人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

新築ワンルームマンションの投資に関してですが、どうでしょうか?
例えば、始めにワンルームを買い、その後、別の収益物件を買う場合に、担保として評価されないと聞きますが、宜しくお願い致します。


●質問者: d_tanaami
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:どうでしょう マンション ワンルーム 収益 投資
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kappagold
●35ポイント

始めに新築ワンルームをローンで購入した場合、すでに担保となっているので、新たな担保は無理です。

始めに新築ワンルームを全て自己資金で購入した場合、融資の担保としては使えます。

しかし、購入した時点で担保の評価額は下がり、賃貸で入居者が入る事により中古物件となりますので、さらに評価額は下がります。通常、融資額は評価額の7?8割にしかなりません。そのため、別の物件を購入するのに必要な担保としては、かなり不十分なものとなるので、担保として評価されないという話になります。

◎質問者からの返答

1棟もののアパートと比べるとどうなのでしょうか?

区分の場合は、専有面積の所有割合で、土地の所有割合が変わると思いますが、それほど、一部屋所有していても、土地の持分はひろくないと思いますが、投資として考えると、不動産投資をする場合、

ワンルームなどの区分か、1棟物か、どちらがいいのでしょうか?


2 ● aobadai
●35ポイント

投資のスタンスによって答えは変わってきます。

ただ、担保価値という観点から言うと評価額以前にその物件に抵当権が設定されているかどうかがキーです。

節税の一環として借金して購入した物件だとするとその物件自体にすでに抵当権が設定されているでしょうからあなたが使える意味での担保価値はありません。

あるいは自己資金の運用として年10%前後の利を上げるつもりで購入したものであればそれなりの担保価値はあります。

将来的に土地と上物の売却益を考えての投資であればアパート1棟物の方が長期的な展望はあるでしょう。但し、期せずして短期で店仕舞いの可能性があるならば立ち退きのリスクがありますので担保価値としては弱いかもしれません。

むしろ投資の規模によって購入物件が変わってくるというのが本筋でしょう。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ