人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

寿命と余命 ? 超難問シリーズ #017 ?

── 「わたしが初めて納めた年金保険料は、67歳で死ぬことを前提
に計算されていた。しかし現実は平均寿命80歳以上に及んで、生涯の
給付高は予想をはるかに超えてしまった(財務大臣 20080801 就任会見)。
伊吹 文明 衆議院議員 19380109 京都 /20060926文科相/20070924自民党幹事長

明快で皮肉たっぷり、なかなかの貫禄ですが、寿命と余命のちがいが
説明不足のようです。この概念を、400字以内で説明してください。
(わたしの計算では、つぎのように解釈していたのですが……)

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3104811.html
↑孔子の寿命 ↓国民年金のモデル概算(受給8年、約1/3で償還)
http://q.hatena.ne.jp/1182878573#a732748
── 社保庁は、73歳(孔子の寿命)を損益分岐点と考えたのです。

1217589469
●拡大する

●質問者: adlib
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:たっぷり ぬこ シリーズ モデル 京都
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● karz
●60ポイント

寿命...天から授かった(?) 人間界を生きていられる(生まれてから死んでいく時までの)時間

余命...その人の現時点から命尽きるまでの時間

でいいのでは?質問の意図が違っていたらすみません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ