人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【天文学】天文学における「スペクトル」の意味が難しくてつかめません。どなたか、こどもニュースレベルの説明でお願いします。


●質問者: neyorawa
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:かめ スペクトル ニュース レベル 天文学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/8件

▽最新の回答へ

1 ● U-tan
●18ポイント

電磁波の波長の広がりです.

電磁波というのは,電場と磁場の時空間にわたる変化です.平たく言うと電波です(携帯電話の通信に使われたりするような).可視光(蛍光灯から出る光や太陽から出る光それにトンネルでのナトリウムランプからでる光)も電磁波の一種です.電磁波が真空中を伝わる速さは一定でそれが光速です.

電磁波は情報を含みます.それは主に波長(=光速/周波数)と振幅です.蛍光灯からは全ての波長の可視光がでてきて,太陽光はフラウンホーファー線を持ちます.

http://en.wikipedia.org/wiki/Fraunhofer_lines

フラウンホーファー線はある分子等にある波長の光が吸収されることでできます.

宇宙から降り注ぐ電磁波の集まりつまりスペクトルを解析することで電磁波をうんだ何かや電磁波を吸収した何かの存在を考えうるのです.解析にはドップラー効果などさまざまな理論が必要です.


単純に言えばスペクトルは電磁波の集合で,それを解析すると宇宙のことがわかります.


2 ● seble
●17ポイント

ぶっちゃけて言うと虹の事です。

そう、あの7色の虹。

光(見える光に限らず、)の色の違いは波長の違いですね?

太陽光も色々な波長の光が混じり合っています。

波長毎に分解するとそれぞれの個別の光が見えます。

その個別の波長の強弱や分布具合をスペクトルと呼び、

それを分析する事により、恒星の状態を推測する事ができます。

もちろん、人間に見える光だけではなく、赤外線や紫外線、電波の範囲も観測します。

花火も似たようなもん(かな?)

マグネシウムや銅などを燃やすとそれぞれ違うスペクトルの光を放ちます。

それが、人間には色の違いとして見えます。

花火の色を分析すれば、どんな素材を使っているか分かります。

◎質問者からの返答

分布具合がスペクトル、ですね。


3 ● pahoo
●17ポイント

天文学では、天体からの光に対するスペクトルという使い方が主です。


http://www.upscale.utoronto.ca/IYearLab/Intros/Spectra/Images/spectrum1.jpg

光をプリズムに通すと、七色に分かれます。虹と同じ原理です。

実際には七色より多く、人間の目に見えない紫外線や赤外線も含まれます。

そして、分離した各部分(波長という)の並びをスペクトルと呼びます。


天文学では、レンズやプリズムから構成される分光器という装置と望遠鏡を組み合わせて天体のスペクトルを測定します。

http://www.shokabo.co.jp/sp_opt/solar/sun/sun-sp1s.png

太陽のスペクトルはこんな感じです。横方向が波長になります。

これを連続スペクトルと呼ぶことがあります。


連続スペクトルの中には、ある特定の波長だけ強く見えることがあります。これが輝線です。

http://www.upscale.utoronto.ca/IYearLab/Intros/Spectra/Images/HeSpectrum.jpg

たとえばヘリウムガス(太陽を含む恒星に多く含まれる)を熱すると、連続スペクトルの中にこのような輝線があらわれます。

これは、高いエネルギーを持ったヘリウム原子が、輝線に相当する波長の光の形でエネルギーを放出するために見られる現象です。


また、逆に、原子が光をエネルギーの形で吸収するときには、連続スペクトルの中に暗線(吸収線)という黒い帯の形であらわれます。

http://www.shokabo.co.jp/sp_opt/solar/sun/line/sun6562s.jpg

これは、太陽の水素原子による暗線(Hα線)です。

太陽の暗線は、発見者の名をとってフラウンホーファー線と呼ぶこともあります。

◎質問者からの返答

「並び」がスペクトル。だいたいわかってきました。光の構成の具合、ということもいえますか?


4 ● ita
●17ポイント

星からはいろいろな色の光が出ています。太陽光線をプリズムに通すと虹色になりますね。これは混ざっていたいろいろな色が分かれて見えるからです。どの色の光がどのくらい強いかは星によって違います。これは星の年齢とか温度とかいろいろな要因で違ってきます。なので星の光をプリズムに通して調べると、その星のいろんなことが分かります。


5 ● rsc
●17ポイント

可視光線をプリズムに当てると、各色に分かれた光の帯ができます。これをスペクトルといいます。同様に、電磁波を分光器によって、電波、赤外線、可視光線、紫外線、X線、γ(ガンマ)線のように波長(周波数)によって分離したものもいいます。

http://wwwj.vsop.isas.jaxa.jp/yougo/k02_spectral.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%8...


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ