人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、病院でも携帯電話の使用が認められるところが増えてきました。かつては全面禁止、その後、医療用PHSが可となり、現在は携帯電話が解禁される流れになってきています。
実際に携帯電話の使用を認めている病院では、携帯電話を使うようにしたことについて、どのような説明を行なっているでしょうか?具体的な例を教えてください。

●質問者: 松永英明@ことのは
●カテゴリ:医療・健康 家電・AV機器
✍キーワード:PHS 医療 携帯電話 現在 病院
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● motsura
●7ポイント

私の場合、説明は一切なく婦長さんに「他の患者さんに迷惑にならない場所からなら携帯をかけてもいいわよ」って言われました。

こっちがびっくりしました。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

体験談ありがとうございます。


2 ● slapshock
●21ポイント

下記が虎ノ門病院、東京労災病院が掲載している携帯電話の利用解除案内になります。

http://www.tokyoh.rofuku.go.jp/hospital/mobile.html

http://www.toranomon.gr.jp/site/htdocs/rinshoseiri/topics/phone....

これら病院の携帯電話の利用解禁の根拠は、総務省が出した携帯電話が医療機器に与える影響の調査結果からだと思います。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2002/020702_3.html

◎質問者からの返答

「携帯電話の普及と利用者の利便性が向上してきていることや、医療機器に関しても一定条件のもとでの安全性が確認されたことにより」ということですね。

なお、調べてみたところ、総務省の調査は2006年(平成18年)に新しいものが出ているようです。

http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060530_1.html

これによると、800MHz帯W?CDMA方式の携帯電話で、最大干渉距離は3cmという結果が報告されています。つまり、「22センチ話していれば大丈夫」という従来の基準よりはるかに安全性が高いことが示されています。


3 ● kuni11
●21ポイント

広島市立安佐市民病院|病院内での携帯電話の使用について

当院では、医療機器に誤作動等の影響を及ぼすおそれがあることから、病院内における携帯電話の使用を全面的に禁止してきましたが、近年における携帯電話の改良や医療機器の妨害電波排除能力の向上などを考慮し、平成18年8月1日から病院内の一部に設定した「携帯使用エリア」に限って携帯電話の使用を認めることといたします。

◎質問者からの返答

平成18年


4 ● kuni11
●21ポイント

東京労災病院 携帯電話使用についてのお知らせ

病院内には、人命に直接関わる医療機器が多数設備されており、また、身体に装着した方も施設内(隣接する部屋、廊下等)を移動する可能性があります。

これらの機器は携帯電話から発射される電波により誤動作の可能性があるため、当院では全面的に使用を禁止してまいりました。

しかしながら、携帯電話の普及と利用者の利便性が向上してきていることや、医療機器に関しても一定条件のもとでの安全性が確認されたことにより、今回使用制限を緩和し、平成17年 7月1日より全面的な使用禁止としていたものを解除し、一定の場所での使用を認めることとしました。

◎質問者からの返答

平成17年

どの病院も似たような文面ですね。


5 ● kanan5100
●21ポイント

http://www.tokyoh.rofuku.go.jp/hospital/mobile.html

http://www.kuh.kumamoto-u.ac.jp/clinic/out/keitai.html

http://www.city.izumi.osaka.jp/hosp/entry.aspx?id=2

http://com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp/information/mobile_phone.html

http://www.asa-hosp.city.hiroshima.jp/info/mobile.html

http://www.hospital.misawa.aomori.jp/keitai.html

http://www.hph.pref.hiroshima.jp/news/keitai.htm

特に理由を書いていないところも多いですが、「近年における携帯電話の改良や医療機器の妨害電波排除能力の向上などを考慮し」、「携帯電話の普及と利用者の利便性が向上してきていることや、医療機器に関しても一定条件のもとでの安全性が確認されたことにより」、「近年の携帯電話の普及や平成14年の電波産業会「電波の医用機器等への影響に関する調査報告書」及び院内で実施した携帯電話の医用電気機器に与える影響調査(平成17年11?12月調査実施)等を踏まえ」といった説明もありますね。

◎質問者からの返答

利便性・安全性が次第に確立されてきている様子がうかがえますね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ