人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

統計で用いる「分散」の読み方について質問させてください。分散という値はどのような数値になれば、バラツキがあるとかないとかいえるのでしょうか。その目安を教えていただきたいのです。
例えば、Aという虫の体長と幅を測定し、幅=1とした時の体長の比率を50個体分準備しました。次に50個体の体長の比率値の分散をもとめたら0.04でした。この0.04という値から、この昆虫の形はすべて同型(ただし体長:幅の点のみですが)といえるのでしょうか。また分散の値がどのような値になれば、同型といえないのでしょうか。もし、決まった方法がないようでしたら、どのような方法で処理しておられるかアドバイスをお願いいたします。マイクロソフトのエクセル2003または2007で処理しています。よろしくお願いいたします。

●質問者: Yhiroro180
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:アドバイス エクセル マイクロソフト 昆虫 統計
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sidewalk01
●10ポイント

Yhiroro180さんの書かれているように

分散とはバラツキ(サンプルがサンプル平均からどれだけばらけているか)を示しています。

ですので同型であるかどうかを示す指標にはなりません。

(同型でないことの証明としてはグループを作り帰無仮説を棄却しないといった形が良いと思います。)

あくまで、形のサンプルの散らばりが多いか少ないかという点までです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。(同型でないことの証明としてはグループを作り帰無仮説を棄却しないといった形が良いと思います。)というのはどのような方法でしょうか。例を示していただけると喜びます。現在自分で考えている方法としては「質問」のA昆虫50個体の体長比率をすべて標準化して、「1」または「?1」を超える個体の割合を求める。その割合が例えば90%以上ならば、同型である。としてはどうかな?と思っています。しかし、判断に用いる割合の「90%」を80%にしてはいけないのか?など、この数値の決定に理由づけができません。


2 ● sidewalk01
●100ポイント

(若干上記の()内に語弊がありました)

例えばですが、先行研究のサンプルデータ、本研究のサンプルデータを用意できるのであれば

t検定をかけてみて有意差がでず、分布も類似しているということであれば

両サンプルデータに違いがないという帰無仮説が採用されるので同質のものであるといえるでしょう。


虫のように自然界に存在しているものであれば、基本的に正規分布が仮定されます。

その場合、標準化した時に平均値±1標準偏差内に約70%の標本が存在すると考えられます。

または、平均値±2標準偏差内に約95%の標本が存在すると考えます。


Yhiroro180さんの質問をもう一度考えてみたのですが、

平均的な虫グループというものをどうすれば決定できるか?ということであるように思います。

その場合に、統計的な明確な規則があるかは私は存じ上げません。

ただし、分布のとり方などを考慮し、先行研究を例にしながらデータを眺めて

Yhiroro180さんが基準を決定し、それを明記することが大切であるように思います。

的外れな回答であればスイマセンでした。回答が長くなり申し訳ありません。

◎質問者からの返答

再回答ありがとうございます。sidewalk01様のアドバイスにヒントを見つけることができそうです。


3 ● Z9M9Z
●50ポイント

比率の分散だけ議論するのはもったいなくて、元の幅や体長の分散もあるわけですから、

幅の分散と体長の分散の比とか、あるいはストレートに、相関係数を求める、

という系統の方が相応しいように思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。そうですね原点に戻ることも考えたいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ