人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

8月15日には戦争で亡くなった310万人の戦没者を悼む、戦没者追悼式が開かれましたが、ここでいう「戦没者」とはどういう人が入るのですか。主催者である政府はどういう基準、定義で決めているのでしょうか。
その中には沖縄戦で、不本意にしろ手榴弾をもって戦った人、軍需工場で働いていて米軍の空襲で死んだ人、都市整備の作業をしていて原子爆弾で死んだ人、そういう広義の戦闘に参加して犠牲となった人もその数に入っているのでしょうか。教えてください。

















●質問者: axwgt
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:8月15日 主催 原子爆弾 定義 工場
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●40ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1735311.html

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C0%EF%CB%D7%BC%D4

http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~shakti/kawaRel.html

http://www.nipponkaigi.org/1800-yasukuni/1850-05undou.html

◎質問者からの返答

ありだとうございます。


2 ● Baku7770
●40ポイント

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080815-OYT1T00369.htm?f...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E6%88%A6%E6%B2%A...

戦争で亡くなられた方すべてを対象としていますね。軍属であることは必要ありません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

一般市民が80万人、そんなものでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ