人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

トンあたりの小麦の国内陸揚げ価格と、トンあたりの国内産米の平均卸価格を比較すると、
原油高騰による小麦の輸送コスト増を差し引いても、米価は小麦の陸揚げ価格より約6倍ほど高いようです。
ソース(小麦陸揚げ価格) http://www.tmr.or.jp/headline/1197251981.html
(米穀の年産別落札銘柄平均価格の推移) http://www.komenet.jp/komedata/kakaku/2004/index.html

なぜ重量ベースでこれほどの価格差が有りながら、米は我々の身の回りの食卓からなくならないのでしょうか?
(米のカロリー摂取効率が小麦より6倍高いとは考えにくいのですが。。。)

●質問者: Xenos
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:カロリー コスト ソース ベース 価格
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● tso973
●60ポイント

米食は日本の食文化だからね。

カロリーだけで人は生きているわけじゃない。

http://www.komenet.or.jp/database/culture/index.html

◎質問者からの返答

確かに文化の慣性で米食が永らえているとの面も在るとのご指摘はその通りだと思いますが、6倍のコスト差を説明するには不十分ではないかと勝手に推測しています。

個人的には、加工(加熱調理)コストまで含めるとどっこいどっこいになるのではないかと考えているのですが、そのようなトータルコストの計算にお詳しい方がいればお答えいただけるとありがたいです。(ポイント増し増しします)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ