人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

7年前から統合失調症を患い、その7年前にパニックを起こしてしまい、
クレジットカードをギャンブル系に使ってしまって払えなくなって
しまいました。事情をカード会社に家族が話したところ、医者の診断書を提出したことで、
支払は免除されましたが、そのクレジットカードは没収となりました。
今はほぼ回復しているのですが(現在は障害者年金生活)、
もう私はクレジットカードを作ることはできないのでしょうか?
イーバンクのVISAデビットなら作ることができましたが、
通常のクレジットカードは事故から5年以上経過しているにも
かかわらず、未だに審査でどこも落とされます。
こういった件に明るい方、見解をお聞かせ下さい。
よろしくお願いします。


●質問者: qdouble
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:VISA イーバンク カード ギャンブル クレジットカード
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● seble
●20ポイント

年金だとそうは簡単に作れないようです。

何でもいいから就労すれば大丈夫かと、、、

(もちろん、その事故カード会社ではほぼ永久に無理)

◎質問者からの返答

なるほど、年金がネックでしたか。ここ一年で就職しようとは考えていましたので、その後にもう一度申請してみようと思います。


2 ● chuken_kenkou
●10ポイント

事故扱いになっている場合、個人の信用情報は7年間は保持されており、その間にクレジット

カードを作ることは無理です。

また、収入が少ないことも、ネックでしょう。


クレジットカードの審査基準ガイド │ クレジットカード比較と申込みなら

◎質問者からの返答

7年以上ですか。5年とは聞いたことがありましたが。


3 ● Liner
●10ポイント

事故履歴は5年じゃなくて7年保存ですので、もうしばらく辛抱される必要があるかと思います。

喪が明けた後は、比較的審査が緩いと言われている会社のカード(流通系など)から申込をされるのがよろしいかと存じます。

◎質問者からの返答

なるほど、了解しました。


4 ● sato2316
●50ポイント

CIC、テラネット、CCB等の信用情報を開示してみると良いと思います。

そのまま、事故情報が残っている可能性があります。

通常の事故は、5年間で消えます。

(ただし、起算日は、事故発生日で有ったり、事故解消日(延滞解消日)と情報機関によって違います)

ただし、自己破産は、7年から10年間事故情報が残ったりします。

各事務所に行ったり、郵送でも開示できます。

http://www.cic.co.jp/rhonnin/hn01_tetuzuki.html

http://www.ccbinc.co.jp/service/infodisclosure/index.html

http://www.teranet-corp.co.jp/info/index.html

また、年金=発行できないとは言い難いです。

各カード会社ごとの発行基準の評点と呼ばれる方程式が有りますが、確かに厳しい事は事実です。

けれども、職業だけが判断基準の全てでは有りません。

(もちろん、カード会社は却下理由をそう簡単には、言いませんが)

ただし、クレジットカード会社によっても見解は違います。

「これで大丈夫」という物ではないですが、対人のカウンターで申し込みされることをお勧めします。

※例えば、デパート、スーパーの店頭募集、カウンターの有る発行元会社の事務所

どうしても、職業や収入等の机上で判別できるものが、重要な判断要素なのですが、

「印象」というのも審査の中にもやはり有ります(一担当者の判断ですから、もちろん大きな要素では有りませんが)

最後に申し込み情報は、6ヶ月は残りますので、あまりまとめないように申し込んでください。

◎質問者からの返答

大変参考になります。早速調べてみます。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ