人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

年齢階級の記号を使い方について
Riでi歳階級の数値を表します。
i歳階級とi+1歳階級の数値の平均は、
"iとi+1歳階級の中間"になります。
以下のようです。
(Ri+R(i+1))/2=R[{(i)+(i+1)}/2]
この場合"iとi+1歳階級の中間"をRiの形式で表すには、上の表し方で良いのでしょうか?

●質問者: kojiro_i619
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:RI 階級
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●27ポイント

質問の意味を取り違っていたらごめんなさい。


10歳の数値をR(10)、11歳の数値をR(11)とした時に、それらの平均値

{R(10)+R(11)}/2がR(10.5)であらわせるかどうかという質問だと思いました。


年令ですので、多分、10歳6ヶ月の場合も10歳としてデータを取っておられるのではないでしょうか。

その場合、iの数値は、自然数という条件が付いてしまいます。そうしますとR(10.5)という表現の仕方はおかしくなってしまいます。


また、差を2歳とった場合に、11歳の数値のR(11)に対して、10歳の数値と12歳の数値の平均値をR(11)と表した場合に、違うデータに対して全く同じ表記を使用するということになってしまいますので、平均値の場合は表記を変える必要があると思います。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

まず、平均、ということは、例にして出しただけです。他の

f1(Ri)+f2(R(i+1))=f3(R[{(i)+(i+1)}/2])の式がある場合、R[{(i)+(i+1)}/2]という表現が、数式の表現で、適用できるのか、

とうい点です。i歳階級は、0-4歳階級で、i+1歳階級は、5-9歳階級です。そして[{(i)+(i+1)}/2]歳階級は、2.5-7.5歳階級になります。


2 ● kappagold
●27ポイント

やはり、私は、質問の意味をきちんと捉えられていないようです。

今回も、いまいち質問の意味を捉えられていませんが、もう一度だけチャレンジさせてください。



>Riでi歳階級の数値を表します。

このRの部分にどのような約束事を決めておくのかによって違ってきます。

年令と数値だったので、調査結果だと考えました。

i歳階級は、0-4歳階級で、i+1歳階級は、5-9歳階級、を調べた結果と言うようにRを決めた場合は、[{(i)+(i+1)}/2]歳階級は、2.5-7.5歳階級を調べた結果を示す事になります。


Rの部分が数式で、iという数値を入れたら回答が出るような形であれば、特に問題がないと思います。


先の回答では、Rの部分が調査した結果を示すという事だと思っていたので、平均のような計算結果に対して同じRを使用した場合、2つの違った答えを持つ事になるので、表記を変える必要があると考えました。

もし、Rが調査結果の場合、平均のような計算結果に対しては、Rではなく、小文字のrを用いたりダッシュをつけてR’の表記を用いたりするのが一般的だと思います。



>1(Ri)+f2(R(i+1))=f3(R[{(i)+(i+1)}/2])の式がある場合、R[{(i)+(i+1)}/2]という表現が、数式>表現で、適用できるのか、

>うい点です。i歳階級は、0-4歳階級で、i+1歳階級は、5-9歳階級です。そして[{(i)+(i+1)}/2]

>階級は、2.5-7.5歳階級になります。

新たにfが出てきたので、よく判らないのですが、この場合、

Ri とR(i+1)とR[{(i)+(i+1)}のデータを取ったら、

f1(Ri)+f2(R(i+1))=f3(R[{(i)+(i+1)}/2])という式が適応できる。

このことから、○○ということがいえる。

というようなことなのでしょうか?

この場合、Ri とR(i+1)とR[{(i)+(i+1)}がすべて調査データということで、一貫していれば特に問題がないように思います。


(回答とは、関係ありませんが、2.5-7.5歳階級の階級だけ差が5歳になっている点もちょっと気になっています。)



見当違いでしたらごめんなさい。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

Rについて具体的に書きます。Rは、疾患の発生率です。有病率をPとすると、その場合

R[{(i)+(i+1)}/2]=P(i+1)-P(i)が大雑把ですが、成り立ちます。(ここで問いのRだけに式が、RとPの混合式に変えましてすみません)

この場合で5歳階級で、上記の式のような表現は、適当かどうかということです。

確かに、0-4,5-9と、2.5-7.5では、間が違うようですが、0-4の中間年齢で2.5歳、5-9の中間年齢で、7.5歳ということにしています。

4回までの回答に変えます。


3 ● kappagold
●26ポイント

遅くなりました。


>Rは、疾患の発生率です。有病率をPとすると、その場合

R[{(i)+(i+1)}/2]=P(i+1)-P(i)が大雑把ですが、成り立ちます。(ここで問いのRだけに式が、RとPの混合式に変えましてすみません)

この場合で5歳階級で、上記の式のような表現は、適当かどうかということです。


R[{(i)+(i+1)}/2]は、2.5-7.5歳階級の疾患の発生率をあらわして、

P(i+1)-P(i)は、0-4歳階級の有病率から、5-9歳階級の有病率を引いたもの

これが、ほぼ同じ数値になるということなのですね。

この場合は、RとPの約束事がそれぞれきちんと決まっていて、2重の答えを持つことにはならないので、矛盾はないと思います。


年齢階級も良く考えたら、0-4.9999・・・歳、と5-9.9999・・・歳の中間を考えれば、2.5-7.5歳で矛盾はないですね。


http://q.hatena.ne.jp/



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ