人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

健康診断で心臓ドックより脳ドックの方が普及しているのはどうしてでしょうか。

●質問者: photos
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:健康診断 心臓 脳ドック
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● PoiMan
●27ポイント

特に脳ドックの方が普及しているという訳でもないと思うが、

学会における周知・普及活動等の差が影響しているものと思われる。

http://www.snh.or.jp/jsbd/

また、心臓は通常の検診手段でもある程度診察されれるが、

脳についてはMRI等それ専用の機器類の使用が望ましいことも一因か。

◎質問者からの返答

どうも有難うございました。


2 ● Stewart
●27ポイント

心臓病は遺伝的なところも多い。


その点、血管が関係する脳の病気は死亡に繋がることが多い。

急死の可能性がある。

成人病とも関係する。

よって一般人に恐れられ、人間ドッグで患者数も多い。

需要と供給の関係です。




脳梗塞 脳溢血 等々

http://www.endovascular.jp/


3 ● wacm
●26ポイント

心臓病や高血圧の判断は容易となり、治療法もある程度確立したが、

脳疾患治療の期待が高まったことと、fMRIやPET、CTといったスキャン技術の発展で

健康診断で心臓ドックより脳ドックの方が普及しているのではないでしょうか?!


http://www.kurokawa-iin.com/nendaibetu.htm

年代別の健康の守り方。

->厚生労働省データの2次使用となりますが、

ひょっとするとphotosさんの「健康診断で心臓ドックより脳ドックの方が普及している」

という仮説は誤っているのかもしれないです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ