人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

誘電体中のガウスの法則について質問なのですが、式は
∫DndS = Q (nは法線ベクトル)…?
だと思います。
また、最初に習うガウスの法則は、
∫EndS = Q/ε0 …?
だと思います。
D = ε0E0なので、?は多分?を包含しているのですよね?ということは上の?式は?式を一般化したものと言えるのでしょうか?
また、そうだとすると、?式をガウスの法則として覚えておいたほうがいいのでしょうか?

●質問者: rapuntuleru
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ENDS ガウス ベクトル 包含 法則
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● りみっと
●60ポイント ベストアンサー

確かに2式は1式の一般化ということになりますので、工学的には1式を覚えておけば十分だと思います。

2式は積分の面に誘電体が存在しない場合しか対応していません(ε0は真空の誘電率であり、D=ε0*E+P、Pは分極)。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ