人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

胆嚢摘出術後に下痢になりやすくなるのはどうしてですか。医療関係者の方からの回答お願い致します。

●質問者: photos
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:下痢 医療 関係者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sushi0
●60ポイント

胆嚢は、肝臓で作られた胆汁を貯留する働きがあり、

食事の刺激により胆汁は胆嚢から十二指腸へと分泌されています。

胆汁に含まれる胆汁酸塩には、脂肪の消化吸収を助ける作用があります。

分泌された胆汁は小腸で吸収され、再び肝臓に戻り再利用されます。

胆嚢を摘出した場合には、胆汁は胆嚢に貯まらずすぐに十二指腸に流れていってしまうので、

胆汁の排泄量を増やすことで不足を補うことになります。

胆汁酸塩には、腸内への水、電解質の分泌を促進する作用があるため、胆汁排泄量が増えることで下痢気味になります。

また、脂肪の消化吸収が不安定になるので、一気に食べたり脂肪の多いものを食べすぎると下痢をしやすくなります。

http://priv.kmu.ac.jp/open/mori3/kon.html

こちらにも記載がありました

◎質問者からの返答

どうも有り難うございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ