人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

焼きおにぎり(焼おにぎり)の起源に関して調べています。

戦国時代からあるというような説もあるのですが、詳しく書かれているサイトや
少しでも説を唱えている文献、サイトなどがあればお教え頂ければと思います。

回答してくださる方独自の意見はご遠慮ください。
必ず出典URLをお願いします。

●質問者: shika11
●カテゴリ:グルメ・料理 芸術・文化・歴史
✍キーワード:URL おにぎり サイト 意見 戦国時代
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● Osettkai
●60ポイント

17世紀の日本で「焼飯(やきめし)」といえば、「チャーハン」ではなく、「焼きおにぎり」のことだった。 ...

http://shaka.web.infoseek.co.jp/i/mame_fd2.htm




米処魚沼らしい米を使った郷土料理「けんさん焼き」。にぎり飯、または半殺し(半分つぶした)にしたご飯にしょうが味噌を塗り、串に刺して軽く焼いた焼きにぎりだ。けんさ焼き、けんしん焼きとも呼ばれ、その名前でわかるとおり直江兼続が尊敬してやまない上杉謙信に由来した食べ物である。

しかし、けんさん焼きにはさまざまな説がある。修行僧が始めた「研鑽焼き」といういわれもあるが、やはり有力とされるの上杉謙信説。

謙信が出陣の際ににぎり飯を焼き、兵糧として持って行ったというもの。米は焼くことにより保存性が高まる。それを殺菌作用の強い笹の葉や竹の皮で包んで持ち歩けば野戦食として適したものであった。そして食べる際に剣先に刺して再び火で焼いて温めたという。その「剣先き焼き」がなまりけんさん焼き、けんさ焼きとなったという。


http://www.tentijin.jp/2008/03/post-147.html

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ