人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

君が代の歌詞にある「さざれ石の苔のむすまで」は実際どれくらいの時間がかかるのでしょうか

●質問者: Mozhaiskij
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:君が代 歌詞
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● australiagc
●23ポイント ベストアンサー

Yahooで同じような質問があったようですね↓

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1091803...

この回答にもあるように、この歌詞の解釈はさざれ石が巌になってそこに苔がむすまでの時間を示しているそうです。


まずは寄り集まった細石(小さな砂利みたいな石ですね)が炭酸カルシウムなどによって埋められ大きな岩石になるまでの時間ですが、

http://www.geocities.jp/rogetukai/memeki-bungei/sazareisi.html

地質学的に礫層(れきそう・小石)や砂層が何百年もの歳月で堆積岩(たいせきがん)となり、一部が所謂「さざれ石」?(礫岩)となるもので、定説では数百万年以上の歳月で生成されるということである。


これに苔が生えるのには数ヶ月もあれば十分という事なので、とりあえずは『数百年』という曖昧な期間 - とりあえず人の生よりかははるかに長いと言うことみたいですね。

ちょっと曖昧でしたでしょうか・・・?


2 ● Leclerc
●23ポイント

歌詞が短縮されてますが、正しくは「細石の巌となりて苔のむすまで」ですよね。

で、これは現実的にはありえませんので、永遠です。

歌詞の元となった和歌が詠まれた当時の考えでは、小石が成長して大きな岩になると言う考えを基にしているためです。

しかし、現実的には大岩が砕けて小石となることはあっても逆はあり得ませんので、永遠に起きえない事です。

小石に苔が生えるだけなら、適当な環境に置けば1年掛かりませんが。


3 ● kazumori7
●22ポイント

さざれ石は、ぼろぼろした岩でいくらかかっても苔が生すことなんてありません。つまり永遠という意味だそうです。




http://tatehiko.at.webry.info/200609/article_29.html


4 ● kkaccount0
●22ポイント

yahoo知恵袋にこんな回答がありました。

Exciteのコネタにはこんなのもありました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ