人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オフィスの文書のファイリングで定評のある書籍を教えてください。
検索すれば書籍自体はいっぱい出てくるので、「わが社ではこれこれこういう理由でずっと愛用している」「新人に必ず読ませている」などのコメントをぜひお願いいたします。

●質問者: clinejp
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:オフィス コメント ファイリング 新人 書籍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Baku7770
●35ポイント

http://www.jiima.or.jp/bunkan/buntest_07-book.html#01

この中で「新しい文書情報マネジメントの基礎と応用」と「Document Management標準化ガイドブック2008」は文書管理コンサルタントと称している人物が必ず目を通しているはずの本です。時期によってタイトルは変遷していますが。

試験対策という意味だけではないですよ。

市販本で日本人が書いたのは殆どろくな本がないと思って間違いありません。国外はそれこそ古代エジプト(文書の長期保存)大航海時代(大量文書の整理保存)、現代(電子文書保存)と3回大転換期を経験していますが、日本はそれがありませんからね。

手に入るなら原書(英語)で探してください。


2 ● masanobuyo
●35ポイント

図解 ファイリングの方法―名刺の整理からオフィスのシステムづくりまで

はいかがでしょうか。


メモ、アドレス帳、名刺、写真、スクラップといったパーソナルな情報・書類の整理法から、オフィス全体のファイリングシステムの見直し、災害に備えるための知恵、デジタルメディアへの対応まで、すべてイラスト図解でやさしく解説。楽しみながらコツがつかめ、ファイリング上手・整理上手になれる本ですので、おすすめいたします。


http://www.amazon.co.jp/%E5%9B%B3%E8%A7%A3-%E3%83%95%E3%82%A1%E3...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ