人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

SEO的にサブドメインは有効ですか?
例えば、http://www.example.com/abc と
http://abc.example.com ではSEO効果に差はありますか?

業者がサブドメインにしろというのですが、そんなに効果があるとは思えないのです。

●質問者: baihen
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:SEO サブドメイン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● koujirou
●21ポイント

Googleに関してはサブドメインをドメインと同一の属性と判断するようになったので複数のサブドメインがある場合は3つほどしか表示されにくくなっています。完全に表示されないわけではありません。かなり下に私のサイトは表示されていました。(100位とか)

どうやら単一ドメインとサブドメインの内容が大幅にことなる場合にサブドメインでも複数表示されるようです。

そのため、サブドメインを利用するには表示されない可能性があるので非常に危険な行為になることがわかります。

サイトのアクセス数が収益につながるサイトではやめたほうがいいです。

またサブドメインを被リンクとみなしSEO効果を狙うのは現在効果はありません。

地図サイトで都道府県ごとにサブドメインを作っていたのですがSEOスパムとみなされてURLの書き換えに大変そうでした。


サブドメインで運用するより、単一のドメインのほうが上位に表示されやすいのはよく知られています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>Googleに関してはサブドメインをドメインと同一の属性と判断するようになった

これがポイントでしょうか。


2 ● ele_dir
●21ポイント

一般的な説明になりますが、標準的な企業のページでは、今現在、そこまで効果はありません。ただ、昔、絶大な効果があったことは事実です。

サイトの内容がしっかりしているなら、どちらでも大差はないと思います。

ただ、分けても管理が煩雑にならないなら、また、コストがかからないなら、分けた方がいいとは思いますが、PVの変化については期待はずれな結果になると思います。

また、ページの内容が似ているにもかかわらず、分けてしまうと、SEOスパムにもとらえられる危険性もあり、中途半端なサブドメインはお勧めできません。内容が全く違うなら問題ありません。下手にSEOを狙うよりは内容の充実の方が、SEOや顧客満足度の両方を満たし良いと思います。

ちなみに、google.co.jpやAllabout,yahoo.co.jpなどは分けていますが、amazonやrakutenなどは全く違う内容でない限り分けてはいません。

より適切な回答を得るには、なぜサブドメインを作成するのか、SEOをするための目的、サイトの内容や規模などもう少し書かれた方が、突っ込んだ説明ができると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

>ページの内容が似ているにもかかわらず、分けてしまうと、SEOスパムにもとらえられる危険性

を危惧しているのですが、


>昔、絶大な効果があったことは事実

ということで業者から勧められています。


3 ● easygoings
●21ポイント

他の条件がまったく一緒なら、http://www.example.com/abchttp://abc.example.com なら、

後者のほうが、SEO的に有利になるでしょう。

例えば、

http://www.example.com/123/456/789/012/345/678/901/234/567/890/a...

http://www.example.com/abcなら、

まったく同じ内容であっても、後者のほうが上位に表示されるのは、検索してみればなんとなくでも実感と

して判るのでは無いでしょうか。階層が深いものほど(URLが長いほど)、サーチエンジンは低く評価します。

ですから、全ページがが1階層上がるため、サブドメインを使用したほうが評価が高いといえます。

但し、既にhttp://www.example.com/abcで、ある程度の評価を得ていて、今から、http://abc.example.com

に変更すると、一時的に評価を下げることにはなるでしょう。もしやるのであれば、

http://www.example.com/abc以下の全ページから、http://abc.example.com以下の前ページへリダイレクト

させるなど、配慮したほうが良いでしょう。これは、SEOだけでなく、ユーザにとっても親切です。

また、サブドメインとなるabcには、キーワードが含まれていたほうが、より良いようです。

ただし、SEOとしてアドレスを変えるのは、小手先のテクニックでしかないですから、

同じ労力をかけるなら、内容を本当に他の人に役立つ情報を入れるとか、他には無い情報を載せるほうが、

よっぽど効果的です。まぁ、それが簡単にはできないから、小手先のテクニックに頼るわけですが。

参考サイト

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/06/17/3132

◎質問者からの返答

明快な解答ありがとうございます。


4 ● klnm5
●18ポイント

SEO的にサブドメインが特別有効というわけではありません。

理由もなくサブドメインが有効だと言うのであればそのSEO業者を疑うべきでしょう。

◎質問者からの返答

そうですよね。


5 ● 松永英明@ことのは
●50ポイント

SEO上、サブドメインとサブディレクトリに「違い」はあります。どちらが有利かは状況によります。

つまり、サブドメインを使った場合、

サブディレクトリを使った場合、

おそらく業者の方は「相互リンクが外部リンクとして認識される」という点を重視して、サブドメインを勧めているのではないかと思いますが、プラスだけではありません。以下、関連するわたしの日記です。

http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20080626#1214463600

経験上、サブドメインに分割してしまうと、それぞれのサブドメインの評価が下がって全体的に共倒れということがあった。たとえば、以前は、archive.twelve-girls-band.info、blog.twelve-girls-band.info、bbs.twelve-girls-band.info、news.twelve-girls-band.infoとwww.twelve-girls-band.infoを全部分けたのだが、そうするとお互い独立したドメインと認識されて、お互いのリンクは「外部リンク」になるものの、個々のサブドメインごとの集める被リンクは少なくなり、結局分割しただけ弱小ドメインになって共倒れみたいになってしまった。

今はできるだけ一つのドメインの元にサブディレクトリ化する方向でやっている。この場合、サイト内のリンクが「外部リンク」ではなく「内部リンク」と認識されることになるが、Yahoo!サーチでは内部リンク数を重視している。また、googleでも内部リンクが多ければ、うまくナビゲートされたユーザビリティの高いサイトとして認識されやすくなるので、悪いことではない。

補足しますと、かなり巨大なサイトの場合は、ある程度サブドメインで分割しても大丈夫だと思います。たとえば、q.hatena.ne.jpとd.hatena.ne.jpとb.hatena.ne.jpがそれぞれ別であっても、充分な被リンク/ページランクを獲得可能です。しかし、小さなサイトで分割してしまうと、共倒れ、あるいは一部のサブドメインのページランクがまるで上がらない可能性があります。

サブディレクトリにした場合、一つのサイトで2ページまでしか表示されないという問題については、よく検索されているページから関連ページへの内部リンクナビゲーションを上手につけることで解消されると思います。また、サイトマップファイルを利用することで、サイト内の全ページをクロールさせたり、そのページの重み付けをしたりすることが可能ですから、サブドメインで分割するメリットは少なくなっていると思います。

もし仮にそのSEO業者がサイト内のナビゲーションの効率化(動線の改良)などについて何も述べず、ただ外部リンク数を増やすことだけを考えているなら、そういう業者は切った方が賢明だと思います。

◎質問者からの返答

長文の回答ありがとうございます。

大変よくわかりました。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ