人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

突然ですが、嗅覚は5感の中では特殊で、刺激を受けるとその刺激が直接大脳に伝えられるそうなのですが、
そうすると他の5感に比べて感情に与える影響が大きいそうなのです。

このことを利用しているのが、アロマセラピーということになると思います。
アロマセラピーは医療とは少し違うと解釈しているのですが、
この嗅覚の特徴を医療として利用している療法などがあれば教えて下さい。

不勉強な状態なのでよく分かりませんが、
例えば、精神病患者などの嗅覚を刺激して治療を施す、ということは行われていないでしょうか。

また、こういったことを研究されている研究者がいらっしゃればその方を教えて下さっても構いません。
ただ、アロマセラピストみたいな方はちょっと違います。
もっと医療的に考えていらっしゃる方がいいです。

宜しくお願いします。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:しゃる アロマセラピー セラピスト 不勉強 医療
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Stewart
●80ポイント

嗅覚刺激の精神神経免疫学的研究と臨床応用をしている教授です

三重大学 医学部

看護学科

成人看護学講座

教授 小森 照久 (こもり てるひさ )

http://www.crc.mie-u.ac.jp/seeds/html/206/index.html

◎質問者からの返答

嗅覚にも興味を持っていらっしゃるのですね。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ