聞きました。

図鑑を調べて、あざみを知りました。ちょうど家族でハイキングに行きましたので、野あざみを見つけて、そっと掘って持って帰り、大きな植木鉢に植えました。

根付いた頃、つぼみが付いていたので、先生に持っていって、あざみちゃんにあげてとプレゼントしました。先生から、お礼のお手紙をもらってとても嬉しかったです。

夏の花、あざみときくと、K先生と、その大きなお腹、そしてあざみちゃんのことを思い出します。


[257]>256 アザミの花 wacm

小さいながらもけなげな紫色がキレイですよね。

私も小学生の頃、箱根に摘みに行って、担任の先生に渡したことがありました。

花でいい思い出があるのはステキですね。


[258]>249 商品券 wacm

ビール券や、お米券、Amazon券などいろいろあって便利ですよね。

食品では好き嫌いがありますし、物品ですとかさばって困ります。

一番便利な贈答ではないでしょうか?


[259]>248 花火 kin1974

夏の花を楽しむで花火っていいですね。花火を満喫できる季節になりたのしみです。花火を眺めているだけで心癒されていいですよね。


[260]>225 ひまわり kin1974

ひまわりは夏の花と呼べますね。ひまわりの大きく成長していく姿を見ると生きる意味を感じることができます。ひまわりから学べることがたくさんありますよね。


[261]お中元に冷麦とそうめん kin1974

お中元に冷麦とそうめんを毎年いただきます。定番ですが夏はこれを食べて楽しんでいます。暑さの吹っ飛ぶ食べ物の一つと言えますよね。ところで私はいまだに冷麦とそうめんの違いがよくわからないんですけど・・・


[262]>247 食品とかも取り扱いをはじめましたよね^^ tibitora

アマゾンさん、この間見に行きましたらコーンフレークやカロリーメイトなどの栄養補助食品とか、ジャムとかも取り扱いを始めていました。

私はまだ本やCDしか買ったことがないのですが、送料が無料になる1500円に少し足りないときとかにソイジョイ1本とかいいかなと思ったりします(笑)


[263]>175 お疲れ様でした tibitora

バイトでお中元配達、お疲れ様でした。

しかも自転車・・・高校生の時、お中元はいろいろと重いものが多くて、瓶を間違っても割らないようにとかずっと注意が必要だったと思います。

でも配達した個数が給料に換算されたりするんですね、知りませんでした。


[264]>183 ジュースのお中元 tibitora

うちの甥っ子もお中元とかもらい物でジュースがあるとすごく喜びます。

でもたまに勝手にあけて飲んでしまうのでお母さんにしかられています、そしておやつはなしに(^^;

w83さんのお宅にサイダーを送ってくれた方は「やっぱりビールのほうが豪華そうでいいかな」と思われたんじゃないかなと思います。


[265]>226 ギフト券 tibitora

ギフト券は自分で好きなものが選べるのでいいですよね^^

図書券とかコンビニで使えるかカードとかでも便利だと思います。

アマゾンギフト券だと本やCDや食べ物まで選べるので良いなあと思います^^


[266]>250 ウサギ tibitora

Fuelさんも大きくなるまで土曜の牛の日と思っておられたのですね、お仲間がいて嬉しいです(^^)

ゆうべウサギ食ったぜはほんとにビクっと引いてしまいます(笑)


キャッチコピーは250年も前に作られたのですか!

うなぎはビタミンとか多くて栄養があるのでずっと夏バテ防止にいいと伝えられているんですね。すごいです。


[267]>185 果実酒を割ってのむのもいいですよ w83

昔テレビで梅酒を発泡酒で割って飲んでいましたが、ビールでもいけました。桑の実酒は水で割って飲むと少し苦味というかクセを感じましたが、ビールで飲むとクセは感じませんでした。


[268]ワタの花(綿花) vivisan

綿の花って見たことがありますか?ワタはアオイ科なので、アオイに似たかわいい花が咲きます。花が咲いたあとできる実がはじけて綿がとびだしてくるんだそうです。これがコットンボールです。

日本でも江戸時代まではたくさん栽培され、備後絣、久留米絣など織物の産地がたくさんありました。私の住んでいる岐阜も美濃縞という木綿の産地でした。しかし、明治になって海外の安い綿が入るようになってからは、日本の綿(和綿)はだんだん姿を消していき、ほとんど作られなくなったので見る機会はあまりないかもしれません。

近頃はガーデニング用のミニコットンもあるようですが、私が見たのはドライフラワーになったものでした。


この綿から木綿ができるんです。Tシャツもタオルも浴衣も手ぬぐいも。どうせならタネから育ててみたい、あわよくば・・綿が収穫できたら、糸を紡いで機織りしてみたいな・・と思って、今年タネを購入して撒きました。イエに植えることができるのはせいぜい数本なのでとても反物ができる量ではありませんが、ものができていく過程を知りたいと思いました。

けっこうほったらかしにしていたのですが、今は70センチぐらいまで成長し、花がさくであろう蕾!?の部分が赤く色づいてきました。地植えでも鉢植えでもOK。

花が咲くにはもうすこしかかりますが、すごく楽しみです。昔は、綿花畑の夏は綿花の海だったんだろうな・・なんて想像してしまいます。そして無事に花が咲いたら、コットンボールを収穫するつもりです。

もちろん農薬は使わないので、オーガニックコットンです。自分の作ったコットンボールならうれしさひとしお!


現在日本の綿を見直そうということで、「コットンボール銀行」というのができています。ここではお金ではなく、ワタのタネを融資してくれます。収穫物の半分をコットンボール銀行にお返しするのですが、この集まった綿でいろいろなことに挑戦しているようです。また栽培してから、木綿ができるまでをワープショップなどで教えたりしているのだとか。今年は自分で購入しましたが、来年はコットンボール銀行のお世話になろうかな・・なんて少し考えています。

コットンボールそのものでも楽しめますが、とりあえずは今年糸のつむぎ方を勉強したいなぁ。なんて夢が広がります。


まだ花が咲いていないので、写真はありませんが、かわりに日本綿業振興会のページをリンクしておきます。ワタの花もワタ自体も確認できます。

http://www.cotton.or.jp/hyoshi.htm


[269]>268 かわいい hanatomi

こんなに可愛い花だったんですね。

綿のみが付いているところは見たことがありましたが、花ははじめてみました。栽培されていると言うことで素敵ですね。

綿から、服ができているというのは普段思い付きませんが確かにそうなんですよね。

私だったら、マスコット人形を作るかな。

小さな針刺しを作るかも知れません。

手作りの綿、収穫が楽しみですね。


[270]>263 御中元のアルバイト hanatomi

面白いお話ですね。一つ60円!

それだったら、マンションの4階にビールを持っていくのと、商品券を渡すのでしたらずいぶん違いますね。

配達人のことを考えたら、商品券なんですね。なるほど

(*^-^*)


[271]>241 うなぎ&うめぼし、真っ青になった母 iijiman

「う」のつく食品で思い出したのが「うめぼし」なのですが、これも夏場の健康には良いと思います。

お腹の調子が良くないとき、私は梅干しを食べると治ることがあります。

さて、よく「うなぎ」と「うめぼし」は食べ合わせが悪いと聞きます。

この件で、1つ思い出があります。

私が中学生の時、母がお弁当に「うなぎ」と「うめぼし」を入れてくれました。

朝、私が学校に行ったあと、母がこのことに気付き、真っ青になって掛かり付けの内科医に電話を掛けたそうです。

「先生!大変です!息子のお弁当に『うなぎ』と『うめぼし』を入れてしまいました!どうしたらいいでしょうか!???」

で、内科医の返事は、

「あんた、何考えとるんですか?そんなの迷信に決まっとるやないですか。」

だったそうです。

検索したら、こんなページが出てきました。

迷信だそうです。

http://minabe.net/gaku/kurashi/unagi.html


[272]>259 故郷の花火 ziniz

上京して10年余り。

帰省する回数が減って、地元の祭りにずいぶん長い間参加していないことに気づきました。盛大に上がる東京の花火もいいけど、地元の友達と見た地元の花火も良かったなぁ。いつもの見慣れた通りに夜店の明かりがオレンジ色に光って、なんだかそれだけでワクワクしたものです。

あの、焼きとうもろこしの香り。

今年は帰ってみようかな。


[273]>264 ジュースのお中元 kin1974

ビールもいいですが、ジュースのお中元もいいですね。ジュース好きの私にとっては最高の贈り物と呼べます。とくに紙パックのジュースがいいですね。夏の蒸し暑い日に冷えたジュースを飲み干すと爽快になれます。


[274]>262 アマゾンギフト券 kin1974

アマゾンさんも幅広く商品を扱うようになりましたね。そんなときにアマゾンギフト券という贈り物は最高ですよね。数多くの商品から好きな物を選んで買うのは楽しいです。


[275]お中元の「のし紙」 ziniz

「のし紙」って、調べるといろいろルールがあるんですよね。

生もの、酒類には付けない、とか?

贈る人も贈られる人も、知らなければどうでも良いことなのかも知れないですが・・・

「形式化」って、もともとの意味を忘れてしまう、とイコールですよね。

付けておけば、なんとなく形になるから、って考えてみるとなんだかつまらないなぁ。

どうせ贈るなら、のし紙にもこだわりたくないですか??


[276]>274 Amazonギフト券 wacm

私は読書好きなので、頂く立場ですが、とてもうれしいです。

家電やDVD、さらには水なども販売しているいま便利だと感じます。


[277]>271 ウナギと梅干し wacm

相性が悪いとは聞きますが、本当に悪いのか確かめてみたいです。

科学的にも食べ合わせは部分的に示されているらしいですが。


[278]>277 鰻と梅干しに科学的根拠はないそうです momokuri3

ちょっと前のいわしにこの話があったと思って探してみたらありました。

http://q.hatena.ne.jp/1211950505/166531/#i167088

なんでも質素倹約を徹底して推進した将軍吉宗が紀州出身なので、紀州特産の梅干しを質素の代表に見立てて、贅沢な鰻とは似合わないと言ったのが始まりのようです。なんだか、

将軍様はわしら庶民とは違って鰻なんて食い放題だろうねぇ

いやいや将軍様は質素倹約の模範を示すため鰻にも梅干しを添えてござる

わはははは、なんだそりゃ、腹壊しちゃえ?

なんていう庶民の会話が聞こえてきそうな話です。


[279]>270 私はお中元の倉庫作業をやっていました momokuri3

風通しの悪い倉庫の中での力仕事はまいりました。重いビールなどのダンボール箱が何十個もギュウギュウ詰めになった超重たいカーゴを人間が引っ張って運びます。ピラミッドはこうして作られたというのがわかるような過酷な作業でした。

でも社員さんがメロンのカーゴをひっくり返してしまった時は、割れたメロンをみんなで山分けして食べました。あれはおいしかったです。別の社員さんが、メロンに垂らしたいから誰かブランデーの箱を壊してくれと叫んでいました。楽しい夏の思い出です。


[280]>269 ワタって草本だったんですね momokuri3

木綿というから樹木から採れるのかと思っていました。アオイ科の植物とは知りませんでした。

今、世界で生産される木綿の多くが遺伝子組み換えなんですよね。2003年度の統計では、世界の総栽培面積の21%に遺伝子組み換えワタが作付けされていたそうです。特に中国では58%が遺伝子組み換えワタだったそうです。

ワタの遺伝子組み換えには、除草剤に対しての耐性を高めた物と、殺虫効果のある成分を作り出す遺伝子を組み込んだ物の二種類があるそうですが、どちらも生態系に大きな影響を及ぼしそうですし、特に後者の場合は綿製品となってそれを着用した人間にも悪影響がありそうで心配です。

綿だから自然素材だとは言えない現代は、本当に種の段階から自然のままの綿を作らないと安心できない時代ですね。綿の銀行のような活動は、とても大切だと思いました。


[281]プレミアムビール kin1974

贈られて嬉しいお中元 1位は"プレミアムビール" 今年のお中元で最も贈りたいもの 1位も"プレミアムビール" というアンケート結果だそうです。やっぱりビールは王道ですね。暑いこの時期には冷えたビールで爽快な気分になれますね。


[282]お中元は地球から貧困をなくし自然を守るフェアトレード商品を momokuri3

お歳暮がテーマの時にも書かせていただきましたが、お中元にもぜひフェアトレードの商品を選んでみませんか。

フェアトレードとは、発展途上国の生産品を、その地域の人々の自立にふさわしい適正な価格で継続的に取引していく貿易のことをいいます。

企業の儲け本位の取り引きではなく、利益をできるだけ生産地に還元していく取り引きをしていくことによって、生産地の人々の生活向上を図り、子供たちが学校にも行かせてもらえず奴隷のように働かされる悲劇や、先進国では許されないような自然破壊による乱暴な生産を根絶していく努力につなげていく貿易。それによってもたらされる商品がフェアトレード商品です。

フェアトレード商品には、フェアトレード商品であることを示すラベルが貼られています。国際的にはFLOという組織が、日本国内では「特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン」という組織がそれを管理しています。フェアトレードラベルを確かめて購入すれば、せっかく国際貢献ができると思ったらインチキだった、なんていうことが防げます。

最近は大手の企業でも、フェアトレード商品を扱うようになってきました。ネットで探せばさらに豊富な商品が見つかります。わが家では家族でフェアトレードの意義を話し合い、去年のお歳暮からフェアトレード商品の利用に切り替えました。今年ももちろんフェアトレード商品のお中元です。国際貢献につながる贈り物には、贈り主の心がこもります。フェアトレードの意義を先方様にもお伝えすれば、きっと喜んでいただけることでしょう。物だけでなく心も伝わる贈り物として、ぜひ皆さんにもお勧めしたいと思います。

フェアトレード・ラベル製品についての詳細はこちらをご覧ください。(フェアトレード・ラベル・ジャパン)

http://www.fairtrade-jp.org/


[283]お中元の包装紙や箱を学校の図工に tibitora

お中元の包装紙、母がきれいにたたんで取っておいていました。小学生の頃、図工の授業に大きな紙がいるときはそのお中元やもらい物の包装紙を持っていっていました。

もって行ったのと同じ包装紙の子とかも何人かいたりしました(笑)

甥っ子は連絡帳に「包装紙 おりがみ」と書いていたのですが、もって行った包装紙をそのままもって帰ったことがあります(^^;店名とか入っていないラッピングペーパーだったのですがおりがみだけ使ったみたいです・・・;なんでだろう。


[284]簡易包装のお中元 tibitora

スーパーのお中元売り場でバイトをしていたことがあるのですが。

包装をしないで箱にのしだけを付けた簡易包装をとりあつかっているお店でした。

お客さんも簡易包装のことを説明すると「じゃあそれで」と簡易包装にしてくれる人が多かったです^^

資源を大切にするのと、ごみの分別とかで送り先のお宅の手間が省けるのがいいですよね。


[285]>280 花ははじめて、 sayonarasankaku

花ははじめて見ました。

コットンボールの枝は、お花屋さんで割と見かけるようになりました。

ドライフラワーにしても、素敵ですよね。


[286]>265 気を使わない人向けですよね。 nakki1342

商品券って1番便利だと自分も思いますが

金額が明らかなので

気を使わないでOKな人向けかなと

思っちゃいます

アンケートとかで1番もらって嬉しいモノと

答えはよく聞くんですけどね(苦笑)

私も商品券は送りづらいです


[287]うな重とたくあん kin1974

今日の夕食にスーパーで買ってきたうなぎを家にある重箱でたくあんと一緒にガッツリ食らいました。私は年に数回ほどしかうなぎは食べませんので、土用の丑の日は毎年必ずうな重でガッツリいくのが楽しみです。同時にたくあんをポリポリ食べるのが最高ですね。


[288]>287 ウナ沢庵 eiyan

ウナに沢庵とは異質ですね。

何かいわれがあるのでしょうか?

沢庵でなく酢相漬物は如何ですか!?


[289]>284 簡易包装 eiyan

最近はエコ。

簡易包装は聞かれますね。

どちらがよいのでしょう!


[290]>140eiyan

昔はそうでした。

最近は何でもあるし、珍しいものをとの傾向があります。

ボトルや台所用品は今も人気ものですね。


[291]>136 そうですね eiyan

ですから今年は朝顔とひまわりは欠かさず栽培してます。

ドンドン大きくなって逞しくなっています。

もう時期咲くかな?

開花が待ちどうしいこの頃です。

早く咲いて欲しいですね。


[292]>159 重なる eiyan

昔はお互いが同じものをやりとりした時期もありましたね。

今は流行とは違うものを贈るとよいですね。

自分が欲しいと思うもので受け手が欲しがってるもの。

そんな感じで選ぶとよいですね。


[293]>168 野生ゆり eiyan

野生のゆりは強くて繁殖力も強いですね。

どうしても品種改良種は弱く栽培が難しいですね。

でも品種改良したものは綺麗。

もう少し開花期間が長いとよいのですが。


[294]>234 楽しそう hanatomi

土曜餅を用意しての陰乾しなんて、モチベーション上がりますね、とっても楽しそうで、主婦の知恵的な物を感じてしまいましたよw。

私も本を干します。干すというより風通す感じでしょうか。

少し湿っていた本がサッパリする気がします。

昔は図書館に良く入りびたっていたので、本のつめたい湿った匂いも和風で好きですが、風を通してあげるのは、とってもいいですよね(*^-^*)


[295]>273 2008年の夏は prime7

サイダー戦争勃発だそうです。ニュースで、三ツ矢サイダーのぶどう味だとか、ふるふる?ファンタなどの紹介をやってました。


[296]つゆくさ hanatomi

つゆくさ、6?9月ちょうど夏に咲く野草ですが、大好きです。

2枚の白色や青っぽい花を咲かせますが、雑草の中で群を抜いて花が大きくて、とても目を引くので昔から好きでした。

ムラサキツユクサという園芸種もあり、そちらは花もずいぶん大きいです。

さて、古名ではツキクサ(着草)と言っていたそうです。

というのは、昔の日本ではこの草をは布や和紙を染めるのに使っていたそうです。

しかし藍染めなどの技法が中国から輸入されると、しっかり染まる藍染めに対して、水に弱いツユクサ染めは衰退しました。

しかし、逆に、水に溶けやすい性質を利用し、友禅等の染色の下絵を描く染料として今も使われているそうです。

子供のころ、青色の液体、ぶどうじゅーす(笑)を作るのに、つゆくさを絞って遊んだ人も多いと思います。

逆に、つゆくさで直接画用紙に字を書いて、それを水で濡らした筆で擦ると消えてしまうという手品遊びもできますよ。

服についても安心!お子さんと一緒にいかがでしょうか。


[297]>292 贈り物選びにちょっとのプラスアルファの要素を込めてみる TomCat

自分が本当に気に入っている品物を、ぜひ知って欲しい、その良さを広めたい、という気持ちで贈ればいいじゃないですか。

たとえば本当に丁寧な職人技で作られている物、原料の安全性や無添加などにこだわって作られている物、あるいは別の地域に住んでいる人に贈るなら地元の誇る特産品、などなど。

別のツリーにありましたが、フェアトレードの商品なんかも、こういう国際貢献活動があるんですということを含めて、ぜひ多くの人に紹介したいですよね。

贈る品物を選ぶ時に、とょっとだけ自分のこだわりやポリシーみたいなアピールを込めてみる。ただの儀礼的な挨拶に終わらせず、もう一つ贈る意義をプラスしてみるなどしていくと、贈り物選びがすごく楽しくなってくると思いますし、またお互いに同じ品物が重なってしまうなんていうことも少なくなってくると思います。


[298]>296 ツユクサで色水遊び TomCat

これ、子供の頃、やりましたね。朝顔の花なんかでやると、服に付いた色がなかなか落ちませんが、ツユクサならサッと落ちてくれますから、これならお母さんに叱られません(^-^)

早朝、父と散歩をしていたら、綺麗なツユクサを見つけました。たっぷりと朝露を受けて、本当に露の草だなあと思いました。ツユクサって、日が高く昇ると、だんだん葉っぱがすぼまってくるんですよね。でも、早朝のツユクサの葉はとても瑞々しい。可憐で美しい夏の花ですね。


[299]>282 これ、大賛成です TomCat

世界には、今の時代でも、奴隷同然に搾取されてこき使われている人々がたくさんいます。そしてその子供達も、本人の意志とは無関係に、自動的に奴隷労働に組み込まれていってしまう。そんな信じられない現実があります。プランテーション式の農法で作られる多くの作物が、そういう奴隷労働によって作られ、世界の市場に供給されていきます。

ちょっと見渡せば、私達の周りには発展途上国から供給される原料で作られている物がたくさんありますが、そういう製品は、元をたどればそんな「地獄」からやってきた物かもしれないわけですよね。

それを私達の消費行動で変えていける。だとすれば、同じ買うならフェアトレード商品、同じ贈るならフェアトレード商品。そういうふうにしてみましょうよと、私も強く皆さんに呼びかけてみたいと思うんです。

世界の貧困は、テロや戦争の大きな原因の一つにもなっています。富が一部の企業に吸い上げられていく今の貿易のあり方を改め、生産の利益が現地で働く人達に公正に還元されていく取り引きが発達していけば、それは世界の安全と平和にもつながっていくはずです。

お中元を機会に、日本の消費者という立場で行える国際貢献を、もっと広げていけるといいですね。


[300]>207 作る方から言いますと。 hanatomi

お茶は、熱々を少し入れてちょっと飲みますよね

ティーパックも小さい。

しかも、沸騰させた後に置いておくと味が変わってしまうんです。

麦茶は、パックも大きいし色も良く出る。

緑茶のように味や香りを楽しむというよりはもうすこしガツンと飲めるわけです。熱々をゆっくり飲むと少し薄いと思います

5リットルとか炊くのに麦茶なら安いけど

緑茶とか烏龍茶はたかくなるのあるかもしれません。

テーマは土用の丑、夏の花、御中元なので、補足しますと、

土曜の丑(うし)の日には、やはりお茶がいいですね。

鰻を細かく切って櫃まぶしにし、緑茶を掛けて最後頂きたいです

(*^-^*)


[301]土曜の丑のウナギ釣り koukame

兄がみんなで食べようとウナギを釣ってきてくれた年がありました。

幼かったので私は驚きました。ウナギなんて釣れるんですね。

当時はウナギは御馳走でしたので、みんなで母の料理ができあがるのを期待しながら待ちました。母は、子供の釣ってきたウナギに初トライ。がんばって調理してくれたのでした。

味は今でも覚えていますが「とろとろ」というよりは、筋肉質でした。もちもちと感と言えば良いでしょうか。また、たれがしみこんでないウナギは、白色でスーパーにあるような茶色ではないのです。それにも驚きました。

また、細くて丸いウナギをさばくのは大変で、あのような綺麗な形にはなりません。ギザギザした、いびつな形の食べ物となりました。だけど、少しずつ食べた釣ったウナギはとっても美味しかった。

あのウナギは今でも非常に脳裏に焼き付いています。どこかの料亭のウナギの味は忘れてしまったかもしれませんが、個性たっぷり、思いでたっぷりのウナギの思い出は今もしっかり残るのですね。

今度は自分で釣りたいな。


[302]>229 麦茶 wacm

確かに、どうして冬になると飲まないのか?!

香ばしい麦茶の薫りが夏向きなのではないでしょうか?!


[303]>295 ジュース wacm

果物ジュースが一番好まれてる気がします。

サイダーもこの季節にピッタリですね。


[304]>294 本の虫干し wacm

段ボール箱に本がたくさんあるので、虫干しします。

ただ、時間を待つだけなので夏の風物詩を楽しみながら頂きたいです。


[305]>291 アサガオもヒマワリも wacm

どちらも言われてみると見てません。

頭の中だけでなく、実際に見て感じたいものですね。


[306]>290 たしかに wacm

種類が豊富になったカルピスはどれが人気あるんでしょうね?!

カルピスのペットボトルはもらうとうれしそうな気がします。


[307]>242 マリーゴールド、グラジオラス……緑化部の思い出 asukab

マリーゴールド、グラジオラス……と聞くと、中学の頃を思い出します。中3のときに緑化部長になりまして、園芸に勤しみました。

夏休み中の水くれは緑化部の仕事。当番表を割り当て、順番に水くれに学校に足を運びました。信州といえど、日中は気温がかなり上がります。今から思えば涼しい早朝か夕方にするのがよかったのでしょうが、部活の練習が終った頃、カチカチに乾燥した地面に水をしみこませていました。ホースのとどかない箇所は、じょうろを使わなければなりません。何度も往復して、学校全体の花壇を終らせるのに、1時間近くかかっていたような気がします。

入道雲がまぶしい夏の思い出です。マリーゴールドの黄色、オレンジとグラジオラスの赤が、あのときの夏の花でした。


[308]>307 マリーゴールド atomatom

マリーゴールドは畑に植えると虫除けになると教えてもらい、市民農園を借りていた頃は何株か植えていました。

鉢植えだとそこそこの大きさにしかなりませんが、畑に植えるとものすごく背も高く育つのです。

暑苦しいというご意見もありましたけど、ぼくは生命力が強そうで好きな花です。

asukabさん、緑化部長ってすごいです、なんだか大人の役職みたいです。


[309]学校で種の注文・販売 asukab

別ツリーで中学時代の緑化部のことを記して、記憶がよみがえってきました。うちの中学では定期的に、種や苗の注文・販売を行っていたのですが、みなさまの学校ではどうだったでしょうか。種・苗木屋さん(サカタのタネだったかなあ?)がかなり詳細に種類の説明された注文用紙を送付してくれ、購入希望者が申し込み用紙と金額をクラスの緑化部員に渡すというシステムでした。

園芸好きの人々にとても好評でした。この注文会を楽しみしているという生徒の親御さんが多かったと思います。もちろん、学校で取れた種を配布することもありました。でも、こちらの注文販売は種類が豊富で、非常に専門的。そこが通の人々に喜ばれていました。

春から秋にかけての活動だったので、夏の花もたくさんここから育っていきました。


[310]>305 団地のベランダ atomatom

うちは団地住まいです。ベランダの柵に毎年、見事な朝顔を育てておいでのお宅があって、ただ、人様のお宅なのであまり地上からジロジロ見上げるわけにもいかず、惜しい思いをしています。

子供の頃は夏休みに入る前に重い朝顔の鉢をみんな自宅に持ち帰ったのを覚えています。


[311]>308 お恥ずかしいです? asukab

名称が緑化部だったので、緑化部長だったのですね。担任がたまたま園芸好きな先生で顧問でした。布巾をかぶって、よく花壇で作業しました。今は布巾などかぶらないのかなあ…とこのあたり、浦島太郎になっています。田舎の中学だったからでしょうか。


[312]>299 フェアトレード atomatom

ぼくも賛成です。以前、テレビでネパールの子供たちがサッカーボールの工場で働かされている場面を見ました。ちょうどワールドカップの時期のオンエアだっただけに衝撃的な内容でした。

劣悪な環境で働かされている子供たち。

子供の仕事は勉強であり、仲間と遊ぶことであるはずなのに。

以来、フェアトレードには関心を持っています。

最近ではファミレスのレジなどにもフェアトレード商品、たとえばコーヒーなんかが持ち帰れるように売られていますね。


[313]>180 訂正:木槿(むくげ)でした。 iijiman

nofrillsさんのご紹介してくださったページを参考に、葉の写真を撮って調べてみました。

・・・が、「どちらとも似ていない」葉をしていました。

[f:id:iijiman:20080711064008j:image:w450]

さらに検索してみて、こんなページがありました。

(ムクゲ)http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/mukuge0.htm

(フヨウ)http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/huyou0.htm

(タチアオイ)http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/tatiaoi0.htm

これから予想するに、どうやら私が撮った花は「ムクゲ」だったようです。

なお、夜になるとしぼむというのは私の誤解で、まだ開かない新しい蕾が付いていただけのようでした。


[314]>279 ベルトコンベアー atomatom

倉庫でも働いていました! ベルトコンベアーで限りなく流れてくる荷物を、配達地域ごとに仕分けするわけです。それからトラックに積み込む。

ベテランになるとベルトコンベアーの上を軽いステップでほいほい歩けるようになるんだけど、慣れていないとかならず転ぶんですよね。

いろんな会社から働く人が派遣されてきて、派遣元別にTシャツの色が違っていたんですね。ぼくが「ブラック軍団」と呼んでいた会社の人たちは、きっと体育会系の学生たちだけで構成されていた軍団で、彼らが来ると仕事がものすごくはかどったのを覚えています。


[315]夏の花で花びらたたき asukab

別ツリーで露草染めが紹介されていたので、うちでしていた遊びをご紹介。夏になると子どもたちとした、花びらたたきです。白い布(50センチ四方など、お好みで)を用意して、そこに庭で摘んだツツジ、バターカップ、バラなどの花びら、クローバー、ミントなどの葉を広げて置き、その上から石でたたきます。直接たたくよりは、上からビニール袋などでカバーしてたたくほうが、石の汚れが布に付かず、きれいに花や葉っぱの色が移せます。

葉っぱの置き具合や模様を意識しながらたたくと結構すてき。幾何学的な模様にすると、見栄えのよい夏のスカーフのでき上がり。うちでは「夏の旗」として細長い棒に結びつけ、夏の間、玄関入り口にはためかせていました。次の年になると色が褪せてしまうので、次の年はまた新しく作り変えます。い

色あせた花びらの旗は、今も思い出として残しています。青紫の花びらが残っているのですが、これは何の花だったのかなあ。その年の庭に咲いた花の思い出としても残せますね。


[316]>306 いろいろな味があって楽しい xnissy

去年か一昨年にあった日向夏カルピスはおいしかったなぁ。

ひょっとすると地域限定かもしれませんけど。


[317]梅干し xnissy

土用と言えば、梅干しを干す時期です。

今年初めて梅干しを漬けて、梅雨が明けて晴天が続くのを待っているところです。

本を読むと、難しそうなことが書いてあって、ちょっと不安……


[318]今年の暑中見舞い asukab

娘が夏用に4種類の便箋を作ってくれました。いずれもレターヘッドと縁取りのイラストをカラーペンで描いたもの。しっかり塗りこんであるので、なかなか見栄えがします。熱帯魚3匹が泳ぐ海の絵、うちのペットが勢ぞろいの動物の絵、蝶々やあおむしがゴキゲンな花畑の絵、ト音記号や四分音符が踊る楽譜の絵の4種です。で、各イラストを3枚ずつカラーコピーして、今年の暑中見舞いと相成りました。

書状をいただき返信が遅れてしまった方々にも、この便箋でお便りしようと思います。


[319]>302 大麦の収穫期 asukab

麦茶の日が6月1日だそうで、その理由が「大麦の収穫期を迎えるとともに麦茶がおいしくなる季節」とのことです。なので、麦茶はやはり、夏のお茶なのですね。以下、いろいろお茶の日があったので、記しておきますね。

お茶のマメ知識/鹿児島県茶生産協会より

緑茶の日と日本茶の日は、なんだか混乱……。


[320]>181 いろつき haruyo_koi

あのそうめんの色つきのものが好きで

それだけをとりだして食べて怒られていました(笑)

味は・・・・よくわからないのですが^^;


[321]>195 あさがお haruyo_koi

そういえば、夏休みの観察ニッキをつけていたきおくがあります

つぼみから花が咲いた瞬間

なんともいえない嬉しさでいっぱいでしたね


[322]>197 たね haruyo_koi

私もハムスターしか思い浮かびません

おいしそうに食べていますよね

どんな味なのかなぁと食べたけど

しょうもない味だったのを覚えています


[323]>198 昨日 haruyo_koi

だしました?。

親しい友人などに、かわいいハガキを買ってきて

暑中見舞い

みんなどうしてるかなぁと、少し気になった一日でした。


[324]>200 ほおずき haruyo_koi

この記事をみて

懐かしくなり、昨日探してみました

まだ、小さいですがちゃんとほおずきの形をしていて

なんだか愛おしくなりました^^


[325]>298 大好きです! vivisan

早朝の露をおびた姿がはかなげでもあり、また凛としてもあり、すごく好きな花です。

ついこのあいだワンコと散歩していて咲いているのを見つけました。

ツユクサで少し調べてみたのですが、なんと食べれるそうですね。葉と茎を食べるのだそうです。

重曹でゆでるとやわらかくなるそうですよ。早速今度食べてみようと思いました。


[326]>205 おもしろいです haruyo_koi

名前がもうおもしろいですね

こんなかわったものがあるなんて。

あとでゆっくり見て見たいと思います


[327]>321 咲いています♪ vivisan

今年緑のカーテン用に宿根あさがお、琉球あさがおを買ってきましたが、2週間ぐらい前から毎日咲いています。

毎朝見るのがとても楽しみです。


[328]>206 エディブルフラワー haruyo_koi

エディブルフラワー??

始めてききました。

みていると、どうやら、すごくきれいそうな花ですね

ちょっと探してみます


[329]>212 さるすべり haruyo_koi

って、名前はきいたことがありますが

どんなものか知らないです

木だったのですね

つたのようなものだと思っていました。


[330]>213 国産天然物 haruyo_koi

どんな味がするのでしょうね・・・。

さぞかし、濃厚な脂がのってうまみが凝縮されたものなのでしょうね。


[331]>230 ていばんですね haruyo_koi

やっぱり、固形の方がしっかりおちるとおもいます

ボディソープだったらなんだか

洗ったキガしない・・・


[332]>272 人ごみは苦手 gday

夏になると花火大会が盛大に行われますがすごい人ごみで苦手です。ちょっと離れたところで見ると迫力がいまひとつですよね。

近所の小さな祭りなどの打ち上げ花火は出かけて見ますが私は自宅の庭でチマチマと線香花火をするのが風情があって好きです。

子供とどちらが長く火球を持たせるか競争したりして楽しんでいます。

でも、最近の線香花火は某国製なのかいまひとつ持ちが良くなかったり火球の大きさがバラバラだったり品質が良くありませんね。


[333]>98 お中元のそうめんは貰って嬉しい品物の筆頭ですね gday

私は毎年揖保の糸と三輪そうめんを送って頂いています。

食べ比べしながら夏を涼しく過ごします。

食欲が無いときはそのまま茹でて、ちょっとスタミナ欲しいなと思ったら焼きそうめんで多めに頂きます。

冷やしそうめんに七味は試したことが無いのでやってみたいと思います。


[334]>318 子供のイラストつきの手紙 ziniz

お子さんが描いたイラスト付きで、お手紙をいただくことがよくあります。親しい方に、毎年送ってくださる方がいらして、ああ今年も来たな、と思うのですが、だんだん形を成していくのがおもしろいです。来年は小学校にあがるようで、どんな変化があるか楽しみです。


[335]>310 ひまわり actro

小学生の頃はよくひまわりを見ながら登下校していました。

ひまわりを見ていると何かエネルギーに満ちていて、こっちまで

元気になるような気がします。

しかし、最近はあまり見かけなくなってしまいました。


[336]>177 見るのも actro

ミニトマトはよく食べますね。サラダなんかに入れるとよく合いますね。

こんな可愛らしい花が咲くんですね。食べるばかりだけでなく、見るのも

楽しませてくれますね。


[337]>313 ムクゲとフヨウとハイビスカス nofrills

iijimanさん、確かにこの葉は「どちらにも似ていない」ですね。

でもこちらの写真で背景にある葉を見ると

この葉はムクゲのように思います。


それから、わかりやすいURLをありがとうございます。

これで、今年こそは一目見て「あれはフヨウ、これはムクゲ、それはタチアオイ」と

言えるようにがんばります。^^

ところで「属名」に「ヒビスクス属」とあるんですが、

それは英語読みの「ハイビスカス」ですよね。やっぱり仲間なのか……。


以前撮影したムクゲ(なぜムクゲと断じたのか、自分でも不明ですが)のクロースアップ:

pink


[338]>323 今年は actro

久々に書いてみました。

と言っても年賀状を出し忘れていた人に出すだけですが。。。

でも、来ることも出すこともあまりしませんね。


[339]>331 香り actro

あの箱を開けた時の香りがいいですね。

そこまで猛烈に使う物でもないですし、腐ることもないので、

長く置いておくのであれば最適ですね。


[340]>329 サルもスベルほど幹がつるつるなので「サルスベリ」 nofrills

サルスベリは、育つ過程でざらざらした外側の樹皮が取れてしまって、

幹がつるつるになるんだそうです。


[341]>317 自家製 actro

梅干ですか。実家にいた頃はよく祖母が作っていました。

自家製もよいのですが、是非とも高級な梅干も食べてみたいですね。


[342]>326 見たこと actro

はありましたが、名前までは知りませんでした。

結構色々あるものなんですね。涼しげで、今の季節にぴったりですね。


[343]お中元 actro

でもお歳暮でもそうなんですが、すごく貰う物が偏りますね。

ビールならビール、ハムならハムみたいな感じで、

ホントに申し合わせてるんじゃないかと思うくらい重なることがあります。

頂けるだけで感謝しないといけませんが。。。


[344]>328 edible flower w83

fuelさんが説明しているとおり、エディブルフラワーは、花の種類や品種の名前ではなく、食べられる花のことをいいます。バラだってエディブルフラワーです。あと季節関係なしにいうと、ツバキだって菊だってエディブルフラワーです。


[345]>293 うちのも咲きました Kumappus

[f:id:Kumappus:20080711091139j:image]

ただ、花びらが落ち出すとあっという間に終わってしまうんですよねえ。


[346]>340 夏の午後にサルスベリがわずかに風に揺れている Kumappus

そういう風景が頭に浮かびます。

確かにあの紅色(白もあるけど)は夏の日差しを受けてこそ華やかな色ですね。


[347]>325 我が家ではツユクサではなく、トキワツユクサが繁茂 w83

それなりに可愛らしい花が咲くのですが、帰化植物ですから。駆除していますが、雑なこともあり、毎年はえてきます


[348]>301 昔時々ウナギ釣りをしている伯父さんをみかけましたよ w83

私達も小川で魚とりをして遊んでいるとき、ウナギを時々発見しました。ちょっと大きな石を動かすと、たまにいました。皆で取り囲んで捕まえようとするのですが、ほとんど失敗。一度捕まえかけたことがあるのですが、バケツにいれた途端、すぐに這い上がって逃げていきました。ヌルヌルしていて、逃亡を防ぐことはできませんでした。

ちなみにシラスウナギでしたら、浅瀬の小石の裏に時々いました。でも、ヒルを見つけるときもあり、気持ち悪かったです


[349]>346 背景は真っ青な空と入道雲 nofrills

「暑さを忘れる」ような花ではないのですが、

炎天下、アブラゼミの声(「蝉時雨」というより単に爆音)、紅のサルスベリ、

この3点セットは「夏の午後の光景」らしいな、と思います。

想像するだけで日焼けしそう。^^;


[350]夏の花束 asukab

夏の花で作るブーケは野の香りをそのまま届けることができそうで、いつにも増して花選びに心がときめきます。6月末、お隣のお嬢さんが大学卒業パーティを開かれたとき、特別なブーケを作ろうと子どもたちといっしょに市場で花を選びました。

百合、フリージア、蘭、ガーベラ、バラ、きんぽうげ、キンギョソウ、紫陽花、ヒナギク、アイリス……白、オレンジ、黄色、紫、薄紫、ピンク、赤、ベビーピンク、青、青紫……。これだけの花の香り、しかも他の季節では見られない種類と色に一度に囲まれると、時間が永遠に欲しいほど迷ってしまいます。しかしながら、これが夏の花選びの醍醐味でもあるのでしょう。これだけ野の色と香りに包まれたら、選ぶほうも至福のひとときを味わっているとしか表現のしようがありません。あまりにも選択が長引いてしまったので、最後は一人ずつ好きな色を選んで、薄い黄色のミニバラ、オレンジ色のタイガーリリー、フリージアの白でまとまりました。

ラッピングペーパーとオーガンジーのリボンは、この中で一番大きな花であるタイガーリリーに合わせて淡いオレンジ色です。男の子の息子が「かわいいね」と言っていたほどですから、これは絶対キュートな花束。お隣のお姉ちゃんにぴったりの、可憐でさわやかなブーケが出来上がったと思いました。

今週届いていた礼状に「ユニークで可愛い花束をどうもありがとう」と書いてありました。確かに他では見られない組み合わせだったと思うので、みんなで迷った色合いが自然と出ていたのかも?

夏の花選びは他の季節ではお目にかかれない色に囲まれるので、その分心がときめき、野に広がる開放感がいっしょに味わえます。

最後のラッピングペーパーとリボンの色合わせが、また楽しいです。これで、お花がきゅっと引き締まって華麗に映るのですね。着物の帯と帯揚げ、帯締めみたいな部分かもしれません。


[351]>345 美しいですね asukab

うちのは先月、咲いていました。本当に大きくて堂々としています。白百合は自分の誕生花なので、何か特別な視線で見入ってしまいます。うっすらと花びらに色が入ると、また違った雰囲気になり華麗ですね。


[352]>337 夏らしい容姿 asukab

花びらがうっすらとしていて、さらに夏らしさをかもし出していますね。見ているだけで、夏の肌触りを教えてもらっているかのよう。夏の柄としていろいろなところで目にしていたような気がします。


[353]>336 すくすく asukab

うちのも順調に育っています。花が付き始めるとうれしいですね。やっと夏らしい日が続き、とにかく夏が来てよかったとホッとしています。太陽の光をたっぷり浴びて、甘い実をたくさんつけて欲しいな。庭のトマトは味が濃くて、一味も二味もちがうなあと実感します。


[354]母のお中元 asukab

うちの母は小学校のときの恩師と今もお中元やお歳暮のやりとりをしていて、「なかなかできないことだ」と父が感心しています。入学したときの先生と60年以上も毎年季節の書状を交わし、成人してから贈り物を贈り合うとは確かにそうかもしれません。(わたしはどの先生とも何も連絡を取っていません……。)その先生は戦前の教育を実践する非常に厳しい教師だったそうですがハートはめちゃくちゃ温かいとのこと。この前、帰国したときにはちょうどお中元で対馬産の鯵の干物を贈ってくださり、魚好きのわたしが大感激して舌鼓を打ちました。

そんな長きにわたる心の交流とはどんなものなのか。自分の中には流れていない時間なので、時の長さを聞くだけで圧倒されます。


[355]>347 夏らしい響き asukab

つゆ草と耳にするだけで、夏らしい涼感が漂いますね。あの小さな青が、今となっては懐かしいです。花や草の汁を絞る遊び、わたしもやりました、ジュース屋さんごっこ。夏の自然は、偉大だったなあと思います。食用でもあるのですね。そういえば、母が「昔は何でも野草で食事を用意した」と言っていましたから、つゆ草もそうだったのだろうか…と振り返りました。


[356]>324 ほおずき asukab

懐かしいです。わたしも種を除くのがどうしてもうまくできなくて、いつも残念な思いをしていました。柔らかくもみながら楊枝でつついているうちに、皮が破けてしまうのですね。音もうまく出せませんでした。母が上手に鳴らすので、いったいどうやってやるものかと練習しましたけれど、結局大人の芸を見せてもらうだけで自分ではできずじまい。今だったらできるのか…。できそうもありません。


[357]>327 観察日記 asukab

観察日記は苦手でした。今から思えば、こんなに楽しいことはないはずなのに。あの頃は、何がそんなに面倒くさかったのか。

このあたりでは、野生の白い昼顔を路地や茂みでよく見かけます。


[358]>322 ひまわりの種 asukab

お茶になるのですね。体にもよさそう。種はそのままスナックにして食べたり、サラダにふりかけて食べたりします。よく野球の選手が皮付きのまま口に入れて、皮だけをぷっと吐いていますけれど、あれは自分にはうまくできません。なので、うちで食べる種はすべて皮なしのローストです。量り売りで買ってきます。


[359]イエはてな版夏の七花を選んでみる vivisan

イエはてなにて、春の七草、秋の七草について言及されてましたね。新秋の七草も登場したときは凄くびっくりしました。

さて、春と秋にもあるんだから夏の七草はないかな?と思って調べてみたところ、あったんです。しかし、春や秋に比べると周知されていないですね。

いろんな例があるのですが、その中でもよく言われているのは、昭和の初め頃に勧修寺という人が選んだものです。


未草はスイレン属で、睡蓮の野生版みたいな感じです。河骨も同じくスイレン科で、池や沼地に生え、黄色い花を咲かせます。

夏の花といえば、私が一番好きなのは鷺草で、こちらにも何度か書きました。真っ白な鷺が羽を広げている姿はとても可憐で大好きです。去年の球根が少し増えたので3鉢になりました。

イグサや葦は絶対に簾からきているのかな?水辺に咲く花が多いなぁって思いました。

ここでみなさんの書き込みをみていて、思い入れのある夏の花がいっぱいでてきました。草でないものも多いので、せっかくだからイエはてな版夏の七花を選んでみてはいかがでしょう?

書き込みからみていると・・

あたりが多いのかな?抜けていたらすみません。


私個人的には、どこかに鷺草をいれてほしいですw

こんなふうに自分で選んでみるのも楽しいですね。そしてそれが全国に広まっていったら楽しいかもしれません。

それにまつわる歌が作れたら最高です。


[360]>285 わた tibitora

綿の花、かわいいですね(^^*

こっとんボールは1つの綿の実から4つ取れるんですね、ふわふわしたコットンボール、そのまま猫のおもちゃとかにしてもよさそうだなと思いました^^

天然の遊びおもちゃv


[361]>309 甥っ子の学校でも tibitora

甥っ子の学校でも種や苗の注文販売をしています^^

去年の夏休み前にだったので今年もあるのかなと思います。

封筒に苗とかの写真が載っていて、注文欄に書き込んでその封筒にお金を入れて先生に渡す、という購入方法です。

甥っ子の学校・・・私の母校なのですが、種や苗と一緒に「シーモンキー」も取り扱っていました(^^;

種類が豊富で専門的なのはすごいなと思います^^


[362]>359 夏の七草・鷺草・羊草 tibitora

夏の七草もあるんですね。

鷺草、私も好きですとてもきれいですよね(^^*

子供のころ家にありました^^

vivisanさんのお宅の鷺草は球根が増えたのですね、大切に育ててあげてください^^

羊草は・・・草を食べている羊さんを思い浮かべてしまいました(笑)

イエはてな版夏の七花も素敵です。

歌も作れたら最高ですね☆


[363]>362 では一首 tough

外回り営業にて詠める

「朝顔を洗い日廻り働きて 夕顔日焼け頬ずきずきと」

朝顔、藺、向日葵、酸漿、そしてもう一つ、黄昏に咲く夕顔を詠み込んでみました。って、これではただのオヤジギャグですか。失礼しました。


[364]>360 かわいい花ですね tough

綿、私も育ててみたくなりました。調べてみると生育には平均25度の気温が必要とのことですから、育てられる地域には限りがありそうですが、関東南部ならなんとかなりそうですね。

ところで綿の実にはゴシポールというポリフェノールの一種が含まれています。これは綿が虫などから身を守るために持っている成分ですから、動物にも食欲不振や消化不良などの影響を及ぼすそうです。猫のおもちゃにはちょっと不向きかもしれませんね。

最近は綿実油を絞ったカスを動物の飼料に使おうと、ゴシポールを含まない綿を作る遺伝子組み換えが実験されているそうです。たしかに世界の綿の生産量はすごいですから、それが動物のエサに転用できれば画期的かもしれませんが、こうやって何でもかんでも遺伝子を組み換えてしまう世の中は恐いと思います。


[365]>358 アメリカでは一般的な食品なのでしょうか tough

野球選手がペッと吐き出しているあれは、ヒマワリの種の皮なんですか!アメリカではかなり一般的な食品みたいですね。そういえば北米では紀元前から食用作物としてヒマワリが育てられていたと聞いたことがあります。インディアンの人たちの主要な食料の一つだったのでしょうね。

今年はもう間に合いませんが、来年はお茶用とスナック用を目指して、ヒマワリをたくさん蒔いてみたいと思います。今年は庭に一本だけ生えています。


[366]>173 平和の願いと共にある花 tough

被爆後最低75年間は草木一本生えないだろうと言われていた被爆焼土にいち早く咲いた花が、夾竹桃だったのですよね。被爆地に花が咲いた奇跡は、当時懸命に復興に努力していた人々を、どれだけ励ましたことでしょうか。

私もこの話を聞いて以来、夾竹桃を見るたびに、広島のことを思います。そして二度と戦争をしてはならないと強く思います。

広島では8月6日の原爆忌のころが、ちょうどこの花の盛りの時期だそうですね。忘れてはならない記憶をいつまでも語り継ぐ花として、一人一人の心にも咲かせたい花です。


[367]>192 男もやりたい tough

一対一の訪問形式の暑中見舞いをみんなで集まる場に変えたら、ポッドラックパーティーになるわけですね。こいつはいいアイデアです。男がやるとスイーツの持ち寄りではなく、酒や刺身や焼き鳥の持ち寄りになりそうですが、暑気払いにパーっと派手にやってみたくなりました。夏の飲み会は「集団暑中見舞いパーティー」に決まりです。


[368]>233 いい花ですよね tough

近所にたくさん植えているお宅がありますよ。私も子供のころ学校で育てた思い出があります。昔からある花ですが、今も愛好者は多いと思います。

でも最近のガーデニングブームでは人気が下火なのでしょうか。だとしたら残念ですね。たしかあの芋みたいな球根(球根とは言わないですか)は春に植えるのでしたよね。よぅし、来年の春には、私も少しまとめてダリアを植えてみましょう。


[369]>258 私は物をいただく方がうれしいですが tough

私は普段自分では買わないような贅沢品とか、地方ならではの特産物など、頂き物でしか手にしないような物がうれしいです。商品券は結局自分で買うわけですから、なかなかそういう特別な品には手を出さなくなってしまいます。

でも現金書留はうれしいですね。誰か贈ってくれないでしょうか。お中元時期に限らず、一年中受け付けしたいと思いますw


[370]>266 私も土曜だと… tough

私なんか漢字が書ける歳になっても、カレンダーに土用とあるのを土曜のプリントミスだと思っていましたから…。

ウナギとウサギは、小学校の時、ふるさとの歌の出だしを「うなぎおいし蒲焼き」と歌うのが流行っていました。


[371]>275 本来の意味 tough

熨斗は本来の物が紙に変わって形式だけになってしまった物の代表例かもしれませんね。今や本来の意味が忘れられて、完全にラッピングの一種になってしまっています。

言うまでもなく熨斗は「のしアワビ」の意味ですから、魚介類などを贈る時には重複するので付けませんが、そもそも「のしアワビ」はアワビの肉を長くのばして作られることから長命の象徴と考えられ、相手の末長い健康と発展を祈る気持ちの表れとして、贈り物に添えられてきた物ですよね。

そういう心が忘れられてしまうのは、本当に残念なことだと思います。これを機会に、形式だけ受け継いでいる様々なことの本来のいわれを、色々調べてみたくなりました。


[372]>278 冬瓜もいいと思いませんか? tough

冬瓜も、うが付きますね。夏に収穫されるのに冬の瓜なんていかにも涼しげです。和風に煮付けて冷やして食べると、食欲のない時でもけっこう食が進みます。

あと、青椒牛肉絲はどうでしょう。「ちんじゃおろうすう」でうが2つも付きますし、牛肉を使いますからここにもうが付きます。牛肉と緑の濃いピーマンで夏バテに効きそうです。


[373]>304 すばらしい伝統歳事の応用 tough

寺社の宝物の虫干しにちなんでイエにおいては書物に感謝する行事と位置づけるわけですね。こういう伝統の受け継ぎ方はすばらしいと思います。そして書物に感謝し大切にしていこうという気持ちを育てていく、すばらしい習慣だと思います。土用にちなんでこういう習慣を持っている家は珍しいと思いますので、これをぜひイエはてなからの提案として広めていけないでしょうか。私の家でも今年から実施してみたいと思います。

土用餅は初耳でした。日本にはこういう伝統もあったのですね。餅だけに、本当にモチベーションが上がりそうです(笑)。


[374]>312 同じく大賛成 tough

子供の権利条約などというものがありますが、まだまだ世界には、学校にも行けずに働かされている子供がたくさんいますね。子供は今の労働力ではありません。遊び、学び、成長して大人になってからの未来の労働力でなければいけません。そういうふうにしてたくさんの可能性を身につけて育つ子供たちが、未来のその国の発展の原動力になるのです。幼いころから劣悪な環境で働かされていては、開かれる可能性も閉ざされてしまいます。それはその国の明るい未来を閉ざしてしまうことにもなります。

>子供の仕事は勉強であり、仲間と遊ぶことであるはずなのに。

このご意見には本当に同感です。世界中の子供たちのためにも、フェアトレードをもっと推進したいと思います。


[375]>315 私もやったことがあります tough

懐かしいです。私は朝顔の花びらでやりました。白いハンカチを二枚用意して、その間に朝顔の花を挟んで叩きます。すると同じ模様のハンカチが二枚出来ます。一方を石鹸で洗うと、リトマス試験紙のように色が変わります。そんな遊びをしていました。

「夏の旗」いいですね。夏の子供の王国のシンボルみたいです。キャンプに行ったら現地で花を摘んで、テントに掲げる旗を作っても楽しそうですね。


[376]オシロイバナの記憶 iijiman

小学生の頃、親の勤める会社の社宅に住んでいました。

鉄筋のA棟。18世帯が住んでいました。住まいとは別に、屋外に、各家庭に1区画ずつ物置がありました。物置には部屋番号が書いてあるだけでした。

社宅には、沢山のオシロイバナが咲いていました。

オシロイバナは、花の後に、黒い小さな実が成ります。その実を潰すと中から白い粉……オシロイのような……が出てきます。

夏休みのある日。

そのオシロイバナの粉を沢山集めて、水で溶くと、絵の具代わりになることに気付きました。

それで、そのオシロイバナの絵の具を沢山つくって、全ての物置の扉に大きく筆で、各家庭の名字を書き込みました。自分のイエの物置には、なぜか「国立公園六甲山」のイラストまで描き込みました。

久しぶりにいいことをしたと満足感に浸りながら家に帰りました。

そして、母親にこっぴどく叱られました(今思えば当り前)。

直ちに、水とブラシで、全家庭の物置の扉を掃除することに。

しかし、オシロイバナの絵の具は意外に消えにくく、しばらくは薄っすらと、各家庭の名字が残っていました。我が家の物置の「国立公園六甲山」も・・・

2008年。我が家の近所でもオシロイバナが咲き始めました。

オシロイバナの花は、好きです。

[f:id:iijiman:20080712052908j:image:w450]


[377]>371 祝い熨斗 atomatom

上方落語に「祝い熨斗」というネタがあります。大家さんの息子の結婚のお祝いを長屋の連中が持っていくというお話。お祝いを差し上げて、それ以上のお返しを期待するという長屋の住人らしい企みがあるわけです。

ところで、「イソのアワビの片思い」という言葉があるんですってね。

一枚貝であるアワビは片身だけしかなく、それが片思いに通じ、結婚のお祝いものとしてはアワビはふさわしくないとか。

熨斗の本来の意味は、かすかな記憶があったんですが、今回、toughさんの投稿を拝読して、ちゃんと思い出しました。ありがとうございました。


[378]和紙の葉書で k-kotori

もう7月。たいぶ暑くなってきましたね。私の祖母は夏にだす暑中見舞いの葉書に涼しさを、と言いながら山でとってきた草花を押し花にしたものを、ぺたっとはりつけて、その上から和紙をうすくはって毎年夏になるとポストへ。見ているだけでも涼しくなるちょっとしたサプリです。


[379]>320 揖保の糸 ttz

ウチも子供のころから毎年揖保の糸が家に届いていました。あの木箱がおいてあるのを見ると、夏実感って感じでしたね。


[380]>372 うに苦手・・・ ttz

うにが苦手です。北海道に行ったときも食べられなくって残念でした。う、ならやっぱり牛!です。


[381]>330 うなぎ=ひつまぶし ttz

名古屋のひつまぶしがめちゃくちゃ好きです。3度に分けて食べるというのが伝統?なのかな。それがまたさらに美味しいので好き。ああいう食べ方するものも、ちょっと珍しいのかなあ。


[382]>357 塗り絵してたな? ttz

咲いた数だけ色を塗っていく。赤い朝顔、青い朝顔。子供のころは毎日早起きして塗ってました。

といいたいところですが、多分途中で飽きて親が塗ってました。。


[383]>365 アメリカ・・ ttz

アメリカ人の習性?知りませんでした。ひまわりは大きくなるのが楽しいですけど、大きくなりすぎてベランダ栽培なんかが向いてないのがちと残念。


[384]>332 花火大会 ttz

学生まではかなり早い時間に陣取ってトランプなんかやって待ってましたけど、今はもうムリ。遠くから見る花火も十分きれいですよね。


[385]>267 ビールもいいですね。 ttz

あまりビールをいただいた記憶はありませんが、ビールもいいですね。最近は発泡酒だの第三のビールだの言っていますが、そういうのが増えれば増えるほど、ビールを飲む機会も減ってきますしね・・・


[386]>188 カルピス! ttz

これもまた懐かしい。今でも飲めますけど、もうわざわざ飲まなくなったというか。子供のころはピンク色のカルピスが好きだった記憶がなんとなくあります。。


[387]>338 1年に1枚 ttz

1年に1枚来るか来ないかという感じでしたね。かもめーるは。なので、当選番号もいつも確認を忘れちゃってました。もしかしたら1等当たってたかも。。


[388]>286 もらえばうれしいけど。 ttz

なんとなく大きい箱で渡すほうが気分的に好きなので。安くて大きいものをあげてるわけじゃないですけどね!


[389]>158 映画 futanbo

「ひまわり」すばらしい映画でしたね。戦争の悲しさとラストシーンのひまわりが印象的でした。ゴッホも映画で「ゴッホ」を見てひまわりがやはり哀しく切なく描かれてました。あんなに明るい花。だからこそ哀しみを際立たせる何かがあるんでしょうか・・。


[390]>163 豆腐にうなぎのたれ futanbo

うなぎのたれ、超日本人好み甘辛ですもんね。でもたれだけって発想はなかったです。焼いた豆腐にうなぎのたれ、ちょっとおいしそうですね。今、あてに食べたいです(ビール飲み中)(笑)


[391]>165 四葉のクローバー futanbo

私もおばさんになってから久しぶりに四葉のクローバー探しをしたんですがなかなか見つかりませんね。あれは西洋では十字架を示すから幸運を呼ぶとゆう言い伝えができたんじゃないかと思うんですが・・。


[392]>387 暑中見舞い futanbo

毎年まめにくれる友人がいます。私の誕生日が夏とゆうこともあって。夏が苦手で毎年きつい状態のときに訪れる友人からの暑中見舞いはほんとにありがたく疲れた心と体を癒してくれます。ちゃんと返事しなくてごめんね。


[393]>386 カルピス futanbo

昔は定番でしたね。作る人によって濃さが違うのもあのころならではの良さですよね。そっかあ、初恋の味でしたっけ。私はママの味かと思っちゃって、あ、それはミルキーだと気づきました。夏はカルピスでしたねー。うんうん。


[394]>384 花火 futanbo

子供の頃や若い時は大きい花火に大興奮でした。今は近くのある球場で時々花火があがるのをベランダから見るくらいです。線香花火は子供のころから好きだけど、大人になるとまたいいですよね。


[395]>378 押し花 futanbo

最近は豪華な押し花もありますが、そのへんに咲いてる花を簡単にはがきやしおりにしていただいくと嬉しいものです。私も人に頂いてから自分も外に出れない方などに差し上げます。下手くそなんですけど。


[396]>379 そうめん futanbo

子供のころは正直ものたりない感(食べたとき)がありましたが、最近年をとって食欲がなくても食べられるぞ!といまさらそうめんのすごさ、ありがたさを知りました。


[397]>376 おしろいばな futanbo

すごいですね!おしろいばなから粉が出て塗料にできるなんて知りませんでした。たくさん咲く花ですよね。私も懐かしく大好きな花のひとつです。iijimanさんのエピソード素敵です。子供はこうじゃなくちゃって思います。


[398]>370 土曜と土用 futanbo

勘違いしますよね。土用の意味がわからなかったし・・。ゆーみんの歌詞に「土用波のように?」とゆうのがあって、うん?土曜日の波?て?でした。


[399]>366 夾竹桃 futanbo

どんな花なんでしょうか?平和の祈りの歌、そうゆう歌は広島だけじゃなく全国に広がってみんな歌えるといいですよね。草木が二度と咲かない土地で咲いた花・・。ほんとにその瞬間の感激は言葉では言い表せないですよね・・。亡くなった方から生きていく方へのエールのような花なんですね・・。


[400]>374 お中元 futanbo

にフェアトレード商品、すばらしいアイディアです。贈ることによって、相手の方にも知ってもらえるとゆうこと、そうやって知らない人たちが知るとゆう点でも素晴らしいです。そうやってみんなに広がっていくことを祈ります。


[401]>352 芙蓉 futanbo

最近知った花ですが、花びらがすごくきれいですよね。雨上がりの朝、散歩道に雨にぬれた芙蓉がとても魅力的でじっくり味わいました。でもありんこ多かったですね。


[402]>349 さるすべりも大好き futanbo

なんか他の花があんまり咲いてない時期に一人咲いているイメージがあります。花の色もきれいなんですが、やっぱりなんか時期的にも体がばててしんどいときに咲くので、なんか励まされて。大好きです。木肌も大好きです。


[403]>191 梅干を干す futanbo

うちの母もよく梅干ほしてましたねえ。最近は梅干つくってないみたいですけど、ベランダで、かすかにかおってた梅干のにおい、懐かしいです。


[404]>257 アザミの花 futanbo

悲しい思い出の花でした。亡くなった知人が大好きでした。最近散歩してる里山はあざみがたくさん咲いています。はじめて間近でさいてゆく姿をじっくりみました。ぎざぎざの葉っぱ。精一杯自分を守ろうとしているような花でした。すごくいとおしく感じました。きれいな蝶ちょがたくさんとまっていました。大好きな花になりました。


[405]>383 ひまわりのたね futanbo

ひまわりのたねのお菓子、無印かなんかで売ってたような・・。母が買ってきて食べたら意外とおいしくてびっくりしました。


[406]夏の花の水遣り futanbo

夏の花、育てるの苦手です。昼は暑いから水あげちゃいけなくて、朝涼しい時間と夕方涼しい時間と2回の水遣り。夏ばて状態だともう水遣りできなくなっちゃたりして、枯らしちゃったり・・。あと家を留守にするときの水遣り問題と、いろいろ大変ですよね。花を大事にまめに育てられる人ってほんとに優しい人だなって尊敬します。


[407]>406 ベランダ栽培 atomatom

ベランダーのプランターだとほんとにすぐに水切れを起こしてしまいますから。少しでも水分の蒸発を防ぐために、マルチ、といいますけど、土の表面を覆うことをされてはいかがですか。枯れ草などをプランターの土の上に配置し、その上から水遣りをすると、土中の水分の蒸発が遅くなります。

といっても作物によって水分の吸収のものすごく大量なものもありますから、この時期、こまめにやるしかないかも。


[408]>404 アザミ嬢 atomatom

アザミと聞けば即座にイメージするのが中島みゆきの歌です。この歌のイメージにぼくの頭はもはや支配されているので、なかなか子供さんに「あざみちゃん」とは名付けにくいんですけど、hanatomiさんのプレゼントも、先生がきちんとお礼状を送ってくださったことも素敵ですね。


[409]>397 おしろい花 eiyan

おしろい花は名前の通り”おしろい”の原料です。

顔料として利用出来るので貴重な花ですね。

質素な目立たない花なので探さないとなかなか見つかりませんね。

白花と赤花がありますね。


[410]>214 サルビア eiyan

サルビアは夏の花の代表ですね。

如何にも暑さの中で咲くイメージの真っ赤な赤花色。

太陽の炎の様なイメージが沸く。

ポピュラーな花ですね。


[411]>221 土用のうなぎ eiyan

土用の日に何故うなぎを食べるのだろう?

暑さ対策としてのうなぎ。

適度な脂肪と栄養バランス。

ビタミン豊富という事か。

他の泳魚でも良さそうなものだが、うなぎは他のものに比べてビタミンや栄養バランスが優れている。

最近の物価高騰を受けてうなぎも相当な高価になるかと、いぶし儀っていたが、今の所安値売りを行っている。

今のうちに購入しておいて、土用の丑の日には高価になったうなぎを横目に安い買い溜めうなぎを味わおう。

高価なうなぎも安値のうなぎも味は違っても栄養バランスは皆同じ。

同じなら安値のうなぎを狙わねば賢い買い物とはいえない。

最近の物価高騰の時期。

賢い買い物を心掛け様。


[412]>223 暑中見舞い eiyan

暑中見舞いっていつからなの?

もう時期になってるのかにゃ??

今年ももうこんな時期。

年賀状と違って暑中見舞いは極狭いお付き合い用。

だから気軽だね!


[413]>237 ありますね eiyan

数字に関する花なら時計草なんてものもあります。

どうして花名に数字が関係するかはその時の環境が左右したそうです。

願いも含まれているそうですね。

花名なんて気まぐれみたいなものもあるのですね。


[414]>261 定番 eiyan

定番のお中元は麺ですね。

冷やして食べる麺は美味しいですからもらった人は嬉しいもの。

冷麦とそうめんは麺の太さが違いますね。

最近は”うそば”という麺があるんですよ!

うどんとそばの混合麺。

嘘の様な話しでしょ!?

実際にあるんですよ!♪


[415]>281 やっぱりビール!!! eiyan

夏の暑い時期にはやっぱりビール!

暑くて汗が吹き出る程美味しく感じるビール!

やはりビールは冷やして飲む飲料ですね。


[416]>391 もしかしたら見つけたことないかも。 ttz

まあここ最近はクローバー自体見ないわけですが、子供のころはたくさん探していましたね。でも、そう言われてみたら四葉は見たことがないのかもしれません。大丈夫なのか我が人生・・・


[417]>319 麦茶=夏。 ttz

確かに。不思議といえば不思議です。なんだかガラスのコップに氷を入れて飲む姿が似合いすぎる!風鈴でもぶら下げながら飲む麦茶、夏。


[418]>398 子供のころはみんなそう。 ttz

土曜の牛の日ってみんな思うんでしょうね。ぜんぜん関係ありませんが、東名高速道路は透明高速だと思ってたし。


[419]>390 豆腐に?? ttz

うなぎのタレですか。自分の中で豆腐にはしょうゆ、何十年も続いてきたことなので試すにはチョット勇気がいりますが、やってみようかな。


[420]>339 最近は固形石鹸を使わなくなった。 ttz

ハンドソープだのボディソープだのばっかり使って固形石鹸って使わなくなりました。本当に、全く。衛生的にもどうも固形石鹸は・・・というのもありますし。昔は定番のお中元でしたが、今はかなり減っているんじゃないかな?


[421]>335 最近の小学生は、 ttz

朝顔を育てているのかな?もしくは、モンスターペアレントの影響で?自宅では育てられないからって小学校に置いてあったりするのかな?確かにあまり見ないかもしれませんね?


[422]>303 サイダー戦争。 ttz

みたいですね。今年は。サイダーも子供のころによく飲みました。でも、今でもかなり美味しく飲めますね。クルマで焼肉食べに行くときなんかにビールの代わりにサイダー飲んだりしますけど、最高!です。


[423]>251 食べたことない。 ttz

天然ものですか?。食べたことないです。でも、養殖モノでかなり満足できちゃっているチョット安上がりな舌の持ち主でもあるのです。でも、言われてみれば、食べてみたいですね。


[424]>172 蓬莱軒。 ttz

一度行きました。かなり並びましたね?。やっぱり観光名所化してるからなんでしょうか。それとも地元の人の憩いの場だからかな。やっぱり名店というところで食べてみたくなるミーハーな私です。


[425]>276 時代の変化だ。 ttz

アマゾンの存在だか立ち上げだかのニュースを聞いてからもう何年?それとも十何年?経っているのか分かりませんが、かなり浸透しましたね。ヘビーユーザーではありませんが、何度か利用したことあります。送られてくるのが楽しみでいいですよね。


[426]>392 殆ど書かなくなってしまいました nakki1342

年賀状さえもあまり書かなくなってしまったのですが・・

それ以上に暑中見舞いは書かなくなってしまいましたね。

(今年は、喪中なんで書けませんが)

1年に2回

ココロを込めて直筆で

誰かに葉書を送るっていう行為は

続けていきたいものです・・


[427]>255 カンナの思い出 iijiman

20歳の夏。何の目的もなく九州へ。

今考えると当り前ですが、関門トンネルをくぐってその先、さて、どこへ行ったらよいものか、と思いつつ、自分がどこに行きたいのか具体的に考えていなかったものだから、列車は勝手に進んでいく・・・

結局、どこへ行くともなく、ふらふらとローカル線に揺られてながら、「いったいどこへ行けばいいのだろう」と思い続けていたという、意味不明の旅行になってしまいました。

ただ、どこの線だったか忘れましたが、沿線にずっとカンナが咲いているところがあって、そのカンナの印象だけが強く心に残っています。

私は結局、カンナを眺めに九州まで行ったのか、と。

写真のカンナは神奈川県、2008/7/12撮影。近所です。

[f:id:iijiman:20080712162427j:image:w450]


[428]>367 夏を乗り切るために atomatom

先週の金曜日、この暑さを乗り切るため、くわえて、久しぶりの友とお互いの近況を確認し合うため、会合を持ちました。手土産持参ではなく、おのおのが会費3千円を持ち集まって、つまりはビアガーデンで一杯飲んだってわけです(笑)

まあ、ただ飲んだだけではあるんですけど、お互い、暑いけど頑張ろうな、とエールの交換はしましたよ。


[429]>417 お茶の日 kobukuro1

お茶が大好きな私にとってはかなり興味があります。

何気なく飲んでいるお茶ですが、いろんな角度から考えて味わうと面白いかもしれませんね!


[430]>283 包装紙 atomatom

包装紙、おばあちゃんが溜め込んでいましたわ。だからセロテープを慎重にはがしていかないと叱られました。

欧米では包装紙、慎重にはがすよりも一気にべりべりっとはがすのがマナーだそうですね。中身はなんだろうと、贈られた方が興味を持ったことをあらわすという意味で。

現在、包装紙は取っておいてもなかなか再利用できないのですが、セロテープを慎重にはがすクセだけは残っているぼくなのです。


[431]>395 文庫本に押し花 atomatom

うちの家人も押し花を作るのが好きで、ただ、作ったはいいけど、作ったことを忘れるのかな、それともどこで作ったのかを忘れるのかな、ときどきぼくが読む文庫本の中に紛れ込んでいることがあります。主にクローバー。4つ葉かなと思ったら、そうでもなく普通の3つ葉。なんだ、これはと思うけれど、幸せな暮らしというのはそういうさりげなさの中に見つかるものなのかもしれません。


[432]>408 素敵なプレゼントですね staples54

先生もさぞ喜ばれたことだろうとおもいます。

あざみの思い出は高校生くらいの時に山野草の天ぷらを作ろう!と姉と二人で手分けをしヨモギやらアザミの葉を摘んできて衣をつけて揚げて食べました。

アザミの葉は、美味しくはありましたが食べると気になるほど口の中でちくちくするのです。

後日、葉先についている小さなトゲを取り除いて天ぷらにするものだということを知りました(笑)


[433]>430 包装紙 staples54

小学校に通っていた頃は七夕の前になると必ず包装紙・新聞のチラシ・折り紙で飾りを作っていましたね?!

包装紙は私も慎重にはがすタイプです。日が経つにつれてうまくテープがはがせなくなるので気に入った包装紙は手元に届いたらすぐにはがしにかかります。

包装紙をとっておくのに折り目はつけたくないので洋服店の店先にたまに置いてある、お持ち帰りOKのピンチ付きの無料ハンガーを利用してます。

何枚も重ねてピン!と張ってピンチで留めて吊り下げて置きます。きれいな状態で使えるだけでなくいざ使おうというときに一々拡げずとも大体の大きさが分かっていいですよ。


[434]>368 近年中のことですが木立ダリアが・・・ staples54

近所のイエ々で植えるのが流行していましたよ(・▽・)☆

育てたいという人へ人づてに挿し木で増えていき、あちらこちらで見かけました。

※木立ダリア・・・草丈が3?4mにもなるダリアの超大型種です。別名 皇帝ダリアとも呼ばれているようです。


[435]>428 すごく楽しいパーティー! staples54

これ、いいですね^^ とても楽しそうです。気の置けない仲間と居酒屋で夏を乗り切れそうなメニューばかり注文してわいわい騒ぎたいです!!何がいいでしょう?にんにくの入っているもの、タンやレバーなどのモツ・・・考えるだけでワクワクしてきます♪


[436]>377 熨斗のこと staples54

よくよくみるとリボンの線の本数が5本とか12本とか違ってたり。でもそれも厳密に言えばちゃんと用途が決まっているらしいのです。

黄色い熨斗なんてのも見たことがあります。クリスチャンの方が使われるとか。

熨斗も知ると奥が深いですね。


[437]>426 暑中見舞い staples54

携帯のデコメールで友人に送りました。でも手書きは温かみがあっていいですね。暑中見舞いは年賀はがきより数が少ないですが、貰うとやはり嬉しいです。かもメールもくじ付きなので発表されたらチェックしようと思っています。


[438]>427 カンナ staples54

ブッタの血が地面に落ちた場所からこの花が咲き出た、といういわれがあるそうです。色が鮮やかで存在感があり、花を見ると咲いていた場所の思い出が引き出されます。


[439]>396 ごまだれのつゆ sidewalk01

を使うことがあります。同じ味ばかりだと飽きてしまうので、年一回は違う味のつゆを買いたいですね。


[440]>350 花選び staples54

嬉しい悲鳴が文章からとても伝わってきました!w

でもすごく悩んだ分、キュートで門出を祝うおめでとうの気持ちがいっぱい詰まったブーケが仕上がったのだろうとおもいます。ブーケは花だけでなくラッピングペーパー・リボンの組み合わせもとても本当に楽しいですね^^ お店でいいなと思うリボンをみかけたらブーケ用で買って準備しています。


[441]>423 ぶっ込み釣り xnissy

中学生ごろ、夕方にミミズを針に付けて投げ込んでおき、早朝引き上げるという「ぶっ込み釣り」をやったことがありますが、さっぱり釣れませんでした。親父はその川で釣ったと言っていたのですが、もういなくなってしまったのかも知れません。


[442]>409 パラシュート xnissy

小学生のころ、通学路にオシロイバナが生えていました。

まず花を摘み取ります。花から種を引っ張ると、種が雌しべでつながった状態になります。これを放り投げて「パラシュート」と言って遊んでいました。


[443]>442 なつかしいです! sayonarasankaku

オシロイバナ、よく子供の頃タネの中の白い中身を出して遊びました。

パラシュートもよくやりましたよ。

以前はよく見たんですけど、そういえばこの頃見かけないような気がします。


[444]>433 昔はよくとっておいてましたね。 sayonarasankaku

昔はどこの家もとっておいたのではないでしょうか。

このごろはあまりとっておかないような気がします。

お洒落な包装紙で、本のカバーにしたりもしました。

確かに、子供が幼稚園の頃は、幼稚園にいつ持って行くかわからないので、

常備していました。


[445]>416 昔はよく、 sayonarasankaku

昔はよく探したのですが、

この頃は四つ葉のクローバーを探すこともなかったです。

そういう場所にすら、あまり行ってなかったかもしれません。

私たちは、よくシロツメ草の四つ葉を探してたように思います。

また機会があったら、探してみたいな。


[446]もし、何がいいかと聞かれたら・・・ sayonarasankaku

我が家は、今のところ、お中元は贈らないし届かない家庭なのですが、

もし貰えるとしたら・・・、

ちょっと自分では買うのにためらうような美味しいものを、少しでいいから頂きたいな。(笑)

例えば、有名なお店のケーキとか、美味しいカレーだったりとか、

自分ではちょっと作れないものなんかもいいかもしれません。


[447]>420 使うものだから嬉しい nakki1342

石鹸は、お中元でもらったことないのですが

使うものなので嬉しいですね

手を洗う石鹸だけでなく洗濯用のものとかでも同様です

やっぱり生活の中で使うものって

喜ばれると思うんですよね


[448]>446 自分じゃ買わないようなものだとうれしい tachibanasi

自分じゃ絶対買わない様なちょっと高級でおいしいものだとうれしいですよね。

ちょっといいお肉とかだとうれしいです。


[449]>441 うなぎ mugennoginnga

天然ものと養殖ものを意識せずに食べてましたが一度食べ比べてみたいです。

そんなに違うのかな。


[450]>448 そうそう! Oregano

自分ではまず買わないような物がうれしいですね。私なら高級な洋酒とか(笑)。高級和牛霜降り肉もいいですね。いただいたら狂喜してしまいます。誰か贈ってくれないでしょうか。ごくり。


[451]>254 いい話です Oregano

自分で丹誠込めて育てた花をお供えしたら、本当にご先祖様に喜んでいただけるでしょうね。お供えすることを考慮して切り花に適した花を育てているとのこと。私も見習いたいと思いました。

お観音さんの花束もいいお話です。うちの方にはそういう習慣がまったくありません。というか、お盆そのものが形骸化してしまって、知らないうちにお盆が過ぎてしまうという感じです。東京では7月をお盆とする家が多いので今がちょうどそれに当たりますが、はたしてどのくらいの人がお盆を意識しているでしょうか。


[452]>289 包装はできるだけ簡素なのがいいですね Oregano

簡易包装を選択すると、環境のための包装を簡略化していますみたいな断り書きを入れてくれるお店もありますね。そういう配慮をしてもらえれば、簡易包装でも全く失礼には当たらないと思います。のしだって、ちゃんと心が伝わるなら短冊形で十分です。


[453]>297 私もそう思います Oregano

自分がめったに手にしないような物を贈るのはなんともむなしい感じがしますが、贈る物をポリシーを持って選んで、そのポリシーを伝えたいという気持ちになれば、また違った気持ちになれますね。

お中元ではありませんが、うちではよく、本当の本醸造の無添加醤油をお使い物にしています。こんなにうまい醤油があったのか、知らなかったよと言われると、とてもうれしくなります。


[454]>314 私も配送基地でバイトしていたことがあります Oregano

大手宅配会社の中継基地なので、毎日すごい数のトラックが出入りします。その誘導が私の仕事でした。でも時々中の仕事に回されることもありました。通称引っ張りという倉庫内の荷物の移動ですが、普段外の仕事なので中の配置をよく把握していなくて、時々間違えて倉庫内を一周してしまうこともありました。でもああいう汗を流す仕事は楽しかったですね。

私の所は大手宅配会社の基地なので派遣ではなく全員直接雇用でしたが、一つの基地に複数の支店が入っているので、支店ごとに帽子の色が違いました。


[455]>344 お洒落で涼しげですね Oregano

夏の花の、とてもすばらしい楽しみ方ですね。お客様にお出ししても喜ばれそうですし、パーティーの彩りにも最高だと思います。そして出てきた花は食べられる。無駄がないし安全だし、最高です。


[456]>354 本当になかなかできないことですね Oregano

恩師にお中元…。それだけでもなかなかできないことだと思います。本当なら、会社関係とか義理がけでのお付き合いの方ばかりでなく、まずお世話になってきた方にお贈りすることを考えなければいけないのですが。

それをなんと60年以上に渡って季節ごとのごあいさつを欠かさないとは、本当に心のこもったお付き合いなんですね。ちょっと感動すらおぼえてしまいます。


[457]>355 可憐で清楚な花ですね Oregano

お昼ごろにはしぼんでしまう花ですから、早朝が一番の見ごろですね。でも朝露を連想させるからツユクサなのかと思ったら、花の汁が付きやすいのでツキクサと呼ばれ、それが後世ツユクサに転じたとする説もあるそうです。

トキワツユクサはたしかに南米原産の帰化種ですし、多年草ですから引き抜かないとまた来年も同じ場所で咲きますが、あれは元をたどると観賞用に持ち込まれた物が広がってしまった、いわば野良と言うべき存在です。トキワツユクサが悪いのではなく人間が悪いんです。

トキワツユクサと近い種類のムラサキツユクサも、今はまるで日本の花のように普通に咲いていますが、元をたどると北米が原産です。


[458]>363 日焼けで頬ずきずきw Oregano

楽しい和歌で思わず笑ってしまいました。

夏の花に、ぜひトウモロコシの花も入れませんか。地味で誰も花と気付きませんが、てっぺんに付いているのが雄花、そして育つとトウモロコシになる所が雌花ですよね。トウモロコシのヒゲは雌花のめしべです。そろそろあちこちで花盛りです。トウモロコシ畑が近くにある人は、ぜひお花見してください。


[459]>364 遺伝子組み換えで自然の綿の危機! Oregano

このままいくと、商用で育てられる綿は、みんな遺伝子組み換えに変わってしまうかもしれません。自然のままの綿をみんなの手で残したいですね。そして遺伝子組み換えの綿は嫌だ、自然のままの綿を栽培してくれという声を上げていかないといけないと思います。

「コットンボール銀行」いいですね。タネはここから融資していただけるのでしょうか。私も参加してみたいです。私は自分の作った綿でどてらを作って冬に着てみたいです。


[460]>373 本に感謝する心を広げるイエ・イベント Oregano

私もこれを土用の季節の新しい提案として広めていけると、本当にすばらしいと思いました。本は文化の大黒柱です。本を大切にしていく心が、豊かな文化を花開かせます。土用のウナギと同じくらいの知名度で、土用といったら本に感謝する土用干しだよねという習慣が広まったらどんなにいいでしょう。

作業が終わった後の土用餅でティータイムも、ぜひ一緒に広めましょう。日本の文化が一段階レベルアップしそうな、イエはてなから発信するにふさわしい暮らしの習慣の提案だと思います。


[461]>399 大切にしたいですね、夾竹桃に寄せる思い Oregano

キョウチクトウで画像検索すればたくさん写真が見つかると思いますが、白や桃色のきれいな花を咲かせる常緑の低木あるいは小高木です。乾燥や過酷な条件にも強いので、公園や街路樹などとしても見かけることがあります。

広島の夾竹桃の話、実は初耳でした。調べてみたら、今は広島市の花にもなっているんですね。市民投票で一位になって、この花が選ばれたそうです。被爆地の人々がいかに死の灰で焦土と化した地にこの花が咲いた奇跡を大切に思っているかがよくわかりました。

夾竹桃の歌を、ぜひ私も聞いてみたいと思います。そして憶えて、歌い継いでいきたいと思います。二度と戦争などという愚かな過ちを犯さないために。


[462]>452 簡易包装で! atomatom

簡易包装で、というか、簡易包装のほうがきっと喜ばれるのではないでしょうか。神戸市も今年中にゴミの収集にお金がかかるようになります。少しでもゴミは減らしたいですよ。簡易包装に賛成。ついでにお店の方もクールビズ着用でお願いしたいです。


[463]>451 庭の花を atomatom

結婚する直前だったかな、奥さんの親戚のお宅にご挨拶に行ったときのことです。

親戚一同に紹介され、今後ともよろしくどうぞという挨拶が終わったら、自然に裏山にある一族のお墓へと導かれました。

お墓の中の方々にも婿のお披露目ということでしょう。

そのときに、親戚の方は庭のアジサイを大量に切り取ってお供えとして持っていったのが、なんとも飾らなくて当たり前で、素敵だなあと思ったのを思い出しました。


[464]>419 タレ atomatom

うなぎのタレはタレの中でも王様でしょうか。焼き鳥のタレよりも濃厚な気がします。老舗のウナギ屋なんかでは何十年も継ぎ足し継ぎ足ししてタレを使い続けているじゃないですか。なんかあったらこのタレの壷だけは持って逃げろというくらい大事にして。あの壷の底の方に、例えば昭和初期のウナギのカケラが今でも残っていたりして、と想像するのが好きなんですよ。


[465]>361 うちでもやってほしい! atomatom

学校でタネの販売っていうの、いいですねえ。うちの近くでは残念ながら聞いたことありません。小学校が発信地となって、地域のお年寄りなんかも巻き込んで、どんどん花や緑が増えていったらいいのに。

この間、よく利用する100円均一の店からタネが一掃されていて悲しくなりました。たまたまなのかなあ。春の園芸シーズンになったらまた取り扱うんだろうか。100円で2酢類のタネが買えてとても便利だったのに。


[466]>463 しきみも vivisan

うちの実家は今も切花は仏壇にお供えできるようにタネから育てています。

ちなみにしきみも育てていて、切花といっしょに仏壇やお墓参りに供えます。

しきみって「悪しき実」から「あ」をぬいたものといわれていて、有毒物質があるそうですが、土葬にした遺体を動物に掘られないようにするために、墓地にシキミを植える習慣があったそうですね。

なるほど・・って思ってしまいました。


[467]>461 8月6日うまれには vivisan

ぐぐっときますねぇ・・・。初めて聞きました。

今まで夾竹桃の花って見たことはありましたが、名前を知りませんでした。

調べてみたら、川崎の公害にも耐えうるすごい生命力の花なんですね。広島の人々がよりどころにした意味もわかるような気がします。

ただ、花、葉、枝、根、果実すべてにおいで有毒物質があるようで、取り扱いには注意が必要みたいですね。

それがこうじて薬にもなっているようです。

私も夾竹桃の花をみながら、平和を祈りたいと思います。


[468]>458 未草 vivisan

この花、昔は未の刻に咲くから未草といわれていたそうですね。でも現在未の刻ではなくもっと早くから咲いているそうですw

toughさん、すごいです!一瞬のうちに詠んでしまわれるとは・・ありがとうございます。

なにげない1日の営業さんの暮らしの中に夏の花がたくさんちりばめられていて、すごいなぁと思いました。営業さんのたいへんさを想像できると共に、暑い夏にがんばって咲いている花々が思い浮かびます♪

とうもろこしって、あれが花だったんですかっ!ちょっとびっくりです。今年はじめてうちのなんちゃって畑に植えました。無事に花が咲いてくれましたが、1/3は鳥さんに食べられてしまいましたw しかもちゃんと収穫できたのは、つぶがまばらになっているものだけです。これを見分けられる鳥ってすごいなぁ・・と改めて感心してしまいました。


[469]>462 包装紙の代わりになるものを探せ! teionsinonome

風呂敷なんかで包んで再利用してもらうっていうのも有りじゃないですか? 好きな洋服屋さんが買い物した時にビニールや薄紙じゃなくて小風呂敷に包んでくれるのですが、活用しまくってます

風呂敷代が別料金かかるでしょうし結ぶと運送時に積み重ねられないので工夫が必要ですが・・・

のしだけだと味気ないし安全性で心配ですがこれだといいなあと思いました


[470]>436 熨斗話、大好きです teionsinonome

学生時代に某雑貨店でバイトをしていて、その時お熨斗のマナーを叩き込まれました

結婚のお祝い内祝いや快気祝いなど1回だけでいいものは結びきりの水引のお熨斗を、新築祝いや進学祝など何回あっても良いことは花結びのお熨斗を使うこと

弔事のお熨斗には薄墨で書くこと(涙で墨が薄くなったということらしいです)

西日本は外熨斗(包装紙の外にお熨斗)、東日本は内熨斗

慶事は包装紙の右側が上に、弔事は逆になるように包む などなど

細かいことですが知っておくとその人の格が上がることだと思うので、身につけておいてよかったなーと社会人になって思いました


[471]>435 女性ならでは vivisan

私はお酒がのめないので、ビアガーデンっていってみたいんですけど、まだ一度もいったことがありません。しかし、もちよりスイーツというのがいいですね!これなら私でも十分楽しめます。

もちよってでもいいですし、いっしょにスイーツを作ってもいいですね♪

子供のころは集まってお菓子作りをしていたので、今年はやってみようと思います♪


[472]>341 晴天、続いてますね♪ vivisan

最高気温をたたきだすような温度で毎日暑くなりましたね。

ちょうど梅干を干すのにもってこいの日だったのではないでしょうか?

もうしばらくしたら梅雨もあけるので、待ち遠しいですね。

母は毎年梅をつけていますが、私はまだやったことがありません。来年は梅干にもチャレンジしてみようかなと思います。


[473]>471 私もやりたい! TinkerBell

男子禁制、女だけの暑気払い大会??♪

私もぜんぜんお酒が飲めないので、スイーツで盛り上がれたら幸せです。

それに、お互いを気遣い合う暑中見舞いの心で集まれたら、

友情がぐっと深まりそうです。

みんなでお菓子を作り合ってすごすのも楽しそうですね。

材料をみんなで持ち寄り。

うわぁ、計画段階から盛り上がりそうで楽しみです。


[474]>460 本を大切にする機会 fwap

本を定期的に虫干しすることを知ってる人は少ないと思います。

本を大切にできる、感謝できる貴重な機会ですよね。


[475]土用かえし vivisan

前回いわしにてはじめて味噌作りをしてみたと書きましたが、土用かえしというのがあって、ちょうど土用の頃に蓋をあけて中身を確認し、おみそに空気をいれて底からざっくりまぜまぜするんだそうです。いろいろ説はあるそうで、土用前にかえす人もいます。

(私ははじめて一ヶ月目からあけてますけど)

このときに、発酵具合をかくにんし、カビの処理などをします。

そしてこれが終わって夏にどんどん熟成され、秋に香りがでて風味がよくなったら完成です。

ちょうど7月は土用丑なので、私は土用かえしとしゃれこみたいと思います。


[476]>467 私もぐぐっときました TinkerBell

vivisanさんは8月6日生まれだったのでしたね。

私はぜんぜん違いますが、でも本当にぐぐっと心に迫ってくるものがあるお話でした。

被爆地…。すべての命が一瞬にして吹き飛ばされ焼き尽くされた場所…。

そこは想像を絶する惨状だったと思います。

そこに、花が咲いたなんて…。

本当に奇跡ですよね。そこから広島の命がよみがえってきたんですね。

私もはじめてうかがうお話でした。

でも、深く心に刻んで、ぜったいに忘れないようにしたいと思います。

この次核兵器が使われたら、きっともう花がよみがえる保証はないと思います。

心から、原爆も軍隊も戦争も必要ない世界を祈りたいと思います。


[477]>476 同じく lovelykuma

いいお話ですね。

思いが人一倍強いのではないでしょうか?

夾竹桃、知りませんでしたがひとつ勉強になりました。


[478]>475 へー lovelykuma

しりませんでした。

土用かえしというのですね

私も、これをやってみようかな。


[479]>473 女だけ lovelykuma

女だけというのがいいですね

すっごく盛り上がると思います^^

スイーツで楽しむ、あぁ、やりたいです!!


[480]>472 梅干 lovelykuma

梅雨が明けて暑くなる頃

おばあちゃんが梅干を干し始めます

私もお手伝いしますが、案外楽しいです^^


[481]>470 のし lovelykuma

最初、読めなくって

なんてかいてあるんだろう?と、疑問に思ったことがあります。

東と西でいろいろ違うんですよね。


[482]>469 風呂敷 lovelykuma

荷物をもっていくときに、おばあちゃんは風呂敷を愛用しています

おしゃれな柄とかもあって、私にも案外受け入れられます。


[483]>468 すごいですねぇ lovelykuma

よむということをしたことがないので、

それだけで、ちょっと尊敬します。

とうもろこしの花、みたことないなぁ。

かわいいイメージがありますね。


[484]>475 こういう土用の行事もあったんですね TinkerBell

こういうお話をうかがうと、季節とともに暮らしてきた昔の人のことがしのばれます。

今の私たちは季節の最盛期には色んなことをして季節感を味わって楽しみますが、

土用という季節の切り替わりを告げる期間を感じながら過ごすことは、

ほとんどなくなっていると思うんです。

でもお味噌作りをしていると、お味噌はは微生物の働きで作られるものですから、

きっとそういう季節の変わり目こそが大切なんだろうなぁと思います。

お味噌づくりってすてきですね。

私も今度、仕込んでみようかなぁ。

今までとは違う季節の感じ方ができそうです。


[485]>465 私も lovelykuma

100円均一で

タネを買ってきました

1週間ほどでちゃんと芽がでましたよ?

すごいですよね


[486]>466 庭のはな lovelykuma

そういう思いがあるものを添えるというのはいいですよね

かってきた物より、思いのあるもの

素敵です。


[487]>464 豆腐 lovelykuma

豆腐は・・・しょうゆでしょう^^;

たれをかけるって、ちょっと意外です。

でも、案外おいしいかも?


[488]>459 綿 lovelykuma

ふんわりしたホンモノの綿をみたことがあります

こんなものから作られるんだぁと、感動下覚えがあります

たぶん、小学校の授業かなにかだと・・・。


[489]>456 お中元 lovelykuma

恩師に・・・といっても

今はどこにいるのやら。

全く付き合いがないです。

感動しますね。こんな長い間つきあいがあるって。


[490]>457 つゆくさ lovelykuma

名前がもうかわいいですね^^

ムラサキツユクサも名前がかわいいです。

今度調べてみます。小さな可憐な花をイメージします。


[491]>455 エディブルフラワー lovelykuma

すごーい。

夏らしい楽しみ方ですよね

お客様に出すというのはイイアイデアだと思います

喜ばれそうですね^^


[492]こんな夏のお便りはいかがでしょう Lady_Cinnamon

お中元のお礼状や暑中見舞いなど、葉書や封書で出される方、最近はメールで手軽に、という方もいらっしゃるかも知れませんね。

お中元で何かを頂いた時など、お礼状を書くようにしています。

中には封書で、昔ながらの古風な物もあれば、気軽なお便りもあります。

お相手にもよるのですが、私は葉書やメールで次のようなお便りを送っています。

頂いた水羊羹を写真に撮り、美味しかったですよ、というメッセージを込めて送ります。

これは『ありがとうのカタチ』という本からアイデアを頂きました。

他にも、包装紙をお便りにアレンジしたりと、色々載っています。

ありがとうのカタチ―Thank you card 170

ありがとうのカタチ―Thank you card 170

今はプリンターでも、気軽に手書きつきの写真・葉書印刷もできますね。

fotolifeでも絵や文字を書き込めるので、画像をメール添付というのもできます。

今回は水羊羹で涼しげな器を使い、お礼メッセージにしてみました。

でも、涼しげなスナップなので、暑中見舞い用にも使えなと考えています。

水羊羹クンには、『暑いですね? お元気ですか?』と、私代わりに語りかけてもらいます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ