人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大学の物理の問題を解いて欲しいです。
問1,2の場合150pt、問3,4の場合200pt、すべてといていただいた場合は900pt差し上げます。
(7日16時まで)(きちんとすべて問題が解けていない場合、ポイントは差し上げることができません)

・途中の式もしっかり書いてください。

1218004311
●拡大する

●質問者: kenta82jp
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:ポイント 大学 差し 物理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●100ポイント

A.1 これは自信ありませんが(^^;

10mまでg/2で加速して、20mまでg/2で減速することにすれば、10mまで上昇するの

にかかった時間の2倍が求める時間となる。

有名な公式s=(1/2)at^2から、

10=(1/2)(9.8/2)t^2

∴t=10√(2)/7=2.020305089104421498288126748871≒2.02

∴求める時間はその2倍で、4.04(秒)有効数字2桁で、4.0(秒)

A.2 これは自信あり

地表での重力加速度をg、人工衛星の質量をm、人工衛星の速さをV、地球半径Rとすれば

mV^2/R=mg

∴V=√(Rg)=√(6.4*10^6 *9.8)=7.92*10^3(m/s)=7.9(km/s) (第一宇宙速度)

一周にかかる時間をTとすると、

T=2πR/V=(2*3.14*6.4*10^6)/(7.92*10^3)=5.08*10^3(s)=85(分)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ