人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「うさぎとび」って昔は体育会系の部活で奨励されていたと思いますが、今は禁止されていると思います。どのような具体的な症状が出るからでしたっけ?研究結果やデータなどソースとか示してくれると尚嬉しかったりします。

●質問者: domohorun-junkuru
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:うさぎ ソース データ 体育会系 奨励
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● sainokami
●19ポイント

http://www.kanazawaseikei.or.jp/advice/4-24.html

腓骨疲労骨折

腓骨疲労骨折も跳躍型(図3)と失踪型に分類され、前者は腓骨の上1/3には後者は下1/3に発生します。

跳躍型の 腓骨疲労骨折は、昭和30〜40年代頃には「ウサギ飛び」が原因で発生し問題となっていました。さすがに今、 「ウサギ飛び」をしているところは見かけませんが・・・もししていたら間違ったトレーニングなのでやめて下さい。

跳躍型も失踪型も治療には、4〜8週間かかります。


2 ● MEI-ZA-YU
●19ポイント

外科医のブログなので信憑性が高いです。 ↓

http://ryuta.blog.tennis365.net/archives/month/200703.html

>うさぎ跳びは無理な姿勢で、股関節、膝関節、足関節を深く曲げ、

その関節に強い負荷がかかります。

このような運動はトレーニングとしての効果より、

関節や筋肉を傷める可能性のほうが高いので禁止されたのです。

・・・・・・

大腿四頭筋腱が付いている膝下の脛骨粗面部が引っ張られて

この部分に痛みや腫れが生じ、骨が出っ張ってくる病気です。

・・・・・・

いろいろなスポーツで生じますが、一番問題とされたのがうさぎ跳びです。

うさぎ跳びのように膝を屈曲して伸び上がると

ものすごく大腿四頭筋が引っ張られるので、

うさぎ跳びはまさにオスグッド病になるための運動だったのです。

このような理由で、うさぎ跳びは禁止され、運動プログラムから消えました。


3 ● nakata-ryo
●18ポイント

ウサギ跳び - Wikipedia

膝などの下半身に大きく負担を与えるからですね。

ちなみに腰を強くするためにはそれを補助する腹筋や背筋を鍛えればいいです。


4 ● masanobuyo
●18ポイント

ウサギ跳びの有害性について,Wikipediaにありましたので,以下抜粋いたしました。

ウサギ跳びが有害な理由として次が挙げられる。

姿勢に無理がある(股関節、膝関節を常時深く曲げたままで、飛び上がる動作としては非常に不自然である)。

このため、

特に膝関節に危険な方向の加重が加わる。

大腿四頭筋の他、下肢末端近辺の細かい筋肉に硬直的緊張を強いる。その結果、柔軟性の低下を招く。

股関節や膝関節の伸展がないため、運動能力に支配的な筋群を鍛えられない。

下腿を重点的に鍛えるという発想自体が前時代的な誤解に基づく物である。(同じ労力をかけるならば大腿や股関節の筋群を鍛えた方が運動能力、動き作りの両面で有効である。)

また、この運動はアキレス腱を鍛える効果があると信じられていたようだが、この種のエクササイズで腱を強化する事は不可能である。

従って、トレーニングとしての効果は期待できず、むしろ関節や筋肉を傷めるスポーツ傷害を引き起こす可能性が高い。特に成長期の子供は避けなければならない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE%E8%B7%B...


5 ● slapshock
●18ポイント

関節に必要以上の負荷がかかるため、関節や筋肉を傷めるスポーツ傷害を引き起こす可能性が高い。しかし、そのような危険性が高い割りにトレーニングによる成果があまり期待出来ないため、禁止になりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE%E8%B7%B...


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ