人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

妻の行政書士のテキストを読んでいる時に、DESの説明で81通りという書き込みがあり、不思議に思い妻に聞いたところ、よく分からないがそう説明されたと言っていました。DES(56ビット)の鍵パターンはざっと計算しても72000兆アリそんな簡単ではありません。一体行政書士講座の講師は何の説明をしていたのでしょうか。

●質問者: raijin
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:テキスト パターン ビット 不思議 行政書士
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● slapshock
●10ポイント

行政書士の情報を調べてみたのですが、行政書士界では一般的にDESとは、「デット・エクイティ・スワップ」を指し、会社の負債を資本と交換することをいいいます。

下記に詳しい情報が載っています。

http://www.office-seike.com/houmu/teikan4.html

http://show1001.blog63.fc2.com/blog-entry-84.html


81通りというのは色々調べましたが、わかりません。

手法や決まりごとなどのことだと思うのですが、81もの数にあたる何かは見当たりません。

DESに関連する別の事柄の説明かもしれませんし、やはり、可能であれば、そこは勉強のため、奥様に講師の方にきちんと聞いてもらい、持ち帰ってもらうのが一番だと思います。

◎質問者からの返答

すみません、行政書士の試験でも昨今はインターネット関連の問題が出ます。今回はそちらの質問でした。


2 ● onlyserious
●10ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A...


3 ● toohigh
●100ポイント ベストアンサー

誤植 or 聞き違い、でしょう。

10^81(10の81乗) と 2^256(2の256乗)がだいたい同じくらいの数字になるので、

256ビット分の鍵長があるケースを想定して10^81という数字を挙げた、ではないかと思います。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

たぶん、この回答でいいと思います。

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ