人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【市場規模の算出】国内の「音楽の教本」の市場規模を算定してください。「音楽の教本」の定義は下記の通りです。

・「音楽の教科書」「音楽の練習のための書籍」全てを含む。

・純粋な教本のみ。楽譜、TAB譜、スコア等は除く。

・クラシック系楽器、ポップ/バンド系楽器、全て含む。マイナーな楽器も、楽器であればOK


なかなか算定が難しいので、結構困っているのですが、サプライサイドからでもディマンドサイドからでも、いろいろな観点からの算定をいただけると、大変助かります!


●質問者: temptempttttt
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:TAB譜 クラシック サプライ スコア バンド
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● youku555
●0ポイント

相当巨大だと思われます。種類によってもちがいますが、音楽系の学校は無数にあり、女が無数に楽器ひいてます。10億はくだらないでしょう。

◎質問者からの返答

算定してください


2 ● tatsuro1118
●70ポイント ベストアンサー

はーい、はじめまーす!


まず音楽を演奏している人口を調べるといいと思います。(総務省の社会生活基本調査)


平成18年度の社会生活基本調査では一年間に演奏している頻度が


1日?40日未満の人が全人口の6.1%、40日以上100日未満が1.4%、100日以上200日未満が1.1%、200日以上が1.6%となっており、


日本の人口が1億2700万なので、それぞれ774.7万人、177.8万人、139.7万人、203.2万人となります。これを順にABCDとすると

購買率を10%、40%、60%、80%と、年間使用本数を1冊、3冊、5冊、7冊とすると774.7*0.1*1+177.8*0.4*3+139.7*0.6*5+203.2*0.8*7=1847.85万冊

になり、平均価格を1500円とすると、1847.85*1500=277億円となります。


ここら辺の情報がインターネット上に存在しないなら、フィールドワークして調査したらいいとおもいます。


佐藤義典氏の名著「ドリルを売るには穴を売れ」が非常に役に立つと思います。


ありがとうございました。パチパチパチ(ドッドッドッ)

◎質問者からの返答

パチパチパチ。ありがとうございます。

n百億円規模っていうのは、良さそうな読みですね??!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ