人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

水槽でランチュウを飼い始めたのですが、夜にえさをやらないほうがいいと聞いたのですがほんとうでしょうか?

●質問者: chatora
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:ランチュウ 水槽
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kin1974
●23ポイント

夏場の餌の与え方、らんちゅう

餌の与える時間帯ですが、

夏は水温が上がりやすいので、午前6時くらいから与えても大丈夫です。

午後は4時くらいまでが良いでしょう。

http://ranchuu-kingyo.livedoor.biz/


2 ● SALINGER
●23ポイント

ランチュウに限らず一般的に金魚は夜に餌を与えないほうがいいみたいです。

飼育本には大抵こんな風にかかれています。

「夜間に水温低下したときにエサがお腹にはいっていると消化不良をおこす」

「だから午後の3時くらいまでに最後のエサをやり終えないといけない」

http://blog.goo.ne.jp/qurousagi0913/c/b10c0ce8b2b404313f1c8be056...

ただし、室内でヒーターで温度管理してあれば夜間に餌を与えても問題はないと思います。

むしろ時間よりも餌の量が問題で、与えれば与えるだけ太り水質が悪くなるので

こまめに水の管理をしないといけなくなります。


3 ● harumi2
●22ポイント

http://www.ranchuu-toshichan.com/hpgen/HPB/entries/1.html

餌の与え方について

餌は、朝、午後の2回程度とします。(15時以降は避けましょう)

【時期による餌を与える時の注意】

1.11月?4月中旬の水温が低い時期。・・【水温が12度以下の冬場・春先は餌を与えないようにしてください】

※飼育場所により温度差が異なる為、水温変化に注意してください。

2.4月?6月(梅雨時)の朝・夜の温度差が激しい時期。・・・餌の回数・量を控えめに!

らんちゅうは1日の水温が急激に低くなる(7℃以上の低下)と消化不良を起こす為、上の2つの時期には餌を与える量に注意しましょう。・・・【15時以降の与餌は、避けましょう】

また、餌のやり過ぎや水質の悪化は、らんちゅうの死因となるエラ病にもつながりますので、ご注意ください。

3.真夏の水温は、飼育場所によっては、30度を超えることがふえます。日中の気温の高くなる時間帯の与餌は、避けましょう。


4 ● masanobuyo
●22ポイント

らんちゅうの上手な飼い方というサイトに以下の掲載がありました。

?11月?4月中旬は水温が低い時期。

?5月?6月(梅雨時)の朝・夜の温度差が激しい時期。

らんちゅうは水温が低くなると餌を食べなくなるため、上の2つの時期には餌を与える量に注意しましょう。

つきましては,温度変化の少ない夜間でありましたら,えさをあげても問題ないと思いますが,くれぐれも留意してください。



http://www.rantyu.com/tisiki/kaikata.php

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ