人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

公務員試験の面接試験時における「自己紹介」についてご教授下さい。

面接試験対策のサイトや書籍を読むと、
その多くが学生向けの内容であるせいか、
自己紹介を「・・・大学 ・・・学部 の・・・です」としてはじめ、
以降、学生生活で得た教訓や、成長をアピールしたり、
アルバイトでの経験等を踏まえながら、自己アピールに繋げて行くようなのですが、
既に既卒であり、10年近く社会人として企業に在職している状態の場合でも、
面接の際には学生時まで遡りそれらをアピールした方が良いのでしょうか。

面接カードにも「学生時代に取り組んだ」等の文言が入っており、
それを前提で聞かれる可能性が高いように思っています。

あまりに、古い話になるので、
お話をする自分としても少し白々しくなってしまいそうで、身構えてしまっています。

何卒ご教授のほどお願い申し上げます。


●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:就職・転職 人生相談
✍キーワード:お話 アルバイト カード サイト 企業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● masanobuyo
●35ポイント

公務員(県)の民間経験者採用試験の自己紹介書の書き方を教えてくださいというQ&Aがありました。

よろしければ,ご覧ください。

参考になりましたら,幸いです。

試験がんばってください。



http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1566195.html


2 ● kappagold
●35ポイント

学生時代にまで遡った方が、アピールできるのであれば遡った方がいいと思います。

特にアピールできる点が全く無ければ、遡る必要はないでしょう。

ただ、あなたのバックグランドを知ってもらうという面では、一言二言ぐらいは触れるというのもいいと思います。

遡る場合も、ごく簡単にポイントだけにして、本当にアピールできる経歴を重点的に話すのが良いと思います。

http://q.hatena.ne.jp/

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ