人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

実は、秋の食中毒が多いと聞きました。
なぜ秋に多いのですか?

●質問者: sexy999
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:食中毒
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●20ポイント

秋の食中毒予防

●食中毒の約6割が6月から9月の間発生していて、そのほとんどが、細菌性食中毒です。

●9月も半ばをすぎると、すごしやすい気候になりますが、食中毒菌の増殖には気温も湿度も充分で、まだまだ油断はできません。食品の作りおき、長時間の放置は危険です。

●秋は、行楽・運動会・お祭りなどの行事が多い季節で、野外での調理、食事の機会も多くなります。また、夏ばてで体力が落ちており、体の抵抗力が弱くなっています。

●また、野生のキノコが多く発生する季節で、毒キノコによる食中毒もたいへん多くなります。


2 ● kin1974
●20ポイント

サルモネラによる食中毒

夏から秋にかけて多いとされます。

http://www1.kcn.ne.jp/~shimizu/kansen/syokutyu.html

9月、10月は卵によるサルモネラ食中毒事件

http://www32.ocn.ne.jp/~abcq/mag1-gougai.htm

きのこによる食中毒は、秋を中心に家庭で起こることが多い。

http://www.pref.nara.jp/syokuhin/syokuhin/shizendoku/index.htm


3 ● masanobuyo
●20ポイント

季節ごとの食中毒予防ポイントに以下の掲載がありました。

秋は、行楽・運動会・お祭りなどの行事が多い季節で、野外での調理、食事の機会も多くなります。また、夏ばてで体力が落ちており、体の抵抗力が弱くなっています。

そのため,食中毒が多いと思われます。

http://www.pref.nagasaki.jp/s_hokensho/gyoumuannai/eiseika/shoku...


4 ● heroyuki
●20ポイント

記録的に暑かった夏が終わり、やってきた食欲の秋真っ盛り。そんな季節だからこそ気をつけたいのが食中毒です。夏場と冬場では食中毒の原因が少し違います。夏場では、温度管理が不十分であることが原因であることが多いのですが、これから冬場にかけては、付いていただけで食中毒を起こすウィルスが猛威を振るいます。カキなどの二枚貝から感染する「ノロウィルス」、生肉に付いている事が多い「カンピロバクター」、卵などに付き、高熱を引き起こす「サルモネラ菌」・・・。涼しくなったからといって、油断は禁物です。

http://www.tv-asahi.co.jp/t-site/back/1011.html


5 ● panda50
●20ポイント

山にキノコを採りに行って、中毒というニュースはよくやってます。

http://www.pref.tochigi.jp/shokuhin/poisoning/material/mushroom....

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ