人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

Barの入り口の扉って必ず木などの分厚い素材でできていて、お店の中が外からはぜったい見えないようになっていますよね。あれってなぜなんでしょうか?

その方がどんなお客様が来てるのか、扉を開けるまでわからないので、(宝石箱を開ける前みたいな
ドキドキ感はありますよね・・・)、もしかしてそんな狙いがあったりするんでしょうか?考え過ぎかしら?


●質問者: maomaomao2
●カテゴリ:ビジネス・経営 グルメ・料理
✍キーワード:BAR お客様 入り口 宝石箱
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● peach-i
●35ポイント

外から見えると、外の照明や、光が中までもれて、店内が明るくなってしまうからではないでしょうか?


2 ● masanobuyo
●35ポイント

以下のサイトに掲載がありましたので,引用させていただきま

す。


「某漫画で読みましたがバーの扉が木製等で店内が見えない、

扉が重い等は実は開けにくい様にしているそうです。

なぜ入りにくくしているのか。

実は「大人だけの空間」、「隠れ家」として使って頂きたい、

というのが理由だそうです。

元々バー、パブは異教徒、異人種等がそれぞれ集まってお酒を飲む、

会話を交わす場所として作られたそうです。

他にも子供が間違えて入ったりしないよう等。」

とのことであり,どんなお客様が来てるのか、扉を開けるまでわか

らないので、宝石箱を開ける前みたいなドキドキ感を抱かせる狙い

はないかと思われます。


http://209.85.175.104/search?q=cache:7yg_HyqfmaMJ:blog.livedoor....


3 ● slapshock
●10ポイント

バーって雰囲気を楽しむところだと思うんですね。

単純にお酒が飲みたかったら、白木屋や魚民のようなチェーン店が安くていいと思うんです。


ですので、外から中が見えなくなっているのは、中にいる人が、今いる空間を特別な空間として意識し、それによりバーという一種の独特な雰囲気を味わうことが出来るようにするためだと私は思っています。

ですので、扉を開けるまで中がわからないので宝石箱をを開ける前みたいなドキドキ感があるという質問者さんの表現は、それが店側の狙いかどうかはさておいて、先の演出に繋がるものがあるという点では、考えすぎではなく、すごくいい感性だなと私は思います。


ただ、単純に防音のため・・・って言う狙いも一つとしてあるかもしれませんが・・・(笑)


4 ● アトムアトム
●10ポイント

逆から考えてみます。

もしも素通しのガラスかなにかでドアが出来ていて、外から丸見えの場合。

初めてのお客は中の雰囲気がわかって入りやすくなるでしょう。

ただ、中のお客はちょっと落ち着かない。

バーは紹介制の店もあるくらいで、一度来たお客を大事に囲い込む戦略をとるところが多いのではないのでしょうか。

新規のお客よりも既存のお客。

新規のお客は既存のお客が引っ張ってきてくれるはず。

重いドアでナカとソトを分けて、「おれは内部の人間なんだ」という一種の優越感のようなものを演出しているんだと思います。


5 ● joruno
●10ポイント

「バーテンダー」というアニメで見たのですが、

Barというのは、もともと<ギャングの隠れ家>という意味が

あるみたいです。

だから、扉が分厚く、ひっそりと、中がみえないようになっているんですね。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ