人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

PRDC債に問題があるという指摘がされています。
http://bigapple.air-nifty.com/blog/2007/06/post_ecc6.html
説明を見る限り
http://money.infobank.co.jp/contents/H100102.htm
繰上げ償還があるので、事実上元本保証になっているように見えます。
リスクはどこにあるのでしょうか?
回答は、実際に関わっている方でない場合は、意見ではなくリファレンス付きでお願いします。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:リスク リファレンス 事実上 保証 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● ele_dir
●60ポイント

仕組み上もっとも大きなリスクは、インフレリスクではないでしょうか?

繰り上げ償還されなかった場合、物価上昇or元本保証である30年物国債程度の実質の損失が発生します。

単利の単純計算でも、30年後、

100万>100万(PRDCの最低利回り0%)

100万>175万(30年物国債)

また、仕組み上のリスクとはやや違いますが、今は安心できる超優良企業でも30年後、その会社やシステム、法律が存続しているかという問題もあると思います。

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/nyusatu/2008/offer028.htm

◎質問者からの返答

長期の利息リスクですね。ありがとうございます。

ここに、詳しい説明がありました。

http://www.econ.nagoya-cu.ac.jp/~oikono/oikono/vol44/pdf/vol44_3...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ