人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

台湾でのカタログギフトのビジネス展開を検討しています。
1.カタログギフトの潜在需要があるか
2.どのような用途(B to C,B to B共)があるか。
3,台湾のギフト市場について
4,台湾の贈り物習慣

その他関連する情報がございましたらお願い致します。

●質問者: hidekey1213
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:カタログ ギフト ビジネス 台湾 市場
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

[1]関連情報 楽天の台湾進出 miraa

ネット通販大手の楽天市場が、台湾進出をしました。

しかし、かなりコストがかかってしまいました。


楽天全体で売り上げ総額が伸びたにもかかわらず、

台湾進出に関するコストなどの影響で減益となりました。


今回の減益に対して社長の三木谷氏は、

「EC事業ではこれまで矢継ぎ早にいろんな機能を付け加えてきたが、少しやりすぎたかなと感じている。

売り上げを伸ばすために費用対効果を意識せずに開発してきたが、今後はそこを意識していく」

と話しています。


去年の段階での記事

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/29/news084.html

最新の決算が発表された今年5月の記事

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/16/news077.html


[2]>1 情報提供ありがとうございます。 hidekey1213

そうですかありがとうございます。

コストをかけずに販売となるとやはりネット販売になるのでしょうが、それでもコストを考慮したほうがよさそうですね。

有難うございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ