人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

http://en.wikipedia.org/wiki/Honduran_white_bat
上の英文のサイトを日本語に訳してください。
多少、意訳でも構いませんので、日本語としてわかりやすいようにお願いします。
機械翻訳ではダメです。


●質問者: kai11
●カテゴリ:学習・教育 旅行・地域情報
✍キーワード:サイト ダメ 日本語 機械翻訳
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●35ポイント

The Honduran white bat (Ectophylla alba) has snow white fur and a yellow nose and ears. It is tiny, only 37-47 mm long. The only member of the genus Ectophylla, it is found in Central America and the Caribbean.

シロヘラコウモリ(直訳するとホンデュラス白コウモリ)(学名Ectophylla alba)は雪のように白い毛皮と黄色い鼻と耳をもつ。小さくて、体調は37mmから47mmである。Ectophylla属の唯一の種であり、中央アメリカとカリブ地域に見られる。

The Honduran white bat cuts the side veins extending out from the midrib of the large leave of the Heliconia plant causing them to fold down to form a 'tent'. They cling to the roof of this tent in small colonies of up to a dozen individuals, consisting of one male and a harem of females. The tent protects them from rain and predators.

シロヘラコウモリはヘリコニア属の植物の大きな葉の中心の葉脈(=主脈)から伸びた側脈を切断してテント状に垂れ下がらせる。シロヘラコウモリはこのテントの屋根の部分にしがみつき、最大12匹程度の個体からなる小さなコロニーを形成している。そのコロニーは1匹がオスで残りがメスというハーレムである。このテントは彼らを雨や捕食者から保護する役割をしている。

Most tent-making bats take flight at even slight disturbances, but researchers in Costa Rica have reported that Honduran white bats take flight only when the main stem of their tent is disturbed, possibly because they are well camouflaged.

ほとんどのテントを作るコウモリは(テントに)少々支障があっても逃げ出すが、コスタリカの研究者によればシロヘラコウモリはテントの主軸に支障がない限り逃げ出さない。おそらくは彼らが非常によくカムフラージュされているからであろう。

Although their tents are typically low to the ground (about six feet), sunlight filters through the leaf which gives their white fur a greenish cast. This almost completely conceals them if they remain still. It has been suggested a colony may have a number of tents scattered within the forest. It is one of 15 species of Latin American bats that roost in tents. In the Old World, 3 species of bat from India and Southeast Asia are known to roost in tents.

彼らのテントは一般に地面にまで垂れ下がっている(約6フィート)のだが、テントの葉っぱを素通りした太陽光は彼らの白い毛皮に緑がかった色を映す。これによってじっとさえしていればほぼ完璧にシロヘラコウモリは隠されてしまうのだ。ひとつのコロニーが森じゅうに散らばったいくつかのテントを持っている可能性も示唆されている。シロヘラコウモリはラテンアメリカに15種類いるテント生活しているコウモリのうちの一種である。旧大陸にはインドから東南アジアにかけて3種類のテント生活するコウモリがいる。

※参考:

http://www.ruffordsmallgrants.org/rsg/Projects/BernalRodriguezHe...

http://www.nationalgeographic.com/wildworld/profiles/photos/nt/n...

結構かわいいですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● PoiMan
●35ポイント

Honduran white bat(Ectophylla alba)は白色の体毛および黄色の鼻と耳をもつ。

体長はごく小さく、37〜47mmしかない。Ectophylla属にはこの一種しかおらず、

中央アメリカやカリブ諸島地域に生息している。


Honduran white batはヘリコニアという植物の葉の主脈から横に伸びる葉脈を切って折り畳んでテント状のものを作る。

そのテントの天井部分にくっついて、最大で10余りの個体からなる小さなコロニー

(オス一匹とメス達のハーレムから成る)を形成する。このテントによっては彼らを雨や捕食者から守られる。

テントを作る習性をもったコウモリの多くは、少しでも作ったテントが崩れると飛びたつのであるが、

Honduran white batは「テントの主軸が乱された時にだけ飛ぶ」とコスタリカの研究者は報告している

(恐らく、彼らのテントの出来がよく、少々崩れたぐらいでは関係ないほどに上手くカモフラージュできるためであろう)。

彼らの作るテントの多くは低位置(地上約6フィート)にあるが、日光が葉を通り抜けてあたるので、

彼らの白い毛が緑がかったようにみえる。

そのため、じっとしているとほぼ完全にカモフラージュされた状態となるのである。

Honduran white batは、ラテンアメリカに生息しテントのなかで暮らす15種のコウモリのうちの一つである。

東半球では、インド〜東南アジアに生息する3種のコウモリがテントをねぐらにすることが知られている。


http://en.wikipedia.org/wiki/Honduran_white_bat

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ