人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

賃貸契約をした新築物件で、カギをもらっています。
しかしよくよく見ると、とてもいい物件ではなく解約したいのですが;;;
正確にはお金を入金はしましたが、賃貸借契約書にはサインをしていません。
重要事項説明書には署名捺印をしています。

この場合は解約が可能なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。


●質問者: kazuhiko11
●カテゴリ:生活
✍キーワード:お金 サイン 契約 新築 物件
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/6件

▽最新の回答へ

1 ● pahoo
●27ポイント

ご質問のケースでは、契約行為の途上にあると考えられますが、通常、

重要事項説明・捺印⇒賃貸借契約書・捺印⇒鍵の引き渡し

の順序で行われます。どうやら、鍵の引き渡しの順序が逆転していますね。


一時金を入れていたり、重要事項説明の際にキャンセル料が発生する旨の説明は受けていませんか?

そうでなければ、まだ契約は成立していないので、解約ではなく契約不成立ということで処理できます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

重要事項説明の際、短期解約時違約金ありと説明を受けました。

すでに契約期間に入っているのですが、大丈夫でしょうか?


2 ● yazuya
●27ポイント

一般的には手付金を放棄すれば解約が可能です。

しかし、鍵を貰ってしまっていると絶対にできるかどうかは微妙なところですね。


とはいえ、普通はそこまでいっても完全に住み始めていなければ手付金を放棄すれば相手も応じてくれると思います。

払ったお金を全額返せというキャンセルはその時点ではおそらくもう無理でしょう。

http://www.hou-nattoku.com/consult/99.php


ところで、重要事項を説明してもらう際にキャンセルについての説明なかったですか?

説明しないと違法のはずなんですが。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

重要事項説明の際、短期解約時違約金ありと説明を受けました。

すでに契約期間に入っていますが、

まだ何も物を置いていません。


3 ● masanobuyo
●26ポイント

民法では、口頭でも契約当事者双方の(借主・貸主)の合意があれば、契約は

成立いたします。

しかし、不動産賃貸に該当する宅建業法では、契約書の書面捺印をもって契約

が成立するとなります。

今回、重要事項説明書には署名捺印をしているものの、根本となる賃貸借契約

書にはサインをしておりませんので、もちろん解約が可能と考えます。

また、モラルとしては、契約書にサインしない限りは、契約は成立しないので

すが、都合が悪くなったのであれば、早くキャンセルを申し出ることが、大切

です。



http://www.houko.com/00/01/S27/176.HTM

http://homepage1.nifty.com/lawsection/tisikibako/setumeigimu2.ht...

まとめますと、契約書を交わす前の解約においては申込金は、返金されます。

また、法的根拠がありませんからね。違約金は原則、請求されません。

しかし、この賃貸借契約に付随する、別商品に関連して、履行が行われていた

場合は、返金されない可能性が高いと考えます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

「この賃貸借契約に付随する、別商品に関連して、履行が行われていた場合」

というのは具体的にどのような場合でしょう?

鍵をもらって現在すでに契約期間に入ってしまっているのですが、

水道・ガスなどはまだ連絡もしていません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ