人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

モバイルアフィリエイトで「通信講座の資料請求1000円」などがあるかと思います。資料請求ページでは住所氏名電話番号メールアドレスが求められますが、これらを適当に書いてしまえば、何度でも請求できてしまうのでしょうか。携帯の「個体識別番号」をサイトで取得するには各携帯を持っている人が同意する必要がありますので、勝手には取られないと思います。メールアドレスも毎回変更しちゃえばいいので。住所が実在のもので、ポストに氏名が入っていなければ発送物も投函完了となり発送人への返送はないと思います。携帯IPというのはサイト接続の度に変わるので個人識別にはなりません。また、「個体識別番号」自体も厳密に特定の人を意味するわけではないと思います。(ひとつの携帯で特定多数の人が利用しても問題ないから。)

質問としては、「広告主」「モバイルアフィリエイト事業者」それぞれがこういった考えに基づいた行動にどう対処しているのか教えて頂ければと思います。

●質問者: hattandagree
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:IP ひとつ アフィリエイト サイト ポスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● standard_one
●20ポイント

【固体識別番号について】

これは広告を出している広告主次第ではありますが、固体識別番号を送信しない場合はお金を払わないという方法は考えられると思います。

同意が必要というのは以前のDoCoMoを想定されていると思いますが、iモードIDは確認ダイアログは出ません、SoftBankもauも出ません。

【アフィリエイト事業者】

資料を送る相手は複数でも、アフィリエイト報酬を受け取る人は一人なわけですから、そこの問題もあるでしょう。

複数の人間が身に覚えのない資料を受け取ることになるので、誰かしら広告主に苦情を言うかもしれません。

そうなったときに「この人から発生したアフィリエイト成果は妙に苦情が多い」として広告業者のブラックリスト入りも有り得るかも知れません。

住所/氏名/銀行口座がワンセットで押さえられているわけですから、その先アフィリエイトで稼ぐのは絶望的でしょう。

【広告主】

広告主にしてみれば了承を得ていない人にダイレクトメールを送ったのと同じことになってしまうので、烈火のごとく怒るでしょう、その結果裁判を起こされでもしたらアフィリエイト報酬など消し飛ぶと思います。

なぜ広告主が怒るかはダイレクトメールに関する法律を調べられるとわかると思います。

http://blog.livedoor.jp/satoyuta/archives/17934855.html

◎質問者からの返答

なるほど。例えば、複数のアフィリエイト業者で複数の広告主を万遍なく使って、「固め打ち」しないとすれば、ひとまずは本当かもしれないということで、すぐにブラックリスト入りしないで済むような気がしますが、そうなってくると気になるのが、アフィリエイト登録したブログなりホームページのアクセスやユニークユーザ数が少ないのに、コンバージョンが高すぎるという状況です。アフィリエイト事業者は、URLを開示しただけで、特にタグを埋め込んだわけでもない外部ブログなどのアクセスやユニークユーザ数を把握できるのでしょうか。


2 ● ytakan
●20ポイント

UID(個体識別情報)が取得できない注文アフィリエイトとしてカウントされないだけです。

トラッキングにUIDを使っているのでどの端末からの注文か識別できません。

Cookieを拒否してるPCからの注文と同じような扱いです。

例えばアマゾンの場合

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?uid=NULLGWDOCOMO&at=<ASSOCIATE_TAG>&a=<ASIN>&dl=1&url=%2Fgp%2Faw%2Fd.html

という感じのURLですが、uid=NULLGWDOCOMOでUIDを取得しています。

同じ端末での複数注文は不自然に連続してれば承認拒否ですが、期間が開いていれば承認されると思います。これは広告主が判断することが多いです。

◎質問者からの返答

なるほど。この発想でうまくやっているケースがあれば教えてください。


3 ● y-kawaz
●20ポイント

携帯の「個体識別番号」はサイト側で勝手にとることができますよ?

SoftbankとAUは送信設定がONならどこのサイトでも勝手に送りますし、DoCoMoの場合でも最近は「端末IDを送ってもいいですか?」というダイアログを出さずに利用できる GUID という個体識別情報が使えるようになってしまいましたから。

http://q.hatena.ne.jp/1219116584

◎質問者からの返答

softbank,au,docomoそれぞれの情報をもっと詳細かつ正確に教えてください。

例えば、「SoftbankとAUは送信設定がONなら」というのは、各携帯端末の操作で設定できるのでしょうか。

機種によって多少の違いがあるにせよ、そういうことであればその情報も教えてください。

また、個体識別番号をとって怪しいアフィリエイターをブラックリスト化する等の対応をしている広告主がほとんどなんでしょうか。


4 ● ken33jp
●20ポイント

>個体識別番号をとって怪しいアフィリエイターをブラックリスト化する等の対応をしている広告主が

>ほとんどなんでしょうか。

あたりまえです。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

失礼な表現ですね。残念です。


5 ● nolt
●20ポイント

>質問としては、「広告主」「モバイルアフィリエイト事業者」

>それぞれがこういった考えに基づいた行動にどう対処しているのか教えて頂ければと思います。

広告主としての談話を聞いたことがありますが、

資料請求の申し込みがあった場合、実際に電話をして

名前などを直接トークしたうえで確認してから、

資料を発送する(それをもって確定)という対処法が多いようですよ。

この時点で偽TEL書いた場合アウト

性別を偽ったのも(おそらく)アウト

偽名もだいたいわかるらしいです

伝え聞いた話なのでソースがなくてすみません。

http://q.hatena.ne.jp/

◎質問者からの返答

なるほど。しかし、実際に自分の住所で違う情報登録したら届きました。

大手の通信教育・学習系です。

端末識別番号の取得についても、そこまでやっているのか、

または、端末識別をしてもそれがイコール個人特定にはならないという解釈があるから、

一概にブラックリストとして扱えないのではないか、という疑問がありますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ