人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【望遠鏡の「ED化」の意味】望遠鏡でいうところのED化とはなんですか? また、なんの略ですか?


●質問者: neyorawa
●カテゴリ:趣味・スポーツ 科学・統計資料
✍キーワード:ed 望遠鏡
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● apr-25
●60ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/ED%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

EDレンズ(Extra-low Dispersion lens. “Extraordinary Dispersion Lens”は誤用と思われる)とは、レンズの素材(硝材)としてEDガラスと呼ばれる超低分散性のガラスを用いたレンズのことである。フローライトレンズ=人工蛍石レンズ(ガラスではない)より耐候性がよい。

1960年代後半から1970年代前半にかけて、ドイツのショット (Schott)社が開発、日本の光学メーカーがこれに追随した。

一般に非常に色収差の少ない(従って色にじみの少ない)像を得ることができ、高性能を要求する光学機器、特にカメラ・顕微鏡・望遠鏡・半導体ステッパーなどに用いられる。

かつては鉛・ヒ素化合物などを添加したものが主流であったが、欧州連合(EU)では、RoHS指令により、2006年7月1日以降、高温溶融はんだなどの例外を除き、工業製品への鉛の使用が原則として禁止された。このため、代替材料としてチタン化合物などを使用したものに転換されつつある。

色収差をさらに低減させたレンズを「SDレンズ」と呼ぶこともあるが、EDレンズとの境界は明確ではなく、場合によってはほぼ同様の概念で用いられる。 一般的に世界各国ではED,SDともにEDと呼ばれSDという呼称は一般的ではない。しかし、日本ではこれらを区別しており、蛍石に非常に近い特性を持つものをSDガラス、近い特性を持つものをEDガラス、としている。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ