人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

三線のちんだみについてです。サイトを閲覧してみた所、チューナーの周波数が440Hzだったり444Hzだったりしますが一体どっちに合わせて調弦すればいいのでしょうか??

●質問者: stt0009
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:サイト チューナー 三線 周波数 調弦
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● falcon2
●0ポイント

どっちでもいいんでしょう。http://www.google.com/

◎質問者からの返答

どっちでもいいならいいなりの理由で納得させてくださいよ。

非常に残念な回答でがっかりです。


2 ● tezcello
●70ポイント

昔のオーケストラは、基準音が440Hz位だったそうですが、徐々に上がって来て今は442Hzが多い様です。

(特に日本では。アメリカはやや低め、ヨーロッパは幅があって、もっと高いところもあるそうです。)

現代人は、昔の人々よりもテンションが高くなっていて、その分高目の音を好むのかも知れません。

昔の弦楽器は強度が足らず、高い音程を保てなかったという話も聞いた事がありますが...


また、基準音高いと、明るい音と感じる様です。それも理由かも知れません。

指揮者の好みで変更する事も有り得ます。


20〜30年くらい前は、簡単に手に入る音叉は440Hzだったので、長い間やっている方は440Hzに慣れているかも知れませんね。

440Hz は、古い情報と言えなくもない気がしますが、44?Hz でチューニングしなければダメという事はありません。単に他の人、他の楽器と合わなくなるかもしれないというだけでしょう。

極端なことを言うと、430Hz だろうが 450Hz だろうがチューニングが合っていれば特に問題ありません。

聞き慣れている音より、ずいぶん違う事になるので、何となく調子外れに聞こえる可能性もありますが。


明確な理由が示せないので、またがっかりさせてしまいそうですね。


http://q.hatena.ne.jp/1217039812

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

調子笛で周波数を図ってみたら440Hzに近いことが判明したのでこれで解決とします。

結局自己解決になっていまいました。

人に頼る前にいろいろとやってみるものですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ