人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本語入力による誤字脱字の多さに、日々使いづらい思いをしています。
ATOK2008を使い、誤字脱字を減らすようにはしているのですが、辞書の学習がおかしいのか、たまに思った単語とは違うものがでてしまいます。
考えてみると、辞書にはよく使う単語を登録する程度で、まったく工夫をしていないことに気づきました。

そこで質問ですが、ATOKやMS-IMEなどで、「自分はこうしている」という、誤字脱字を少なくする辞書の育て方を教えてください。

●質問者: takets
●カテゴリ:コンピュータ 学習・教育
✍キーワード:ATOK MS-IME 入力 単語 学習
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●23ポイント
MS-IMEは使わない
最近、バージョンが新しくなる都度、ヒット率が悪くなっているようなので(苦笑)。
句点または読点まで入力して、一気に変換する
ATOKの場合、文脈解析がかなり効いており、同音異義語の識別をしてくれます。単文節変換するより、複数文節を一気に変換する方が学習効果が上がります。
◎質問者からの返答

ありがとうございます。

昔は短い文節で入力するのがいいと言われていましたが、今は違うのですね。

試してみます。


2 ● そらねっと
●40ポイント ベストアンサー

AI辞書トレーナーを使って学習させてみてはどうでしょうか。

http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=04...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

これは素晴らしい! 早速試してみます。


3 ● powdersnow
●22ポイント

最初は希望に沿った変換が出にくいのですが、できるだけ長文の変換をこなさせると、辞書も的確な成長していきます。

前後の文章や単語にあわせた変換を学習していくためです。

あとは、誤変換をして一度確定してしまうと、次に同じ変換をした時に第一候補に出てきてしまいやすいです。

急いでいない場合は、間違った変換をしてしまったと認識した時点で、同じ文章をもう一度打って、学習させておくと良いです。

この際のポイントは、間違った単語だけを打ち直すのではなく、間違った変換が出てしまった一連の文章ごと打ち直すことです。

そうしないと、前後の文章に沿ったケースで予測変換が学習されません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

長文を打ち直す、というところが肝心なのですね。さっそく実践してみます。


4 ● longicorn
●22ポイント

最近はWindowsは仕事ばかりで自宅ではあまり使っていないのですが、自宅で使っているのはSocial IMEです。

ネットワーク経由で学習するので結構いいかも。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

こんなものがあったとは。ためしてみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ