人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「人は死んだら別の人間に生まれ変わる」と説いている宗教はあると思うのですが、そういった宗教では「地球の総人口が増え続けていること」についてはどのような説明をしているのですか?ソースと共に教えて下さい。


●質問者: iwskR
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:ソース 人口 人間 地球 宗教
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● rsc
●27ポイント

その宗教の考えが正しいかどうかは別として、輪廻転生という考えがあって、人間だけじゃなく悪いことをすると他の動物に生まれ変わったり、他の動物が人間に生まれ変わるという考えらしいから、絶滅している生物が人間になっているとでも考えているのはないでしょうか?まぁ、元素の循環でいえば、C,H,O,Nは循環していると言えますが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BC%AA%E5%BB%BB%E8%BB%A2%E7%94%9...


2 ● ken33jp
●27ポイント

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/daiyogen50.html

オメガポイント理論


3 ● shinkou_calido
●26ポイント

例えば、霊魂のようなものがこの世に100億ぐらいあったとして、今現在その中から「10億の魂」が、スピリチュアルワールド(生前の世界、死後の世界)からマテリアルワールド(現世)に、江原啓之的に言えば「愛のお勉強」のための修行に来ているとしますw

で、残りの90億はスピリチュアルワールドのキュー(待ち行列)で並んでいて、マテリアルワールドで受精卵が1つ発生すると待ち行列の先頭から順番にマテリアルワールドに赴いてその受精卵に取り付きますw

んで、死ぬとその霊魂はまたスピリチュアルワールドの待ち行列の最後尾に並び直します。なのですぐ生まれ変わるわけではありません。

こんな感じなので、生物全体の数が時間の経過に合わせて変動するのは、別に輪廻転生的におかしな話ではありません。待ち行列が長かったり短かったりするのです。




・・・って考えればいいのでは。笑


ただの妄想なのでポイントはいらないです。

http://www.objectclub.jp/technicaldoc/monkey/s_wait


4 ● 松永英明@ことのは
●10ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%93%E9%AC%BC%E9%81%93

仏教的な六道輪廻観では、地獄・餓鬼・畜生・人・修羅・天部のそれぞれの世界の間を転生し続けます。

たとえば畜生は動物ですから、虫や微生物なんかも含めると、地球上の人口増加は誤差の範囲ですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ