人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

頸動脈エコー検査と脈波どちらが動脈硬化を調べる人間ドックのオプション項目として適当でしょうか。

●質問者: photos
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:エコー オプション 人間ドック 動脈 検査
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● totsuan
●60ポイント

両方ともオプション、あるいは標準メニューに加えてもいいのではないでしょうか。

単純に「動脈硬化」を調べる検査といっても、それぞれの検査では観察部位およびデータの意味合いが異なってきます。頚動脈エコーであれば脳梗塞発症のリスクについて画像による確実な確認ができますし、脈派測定であれば四肢のASO発症リスクを予想して、更なる検査の検討が即時的に行えます。どちらも患者さんへの侵襲が殆どなく、保険点数的もお手ごろという点では人間ドッグに適していると思いますが、頚動脈エコーはきちんとした検査技師あるいは医師による検査実施が必須ですが、脈派測定検査であれば基本的に血圧測定と殆ど変わらないので専門スタッフを配置する必要は少ないという点から、脈派測定検査はルーチンでも良いように思います。

頚動脈エコーの紹介:

http://www.miwaclinic.net/ultrasound.html

http://wada-clinic.com/keidoumyakueko.html

脈派測定検査の紹介:

http://www.kmc.or.jp/2.dock_kenshin/domyakukouka_kensa.htm

http://yamaguchi-heart.com/setubi-pic/9.html

まぁ、いっそのこと両方ともやってあげたほうが患者さんにとっては嬉しい検査になると思いますけど。

お粗末さまでした。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ