人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

芸術アーチストの収入はどこから発生するのでしょうか?
インスタレーションや個展を行ってもそれ自体は収入にならないと思うのですが、むしろ経費がかかっていると思うのですがどうなんでしょうか。

●質問者: ねこー
●カテゴリ:ビジネス・経営 芸術・文化・歴史
✍キーワード:アーチスト インスタレーション 個展 収入 芸術
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● I0l1O
●20ポイント

人によって様々ですが、個展の中で作品を販売したり、それ以外でも他に販売のルートを持っているケースが多いです。

もちろんほとんど収入無しで活動している人もいます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

個展でも販売しているケースはあると思いますが、ただ見せているだけと思われる個展は不思議だと思ったのです。

インスタレーションとか購入するお客さんもいるのでしょうか。

個展が広告目的だとしても結構な経費がかかっているのに、慈善事業やある意味自己満足の為に行っている方もいるのでしょうか。


2 ● slapshock
●20ポイント

私の知り合いは、絵描きだったのですが、芸術活動の傍ら、公演をしたり、次世代の育成ということで画塾を開いて絵画を教えたりしていました。

多くの人に当てはまるかは、わかりませんが、その知り合いの作品以外の収入源は、それらでした。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

公演や画塾を行うのもその人の能力なんでしょうね。


3 ● raf00
●20ポイント ベストアンサー

母が絵本作家なのですが、個展で直接絵を販売しており、これが主な収入となります。

また、個展を開催することで人脈を広げ、仕事を獲得することもあります。

よほど高名なアーティストでない限り、個展などから仕事の幅を広げていくことになります。

比較的安価に個展を開けるギャラリーは多いので、manekinekooさんが考えられているよりも営業方法としては悪くありません。

もちろん「やれば必ず儲かる」というものではなく、本人能力や周囲を含めたマーケティング手腕が問われるものではあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

なるほどよくわかりました。営業方法として行っているのですか。


4 ● natumi0128
●20ポイント

インスタレーションのように、個人で購入する人が少なそうな作品でも、美術館等の施設によって買ってもらえる、ということはあると思います。

まあ、買ってもらえるのは一握りの作家さんだけなのでしょうが…。

あと、上で出ていないものだと、作品そのものではなく、そのポストカードなどのグッズを売る場合もあるようですね。


これは個人的な印象ですが、そもそも、芸術活動だけ(塾で教える、といったのを含めても)で食べていける人ばかりではないのではないか、と思います。

知人の画家は、駆け出しということもありますが、他に仕事を持っていますし。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

インスタレーションのような物は特に制作費がかかると思うのですが、それ以上の値段で美術館が買ってくれるなら納得できます。

ポストカードを売っているような人は、それも営業活動の方法なのでしょうか。


5 ● panda50
●20ポイント

知り合いは、個展を開いて作品を売っています。

作っている物によっては、お店に置いてもらったりもしています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

個展で売っていますか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ